オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:柳沢有紀夫

    オーストラリアで活躍する日系人リスト(Actus Who's Who)でも紹介している柳沢さん。
    今回新刊がでるとかで、面白そうなので、ここでもご紹介しちゃいます。

    下記、柳沢氏よりのご案内。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    皆様、こんにちは。ブリスベンの柳沢有紀夫です。
    お知らせが重複してしまっている人もいるかと思いますが、
    久しぶりに単行本を上梓することになりました。


    イメージ


    本の表紙は上記のような楽しいものになりました。

    ■タイトル  『子育てに必要なことはすべてアニメのパパに教わった』
    ■著者    柳沢有紀夫
    ■版元・定価 中経出版(四六判 1200円)
    ■発行日など 9月3日

    ≪本の内容≫
    頑固オヤジから無茶パパまで、日本アニメ界が誇るスーパースターパパたちが大集合!
    誰もが知っているあの名物パパたちの笑えて泣ける名シーンをふりかえりながら、
    彼らの「黄金の子育て方法」を一挙に学べる史上初の「イクメンアニメ評論」です。
    13年前、三人の子どもを育てるために会社を辞めてオーストラリアに移住した
    「元祖イクメンパパ」「イクメン一号」の私が、実際に役立てたスゴ技満載です。
    すごく楽しい本に仕上がりつつあります!

    ≪登場してくれるイクメンパパたち≫
    第1章 ダメパパだって、ステキパパ!
    ●いざというときは頼りになる男 野原ひろし(クレヨンしんちゃん)
    ●オロオロしどおしの魔法国国王 サリーちゃんのパパ(魔法使いサリー)
    第2章 「子守り」をやめて「子育て」しよう
    ●「全力投球」で叱れる男 星一徹(巨人の星)
    ●突き放すことで育てた男 碇ゲンドウ(エヴァンゲリオン)
    第3章 教えたいのは「人の道」
    ●モンスターチルドレンをつくらない 妖怪人間ベム(妖怪人間ベム)
    ●語らないことで、考えさせた男 ムーミンパパ(ムーミン)
    第4章 「問題児」こそ「有望児」
     ●気持ちを切り替える天才 則巻千兵衛(Dr.スランプ アラレちゃん)
    第5章 安心をあたえよう!
     ●「いっしょにいる」を極めた男 ぼのぼののおとうさん(ぼのぼの)
     ●巣立ちをうながす最高モチベーター オーキド博士(ポケットモンスター)
    第6章 「オヤジの背中」の見せ方
     ●仕事の誇りを伝える男 アシベの父ちゃん&じいちゃん(少年アシベ)
     ●子どもの好奇心をくすぐる「天才」 バカボンのパパ(天才バカボン)
    第7章 みんなで育てりゃこわくない!
     ●「愛されキャラ」を育児に活かす男 フグ田マスオ(サザエさん)
    あの父親たちの、懐かしい名場面・名セリフがよみがえる!

    よろしくお願いします。
    いつもサポートしてくださって、本当にありがとうございます!

    柳沢有紀夫

    MLホームページ: http://www.freeml.com/bris-ben


    日本の大震災の前、こちらオーストラリアでも天災が相次ぎました。

    なかでも、今年1月のブリスベンの洪水では、街がズタズタに寸断され、交通機関もマヒ状態。
    町の中心を流れるブリスベン川もあわやのところまで・・・。
    当時取材に行った僕もなかなか街まで入ることさえできず苦労したことを覚えています。

    BNE洪水

    (↑洪水時のブリスベン)


    そんなブリスベンにお住まいの柳沢さん、大変なことに家まで浸水し、ゴールドコーストに非難しなくてはいけない事態に(そのときたまたま僕も連絡を入れていたのですが、柳沢さんがそんなめにあっていたとは想像さえしていませんでした)。

    今回の日本の震災、まだ悲惨な状況が続いています。
    柳沢さんも最初は、こんなときに自分の経験を綴るのはどうかとも思われたようですが、いやこんなときこそ意味があるかもしれない・・ということで連載が始まりました。
    (そのあたりの彼の気持ちも連載の冒頭で紹介されています)

    今年は、日本の震災、NZの地震・・・などなど、世界中で多くの災害が発生しています。
    そういう意味で、彼の体験は貴重かもしれません。

    興味のある方はこちらの朝日新聞のWEB版でご覧になれます。

    また、彼のサイトもご紹介しておきます。

    このページのトップヘ