オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:夏時間


    本日は10月7日。月曜日。
    しかしLABOR'S DAYということで祝日。
    基本3連休で、皆さんのんびり。
    そして昨日からシドニーは夏時間の始まり。
    日本とは+2時間の時差になっています(州によって夏時間を採用するところとしないところがあるので要注意)。

    さて、昨晩、友人と呑んでいた時の雑談ですが、、、

    友人いわく、、
    「日本も、オーストラリアも「LABOR'S DAY」(労働者の日)ってあるよね。でも、日豪では全然違うニューアンスなんだよ、知ってた?」

    なんでも、日本は、まさに日本語で「勤労感謝の日」というように、
    働ける幸せを感じる、そしてそれに感謝をする・・と。

    かたや、オーストラリア、、
    労働者が働きすぎないように、休みを取る日、、、
    だとか。単純。
    ううん、さすが労働者の強い国。

    真偽のほどは定かではありませんが、妙に納得してしまいました。
    しかし、この説?本当かな??

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    さてこの2連休は多くのイベントがありました。
    まずは100年に一度と言われる、シドニーハーバーでの国際観覧式。
    イギリスからはハリー王子も来豪。
    一目見ようとすごい人だかり、たまたま僕も現場に居合わせ写真を撮ろうとしたのですが全く撮れず。
    映ったのは人ごみだけ(汗)

    IMG_1221
    IMG_1222


    そして夜は大晦日なみの大花火大会。
    僕はと言うと、のんびり某レストランで酒を飲んでいたので全く観れず(汗)
    しかし関係ないけど、街のあちこちにあるこの巨大カタツムリのオブジェ(?)はなんでしょうか?

    IMG_1230


    そして翌日、日曜日にマンリー(シドニー北部にある人気の高いビーチ)に行ってみると、ここもすごい人、人、人、、、。
    もうかなり長いことやっている伝統的な人気のジャズフェスティバルでした。
    あちこちに特設会場があって、生演奏のジャズ。
    個人的にはNAVYの演奏があり、これはかなりしびれました。

    IMG_1239
    IMG_1246
    IMG_1236


    とにもかくにも、暑い夏の始まりです。
    皆さん良い夏にしましょう!!!!!



    知らぬ間に(?)本日をもって夏時間が終了です。

    ただし、これシドニーなどのはなし。
    オーストラリアは国内で時差がある上に、夏時間を採用している州としていない州がありややこしい。
    下記、「今日のオーストラリアニュース」より。

    個人的にこの夏時間は、慣れてみると非常に快適。
    今、震災の影響で日本でも、夏時間の採用が若干話題になっているようですが、個人的には省エネにもなるし、基本健全にもなるし・・で大賛成です。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    夏時間終わる 次回開始は10月2日

    ニューサウスウェールズ州など豪州国内で夏時間(Day Light Saving)を採用する各州で4月3日、時計の針を1時間戻して夏時間が終了した。再開は半年後の10月2日だ。

    豪州国内で夏時間を採用しているのは、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、首都圏特別区、南オーストラリア州、タスマニア州の4州と1特別区。同制度が導入されたのは1900年代初期。2008年からは10月の第一日曜日開始、4月の第一日曜日終了で足並みをそろえての実施体制となっている。西オーストラリア州では、2006年12月3日の試験的導入を皮切りに3年間のトライアルの結果、州民投票で恒久的導入が否決された。同州ではそれまでにも1975年、84年、92年の過去3回の投票の結果、いずれも導入が否決されてきた経緯がある。ほかに導入していない州は、北部準州とクインズランド州。QLD州では州を2分割し、採用域と非採用域を指定しての導入が検討されている。

    このページのトップヘ