まことに個人的なことで恐縮ですが、僕はかなり高齢になってから子供を授かり、シドニーで子育てをしているのですが(まだ11歳の双子)、色々と大変。もっとも、本当に大変なのはかみさんのほうですが・・・。

どうも実感として日本より子供に接する時間がずいぶん長いような気がしていました。そんなときにマミーさんの記事を発見、納得。
しかし14歳まで子供を一人にしておくことができない(下記)のはかなり親に負担がかかりますね。
(**下記写真は、僕の子供たち、あくまでイメージ写真です・・・汗)

tomomegu


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、マミーさんのブログより

先日、仕事が休みの日に
息子クンと近所の公園に遊びに行ったとき
スクーターで走り抜ける速度について行けないので
私は公園内のベンチに座って読書でも楽しんでいたところ

知らない人に
「あなたは、あの子のお母さん?」と声を掛けられた

「はい。。。」

一瞬、転んだのかな?と慌てて、
持っていたウォーキートーキー(携帯電話はまだ持たせてないので。。。)
で交信しようとしたら

「no no It's OK, No Worries ! 」
と止められ、「子供一人で遊びに来たのかな?と思ったんだ。。。大丈夫だよ」
と言われ、その人は笑って去っていった。。。。

そう、このオーストラリアでは
子供が14歳になるまで(州によって、多少年齢は違うけど)
一人にしておくことは法律で禁止されているので、
どっかの子供が一人でいるところを見かけたら
警察を呼ぶ。。。ってこともあり得るんだった

まあその法律も善し悪しはあるけど
社会や法律から派生されたオーストラリアの子育て常識。。。っというのがあって
それは、OECDの統計でも如実に表れている

OECD(経済協力開発機構)
*OECD:民主主義を原則とする30の加盟国からなっていて
  総計や経済、社会に関するデータを提供し、
  経済発展についての社会変化や貿易、環境、農業、テクノロジー、
  税制などの比較研究を行う機関

オーストラリアの専業ママの一日の子育て時間の平均は4時間
この時間数は世界中でも最高の時間数

働くママでも一日平均2時間17分
この時間数はアイルランドの2時間半についで世界第2位
ちなみに、働くママの子育て時間が世界で一番短いのが韓国の31分

また、オーストラリアの働くパパの平均子育て時間は69分
仕事を持たないパパでも105分で世界一だとか

日本国内で今の仕事をしていたら
子供と一緒に居る時間は断然少なかっただろうね。。。

でも日本も民主党の子育て手当てや支援がしっかりしてくれれば
ママも子供にたくさんの時間を注げられるのに。。。

政治や法律って
本当に日常に密接に関わってくるものだね。。。シミジミ。。。