オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:自粛


    現在シドニーで、「ATE」といわれる旅行関連のワークショップがあり、世界中から旅行業者が集まっている(趣旨は、オーストラリアがスポンサーで、これからもオーストラリアを世界中で売ってもらおうというもの)

    日本からの知り合いも数人来て、色々な話しをしました。
    でも、どうしても震災関連のもの。
    悲観論もあれば楽観論もあり。
    各個々人がその力量というか・・を試される時期に来ているようですね。


    ところで、こちらの国営テレビABCが、最近の日本の状況をレポートしています。
    こんなタイトル。

    A new mood in Japan

    ここからニュースが見られます。

    今は日本もお花見の時期、しかし上野公園も人影がまばら。
    あの不夜城の渋谷も、夜になってもネオンがなし。
    デパートのエスカレーターも止まっている、、、

    日本独特(・・ですかね?)の「自粛」ムードを紹介していました。
    (*ちなみに自粛に相当する英語は、self-restraintというんですね)

    この自粛という文化、、これはこちらローカルにも非常に関心のあるもののようです。

    さて同じニュースの中で、日本の88歳になられるおばあちゃんが紹介されていました。

    自粛


    なんでも、1923年の関東大震災の直前にお生まれになったそうで、このときにも、
    「日本人はがんばって復興に努力した。今回も大丈夫・・」
    と太鼓判を押していました。

    うちのおばあちゃんも、もうちょっと若いですが、戦争を経験しているせいか、度胸が据わっていて、今回の件もかなり開き直っているようです。

    やっぱり色々な経験者は強いのかな。




    シンプソンといえば、アメリカの架空の都市(原子力発電所がある)のお話。
    そしてお父さんは原子力発電所に勤めている。

    simpsons-2-729-420x0


    日本の震災後、オーストラリアを含め各国でその放送が自粛され始めています。
    そしてドイツでも同じ状態が・・・。
    まったく放送しないわけではないようですが、原発関連のかなりセンシティブなエピソードは、見送るようです。

    ドイツといえば、いまやかなり「反」原発を掲げている国。
    そちらの勢力が選挙でも圧勝している。

    相変わらず子供たちには大人気な番組ですが、内容が内容だけに手放しではいられません。
    自粛もやむをえないかもしれませんね。

    ソース:SMH

    このページのトップヘ