つい最近ツイッターで知り合った方で、メルボルン在住の”たこ社長”さんという方がいらっしゃる。といっても、旅行業界などでは非常に有名な方だ。
で、この方(本名は石原さんというのですが)のブログを読んでいましたら、こんな記事を発見。豪州在住の日本人として知っておくべきたくさんの衝撃的な事実がある。
ということで、まるまる紹介させていただきます。

(原文はこちらからどうぞ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タコ社長,オーストラリア・メルボルンのスローライフな日々

原発はオーストラリアにはないけれど、こんなこと知っていましたか

オーストラリアには原発はない。今後も作らないと政府は公言している。これはこれでいい。

しかし、世界の埋蔵量の4割を占めるというとんでもない量のウランがある。ウランといいながら、各国に売っている。これで莫大な利益を上げているのが、オーストラリア政府とリオティントという会社。この会社は、アフリカ、カナダ、オーストラリアのウランを握っている。お客は、日本、中国、インドなど原発を今後どんどん作っていく計画にある国々。日本は、東北が壊滅するような原発事故に遭いながら(被害は日本全土)、大量のウラン購入契約があって後戻りできないようだ。ウラン、原発に使わないと核兵器に使うしかない。

同姓の都知事のトンデモオヤジが血迷い狂っている。こんな男をどうして都知事に選ぶのか、不思議でならない。この男は確信犯、「日本は核兵器を持つべき。」と公言している。原発は核兵器の隠れ蓑にもなりうる。この男、かつて東京に原発を作ってもいいと言った。

東芝、日立、三菱重工、これらが原発を作る。電力会社はそれを使う。政治家、企業はその利権にどっぷりと浸かる。この構造は今後も変わらない。変えられない。もう戻れない所まできてしまっている。フランスは80%を原発の電力でまかなっている。どうやって、もどれというのか。厳しいけどこれが現実。

もう一つ、今の世界には原発を完全に廃炉にする技術がないという。これが現実。

フランスと日本は原発優等生。世界政府(各国の裏にいる本当の政府)に選ばれてしまった国々。

あ~、熱が入って止まらなくなってしまった。TV、新聞、政界は、茶番。それをまともに受けていたら最後にやられてしまう。今、味方はネットだけ。

オーストラリアに戻ろう。2004年にアデレードと北のダーウィンを結ぶ鉄道が完成した。ザ・ガンだん。これで、旅行が楽しくなった、などと思ったものだ。

この鉄道を作ったのは、ケロッグ・ブラウン&ルート社、略してKBR。元々はアメリカの会社だがアデレードの本社がある。この会社は何をしているのかというと、この鉄道網を使ってウランをダーウィンに運んでいる。この親会社がハリバートン社。このハリバートンは世界中の軍事関連事業を仕切っている。イラクでも大活躍。

ここの元のCEOが、ブッシュ政権時の副大統領(実際は陰の大統領)ディック・チェイニー。この男、非常に胡散臭い。9/11に大きく関与していると言われる。このことはここではこれ以上は言わない。

こんなアメリカの会社がオーストラリアの鉄道を作り、ウラン事業に関わっている。私もまったく知らなかった。

もっと怖い話。今、世界中では使用済み核燃料の廃棄場に苦慮。それをオーストラリアに作る話がずっとある。2015までに作るという政策になっている。その時に、ザ・ガンが大いに役立つ列車になるという。

オーストラリアは原発がないから安全。そんなことは言ってられないようになる。廃棄場は勿論、人里離れた砂漠。いや待てよ、人里離れたアボリジニーの住む砂漠というべき。何か事故があれば、被災するのは彼ら。

オーストラリア、石炭、鉄鉱石、ウランなどの地下資源で大儲けしている。中国が大きい。原発事故は人ごとではない筈。

私たちは、こういう国、オーストラリアに移住している。

たこ社長
( たこ社長こと石原敏郎さん、よく見るとたこ焼き食べてる、、笑)