オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

震災

ジュリアギラード首相が訪日していました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
管理人のMAC です。
1週間ほど前から日本に来ているのですが、豪首相がこっち(日本)に来ているのを知らなかった!
しかし自分の無知を棚に上げると、日本でのメディア報道も残念ながら本当に少ないですね。
非常に意義のある訪問になっているのに、、、

以下、TBSニュースからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
被災学生支援で新たな留学制度、豪


東日本大震災を支援するオーストラリアと日本の友好親善ディナーが22日夜開かれ、来日中のギラード首相は、東北で被災した大学生らがオーストラリアに留学できる新たな制度を設けたことを明らかにしました。

 収益がすべて日本赤十字社に寄付される親善ディナーは都内のホテルで開かれ、オーストラリアのギラード首相のほか、前原誠司前外務大臣、人気歌手のカイリー・ミノーグさんほか、日豪の企業関係者らおよそ600人が出席しました。

 席上、ギラード首相は、東日本大震災で被災した学生らの学問を支援する新たな留学制度を制定したことを明らかにしました。

 「災害にあった大学生や研究員がオーストラリアに留学ができる新しい制度を設けたことを発表したい」(ギラード首相)

 この留学制度では、被災した学生らに渡航費や学費、宿泊など留学費用のほぼすべてをオーストラリア政府が負担するということです。

 夕食会では出席者全員がロウソクを手にし、震災の犠牲者に対して黙とうを捧げる場面があったほか、オーストラリアの小学生から被災した小学生へのビデオメッセージが上映されました。

 ギラード首相は23日午前、外国の首脳として初めて被災地を視察する予定です。 (22日23:32)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし被災地の若者たちへ、新しい可能性を提供したのは評価できるんじゃないでしょうか。

あと、あのカイリーミノーグも来ていたんだ!?
全くマスコミで紹介されてないのですが、僕が観てないだけ?

gillard-90x60

(写真はギラード首相、SMHより借用)


日本の”自粛”ムードとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現在シドニーで、「ATE」といわれる旅行関連のワークショップがあり、世界中から旅行業者が集まっている(趣旨は、オーストラリアがスポンサーで、これからもオーストラリアを世界中で売ってもらおうというもの)

日本からの知り合いも数人来て、色々な話しをしました。
でも、どうしても震災関連のもの。
悲観論もあれば楽観論もあり。
各個々人がその力量というか・・を試される時期に来ているようですね。


ところで、こちらの国営テレビABCが、最近の日本の状況をレポートしています。
こんなタイトル。

A new mood in Japan

ここからニュースが見られます。

今は日本もお花見の時期、しかし上野公園も人影がまばら。
あの不夜城の渋谷も、夜になってもネオンがなし。
デパートのエスカレーターも止まっている、、、

日本独特(・・ですかね?)の「自粛」ムードを紹介していました。
(*ちなみに自粛に相当する英語は、self-restraintというんですね)

この自粛という文化、、これはこちらローカルにも非常に関心のあるもののようです。

さて同じニュースの中で、日本の88歳になられるおばあちゃんが紹介されていました。

自粛


なんでも、1923年の関東大震災の直前にお生まれになったそうで、このときにも、
「日本人はがんばって復興に努力した。今回も大丈夫・・」
と太鼓判を押していました。

うちのおばあちゃんも、もうちょっと若いですが、戦争を経験しているせいか、度胸が据わっていて、今回の件もかなり開き直っているようです。

やっぱり色々な経験者は強いのかな。



豪・NZで広がる被災地支援の輪

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近のチャリティーイベントの紹介。
ノースブリッジ小学校、マンリー、クライストチャーチなどの状況が紹介されています。

飯島通信員からの報告。
下記TBSのサイトからどうぞ。


http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/catch

日本からの食品輸入にブレーキ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
下記、「今日のオーストラリアニュース」より。

しかし、我々のような在豪日本人にとってもこのニュースはあまりにも悲しい。
事態の推移を見守っていくしかないのですが・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本からの食品輸入規制措置へ 豪消費者への危険性は否定 

豪ニュージーランド食品基準局(FSANZ)は3月24日、日本からの輸入食品に対して保持命令(Holding Order)を適用し、実質的な輸入規制措置に踏み切った。

同基準局は、今回の保持命令発令に際して、日本政府による放射能汚染食品の国内出荷禁止および諸外国による国際的な対応に準じる決定と説明。福島、茨城、群馬、栃木4県の生産物が含まれる食品およびその可能性のある輸入物を、検疫当局、税関などの規制実施機関で差し止める。同発令は、牛乳・乳製品、新鮮野菜・果実、海産物に適用される。FSANZは、豪州は日本から牛乳や乳製品、新鮮野菜・果実を輸入していないこと、海産物についても輸入量はきわめて少ないとして、国内消費者への放射能汚染食品による危害はないとの見方を再度、明示している。在豪日本人にとっては、アジア系のスーパーなどで購入できた日本製の冷凍海産物や調味料などの入手が今後、難しくなると思われる。また、空港での食品持ち込み検査がこれまで以上に厳しくチェックされることも予想される。

Prayer


ソース:今日のオーストラリアニュース

【震災】200人が浴衣姿で黙祷-シドニーの日本人有志

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こちらオーストラリアシドニーでも、色々とチャリティーイベントなどが行われています。
以下は、地元の日系新聞「日豪プレス」(WEB版)からのご紹介。
明日、3月26日にももう一度あるようです。
参加できそうな方はぜひ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

HELP JAPANs


戦後かつてない被害を被った日本のために何かできないかという在豪日本人の個々の思いが、1つの力強い動きになり始めている。
 3月20日、雨が降りしきるシドニー近郊マンリー近くにあるショッピング・モールのエントランス・フロアに、200人以上の着物・浴衣姿の日本人やその 家族が集まった。参加者の手には日の丸の旗や、「Help Japan」と印刷されたうちわ。そして、はるか日本の被災地がある方角に全員で手を合わせ、災害の犠牲者を追悼する1分間の黙祷が行われた。
 被災した人々のために少しでも多くの義援金を集めるため、オーストラリアの地元メディアにニュースとして広く告知してもらおうと、マンリー在住の児童保育員、平野由紀子さんとその思いに賛同する仲間がシドニーの日本人コミュニティーに参加を呼びかけ、今回のイベントが実現した。
 当日はデイリー・テレグラフ紙が取材に訪れ、着物や浴衣を着て集まった参加者たちの黙祷の様子を撮影した。ニュース記事には、日本の被災地への寄付の呼びかけや、今後シドニー市内数カ所で行う予定の折り鶴街頭募金活動が紹介されるという。
 もともとは平野さんが自分のフェイスブックを通して呼びかけをし、有志数人で募金活動をするアイデアから始まった。街頭で着物や浴衣を着て折り鶴を渡し 寄付金を募るというもので、これがABCテレビとABCラジオに取材されたのをきっかけに、活動がそのほかの地元メディアに取り上げられることにつながっ た。
「私が意図する以上に、活動の準備やメディアへのPR、コミュニティーへの参加の呼びかけなどは、苦労を顧みずに周りの人が進んでやってくれました。日本のためにどんなことでも協力したい--。集まってくれた多くの人も、皆さん同じ思いだと思います」と平野さん。
 まずは3月26日の土曜日にマンリー・ビーチで、折り鶴街頭募金の第1弾が行われる。

■東日本大震災チャリティー・イベント「折り鶴街頭募金」
日時:3月26日(土)12PM~4PM
場所:The Corso(Manly Beach前の遊歩道)
内容:
・着物・浴衣姿での募金活動
・震災犠牲者への黙祷
・フォークソング・ライブ
・ソーラン節ダンス・パフォーマンス
・手作りケーキ、キャンドルなどの販売

募金活動参加などの問い合わせ:
平野由紀子さん
Mobile: 0414-758-295

ren

▲会場では書家れん氏が震災の早期復興を祈るメッセージを書のパフォーマンスで披露した
記事検索
お知らせ
ACTUSでは、このたび日豪間で活躍中の日系人の人名事典とでも言うべき、「Actus Who's who」をスタートいたしました。いろいろなジャンルで活躍中の日系人のご紹介です。ぜひご覧ください。 http://www.actusaustralia.com/actus-who-s-who/ また下記では、その方達の関連記事が紹介されています。 併せてどうぞ!
TWITTER
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ