オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

本日も撮影日和

「本日も撮影日和」Vol.52 オージーは働き者かな?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Vol.52 オージーは働き者かな?

ずいぶん遅くなって間延びしてしまったかもしれませんが、新年あけましておめでとうございます。
いつの世も、新年自体は清々しい気分になれるものですが、しかし同時に年齢を重ねてくると寂しい気分にも。皆さまは年の始め、いかがお過ごしでしょうか?

ところで、オーストラリア経済は依然絶好調にみえますが、資源バブルは終焉に向かいつつあるとの予測も。また自動車産業もフォード、ホールデンの相次ぐ撤退で、残るはTOYOTA一社のみ。そのトヨタもどうなるか分からない(撤退が決定しましたね)。確かに、高い人件費、潜在的な労使関係の問題、そして小さな国内マーケット。あまりいい材料はありません。

僕なんかから見たら、この資源バブルで、過去20年、国民みんなが浮かれ、「適当にやっていても大丈夫」といった意識がしみ込んでしまったような気がする。そんななかで、我々日本人は、頑張っていても、この国ではホント、浮いてしまっていますよね。
さて、そんな「オージー気質」(というものがあれば)ですが、本当にオージーはどこまでレイジーなんだろうか?

IMG_1643


そんなことを考えていたら、先月、あるロケでちょっと気持ちのいい経験をさせてもらいました。
場所はケアンズ。ダイビング船に乗って、2泊3日のダイビングツアー(一般の方はその前2日間陸地、プール講習があり、計5日間)に同乗させてもらいました。
スタッフは、クルーが3名(船長、スーパーバイザー、料理人)、ダイビングインストラクターが3名の計6名。一般のお客さん(ダイビングライセンス取得者)が約30名の大所帯。彼らは世界中から来ている。

驚いたのは、このクルーの働きぶり。早朝ダイブから、ナイトダイブまで、朝は5時から終わるのは夜10時すぎ。その間ほとんど働きっ放し。料理人はベルギー出身の若い女性。プロではないが、毎日約40人分の食事3食と、おやつを作る。ダイビングは基本かなり初心者には危険なスポーツ(とくにナイトダイブ)。お客さんも、初日はかなり緊張している。クルーがプロだと思ったのは、講習時もいつもニコニコ、冗談をたくさんいいながら、盛り上げている。船内は終始笑いばかり。クルーに聞くと、「やはりダイビングは危険なスポーツ。それでお客さんも最初は非常に神経質なんだ。そんな彼らの気持ちを解きほぐすのも、我々の重要なミッション」。

そういえば、あるアドベンチャーツアーに参加した時も、ガイドさんは本当に良く働いていた。運転だけではなく、バーベキューも作るし、テントも張る。また話術、お客さんを飽きさせないトピックス「ネタ」も豊富だ。
僕のイメージでは(独断ですよ)、いまや一般のオフィススタッフやら、工場での労働者はかなり恵まれた環境で、その分レイジーな連中がとても多い気がする。しかし、こういったホスピタリティー業はみんな本当によく働いている。彼らは基本遊びの天才。そんな自分たちの得意な分野の延長で仕事をしているせいか、ホント、プロなんですね。日本のようにやたら丁寧な接客ではなく、いっけんお友達のよう。しかししっかりとプロ根性は見せている。

あと、びっくりしたのは、この船のクルー6名、船長以外はヨーロッパやら、南アやらニュージーやらの多国籍軍団。平均年齢も20代後半。若々しく、色々な「なまり」英語が聞けてとても面白かった。さすがマルチカルチャーの国。この点だけは本当に感心しました。なかなか日本ではできない体験。ちなみに30名のお客さんのなかに日本人はゼロ。クルーもお客さんも多国籍(日本人には日本人専用のクルーズを用意することが多いようです、ちょっと残念)。

IMG_1615
IMG_1644
IMG_1627



「本日も撮影日和」Vol.41 老後はいいとこ取り?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください


「本日も撮影日和」Vol.41 老後はいいとこ取り?

ついに2012年も終わりですね。うちの家族は年末年始と1ヶ月ほど日本への帰国。子供たちは2年ぶり。しかし日本の本格的な冬は初めてなのでどんな感想を持って帰るのか?今から楽しみではあります。ぼくはというとひとりぼっち、のんびりと過ごしています。と言いたいところですが、少々面倒な仕事があるのと、せっかくの機会、自分で、できるだけ自炊してみようとあれこれ試行錯誤中。ホント将来何があるかわからないので、一人でも生きていけるよう、今から「予行演習」です。

さて、先日随分昔、しばらく一緒に仕事をしていた友人(現在62歳)から久しぶりのメールをいただきました。懐かしかった。
オーストラリアのケアンズで、すでに20年以上前に、数年一緒に仕事をしていたのですが、まあ、いろいろあって、彼はお子さん5人(子だくさん)を連れて、メルボルンに移り、そしてそのあと日本に戻った。

結局、彼は日本で再度業界(マスコミ)でやり直したようだったのですが、お子さんの何人かは、日本の水が合わなかったということで、いろいろあって現在は、5人のうち、3人はメルボルンに、2人は東京にベースをおいているようです。(この間奥様がなくなられて、しばらくして彼は再婚した)

もともとヤマッケのある性格。それなりに彼も苦労したのでしょう。やっと子供たちがおおきくなり、一段落してほっとした。そして最後の人生をなんとセブで送りたいと。数年はセブと東京を行ったり来たりで、あと4−5年もしたら、セブで完全リタイアー。「セブはいいですよ」と、得々と言っていましたね。
物価は安いし、人はいいし、なにせ一年中温暖だし・・・と。

すでに大きくなったメルボルンの子供たちが、「おとうさん、こっちに来たら」と誘ってくれるようですが、やっぱりこの歳になると、寒いところはダメだなあ、とこれまた弱気なこと(?)を言っていました。
まあ人それぞれでしょう.一昔前と違って人生の後半もそれなりに長いし。経済的に許せば、どこで過ごしてもいいわけだし。

僕はというと、シドニーの自然、温暖な気候、人の目を気にせず生きられる環境をとっても気に入っている(バブルは相変わらず困ったもんですが)。しかしもちろん日本の食べ物、人情(もうないかな?)も好きだし、とにかく言葉が100%通じるのがラクチン。なので、この2カ国を半々で過ごすのがまあ理想。

しかし、この友人のメールでセブも、いずれロケハンしてこようかな?とふと思った次第。
まあ、そんなことを言っても、現実的には飯を食べていくのも大変だし、まして5年も先は自分も周りもどうなっているのか全くわかりませんしね。それこそ、半分は流れにまかせた方がいいのでしょう。

さて最後に宣伝?1月5日の朝「にじいろジーン」(関西テレビ系)というモーニングショーの中で、最新のシドニー事情が紹介されます。視聴できる環境の方はどうぞお見逃しなく!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今年もいろんなロケに同行させていただきました。
皆様方に感謝です。
個人的にもいろいろな思い出ができましたが、一番印象に残っているのは、タスマニアまで一緒に行っていただいたTesuyaさんとのロケかなあ。そんな一コマ↓ Tetsuyaさんご苦労様でした。
IMG_2090


「本日も撮影日和」 VOL.39 「高校生レストラン」って?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

「本日も撮影日和」 VOL.39 「高校生レストラン」って?

ここのところの「グルメ関連ロケ」の一つが過日キャンベラで行われました.
ところで、昨年日本で流行ったテレビドラマ「高校生レストラン」って、皆さんご存知ですか?我が家はたまたま子供たちが小さいこともあって(まだ中学生)、そのタイトルに引かれ、何となく観たのが運のツキ。面白くて、最終回まであっという間に観てしまいました(何せネットなので続けてみられる)。
このストーリー、実話に基づいたもの。三重県の小さな町(村?)の高校が村おこしも兼ねて、地元の方向けに週末だけ開店するレストランを作った。その名も「まごの店」。もちろん指導の先生はいるのだが、基本、現場はこの高校生たちがすべて運営している。

目新しさもあり、評判が評判を呼び大ブレーク。今でも非常に繁盛しているそうだ。
さて今回のロケというのが、実は高校生の料理コンテスト、その世界大会。各国から引率の先生1名、そして生徒2名が参加。その腕を競うというもの。
そして日本からの参加(代表)が三重県にあるこの相河高校だったのです。
引率の先生はこの写真の方、村林新吾さん。もともとこのプロジェクトを立ち上げた本人だ。(ドラマでは、TOKIOの松岡さんが演じていた。見てくれは少々違いますが、本人は大満足だったようです・・・笑)

IMG_2311


それはともかく、我々はこのチームにべったりと密着取材をしたのですが、いろいろと驚きがありました。とにかく子供たち(来ていたのは、男女1名ずつ)の学校の日常は、部活(料理)が相当忙しいらしく、1年に数日しか休みが取れないそう。それだけ料理に関しては真剣そのもの。キャンベラに入ったのも、本番の3日前でしたが、先生が真っ先に「地元のスーパーに行きたい!」と。生徒も一緒についてくる。わずか初日半日だけでも、三軒も大手スーパーをはしご。とにかく時間が許す限り、先生も生徒も地元の食材を見たいのだそうだ。主催者側がいろいろと気を使って地元の観光案内バスを用意してくれたのだが、動物園に行って、コアラとカンガルーに会った時にわずかに喜んだ程度。

しかし、これだけ「「夢中」になれるものがあるとは、何ともうらやましい限り。
さて本番当日。ルールは至って簡単。毎回テーマが事前に決まっている。ちなみに今回は「羊の肉」を使った料理。事前に食材を申請し、調達しておく。料理時間はわずか1時間。判定は味、盛りつけ、キッチンの使い方、所要時間などいくつかのポイントをもとに審査員5名で決定。そしてその結果は?
日本チームもなかなかのものでした(実はまだ放映の詳細が決定していませんので、お伝えできませんが、わかった段階で、アクタスニュースででもご案内します。actusnews.net)

実はうれしいニュース。来年の開催が日本に決定。現在の規模は残念ながらまだまだアジア、オセアニアの国が中心。ただ今回のディレクターさんが非常に優秀で、「テレビ屋さん」としていろいろと企画し、もっとスポンサーをつけて、大きな規模でやれると面白いと言っていました。

「チャレンジもの」というのは、何でも、どきどき、わくわくするし、楽しいもの。
野球の甲子園があれば、ダンス甲子園もある。じゃあ、料理甲子園(甲子園である必要はありませんが)でも企画して日本の高校生、そして世界の腕自慢の高校生にも参加してもらえば、盛り上がりそうだなあ。その時は、オーストラリアの優秀な高校生にも参加してもらうと、さらに盛り上がる、なんて考えるのは僕だけ?

IMG_2344




「本日も撮影日和」 Vol. 36 職業選択の難しさ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「本日も撮影日和」 Vol. 36 職業選択の難しさ

先日ネットで某音楽プロデューサーの記事が話題になっていました。還暦世代のベテランプロデューサーが発した「そろそろ音楽を辞めるべき時かも。昔はアルバム1枚作るのに、1000万円以上の予算があったが、今ではわずか60万。これではいいものが作れるわけがない」というのが発端。
しかし、「技術の進歩を考えれば、がたがた言わず、今マーケットが求めているものを、提示された予算でやるのがプロ。昔はよかった、という懐古趣味はだめ」といった反論が多かったようで、けっこうやりあってました。
プロデューサーに年齢が近い僕は、基本的には同情するが、どちらの考えも分かる気がする。というか、とにかく、とんでもなくスピードが速い時代に生きている(生きてしまっている)難しさのようなものを実感した。我が身を振り返っても、日本でオーストラリア関連の仕事を始めたころ、通信手段はなんとテレックス(知ってますか?)。そこからファクス、メールへと進歩してきた。
便利な半面、戸惑いも多い。昔は企画書なんかも下手な手書きで「ええい」という感じでファクスでクライアントに送ったもんです。結局、生き残っていけるのは、技術の進歩にあまり左右されず、もう少し大事な生活全般の「根っこ」のようなものをカバーした職業だという気がする。
かといって「職人さん」が良いかというと疑問だ。無口で黙々とカメラを回す取材に必須のカメラマンさんなんかも、バリバリの職人さんだが、高性能で安いカメラがどんどん出てくる時代、マーケットに適応していくのが大変。

IMG_1679

(メルボルンでの撮影の一こま)

僕の仕事も「全豪ほとんど行きつくしてます」なんてのを売りにできたのが、今やどこへでもカーナビで簡単に行けちゃう。各種リサーチも、ネットで済んでしまう。なんとも味気なく、恐ろしく便利な時代。一方でコツコツと地道に培ったノウハウが、すごい勢いで無意味になってきていて虚しくもなる。結局大半の仕事は「技術の進歩」抜きには考えられず、ある種の「正解」を考えるのは難しい。というかそんなものは、各自が考えていくしかないんだろうと思う。実もふたもないですが。

さて、ここ数年、僕はヨガに凝っている。年齢を重ね、おおげさに言うと「生きるってなんだろう」なんてことをぼーっと考えていたら、ヨガにハマっていた気がする。技術進歩がいかほどのものであろうと、人間そのものの根っこはそんなに変わっていない(と思う)。宗教、哲学とも言われているヨガ。何千年も続いているヨガに「何か」がないわけがない。ヨガは和、調和だとか。何事もバランス。一生付きあっていけそうな気がする。日進月歩のデジタル時代、仙人ならいざ知らず、この世界から逃げ出すことはできない。ならば、せめてヨガでも何でも、ある意味アナログの世界に、もう片方の足を突っ込んでバランスをとって日々過ごしたいものです。

「本日も撮影日和」 VOL.35 ジュリア・ギラード首相の憂鬱

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
(このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

VOL.35 ジュリア・ギラード首相の憂鬱

ジュリア・ギラード首相の人気は、相変わらず横ばい。大きな公約を破ったりしているので、もっともかなという気もしますが、どうもいまいち個人的には合点がいきません。

julia

(News.com より借用しました)

僕自身、政治には疎いので、政治、政策のことを語る資格はありません。そんな僕のところに、最近珍しい取材依頼が日本の某新聞社から入りました。日豪とも現在は与野党が伯仲(与党が安定多数をとれない)した     、いわゆる「ねじれ国会」。こなたの日本では重要法案がなかなか成立せず、現首相が退陣に追い込まれることもしばしば。かたやオーストラリア。似た状況ながら、全体的にはうまくいっているように見える。この違いはなぜか? と、こんなテーマで当地の政治家、政治関係者にインタビューをするものでした。僕も、あわてて政治のことを勉強しましたが、やはり一夜漬けは身につかず…(汗)。

それはともかく、やはり日豪両国ともキーになっているのは、マイナーな議員たちです。オーストラリアではグリーン党や無所属議員たち。彼らの支持なしでは、ギラード政権も法案を通せない。そのために色々な駆け引きをしていくことになる。グリーン党などは、ある意味見事に自分たちの要求を勝ち取ってきた(このため現政権はグリーン党寄り、という批判も多かった)。
こんな背景のなか、国会議員、元議員、学者先生方に色々と聞いてみたところ、何となく個々の政治家の素顔が見えてきた。僕なりにバッサリ斬ると…(笑)。

まずはギラード女史。個人的な評判はすこぶるいい。とにかく我慢強い「忍耐の人」。交渉にも誠実に対応。このため、世間では“妥協だらけ“と言われようと幾つもの法案を成立させているわけである。一般世論の後押しは今ひとつだが、内部スタッフの評判は抜群にいいのである。

次にケビン・ラッド氏(元外相であり、元首相)。最近クーデターを起こし、再び首相かと思われたが、惨敗。そんな彼は誰もが有能と認め、世論の評判も比較的良い。ただし内部スタッフの評判はペケ。「二度と彼の下では働けない」という声も多い。ギラード女史とはまさに好対照。

最後はトニー・アボット氏、ご存じ野党党首。声の多くは「論外」。確かに政局を左右するコマを握るマイナー議員さんたちも、ギラード氏は聞く耳を持つが、アボット氏はすべて反対で議論の余地もない、と散々。なぜか評論家の方々の受けもこれまた非常に悪い。

まあ、約2週間の取材で、個人的には完全にギラード首相に同情する立場になってしまいました(支持とはまた違うのですが…)。彼女、一般の企業では非常に優秀、かつ好ましい理想の上司なのでしょうが、魑魅魍魎(ちみもうりょう)の政治の世界、うまくいかないものですねえ。相変わらず綱渡り的ですが、今の日本の政局と比べたらよほど健全に機能している印象です。あくまでも相対的ではありますけど。

↓グリーン党の取材で向かったタスマニアのホバートで。偶然シーシェパード号を発見!
イメージ



記事検索
お知らせ
ACTUSでは、このたび日豪間で活躍中の日系人の人名事典とでも言うべき、「Actus Who's who」をスタートいたしました。いろいろなジャンルで活躍中の日系人のご紹介です。ぜひご覧ください。 http://www.actusaustralia.com/actus-who-s-who/ また下記では、その方達の関連記事が紹介されています。 併せてどうぞ!
TWITTER
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ