オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:ロブ・オークショット

    昨日の記事の続きです。

    この現国会議員のオークショットさん、大変な難病にかかっていることが判明、自ら告白しています。

    さて、約1ヶ月前の話。

    僕は日本の某新聞社に頼まれて、こちらの複数の国会議員にアプローチをしていました。

    昨日書いたように、日本もオーストラリアも同じような「ねじれ国会」が続いているのに、なぜオーストラリアはそれなりにうまくいっているのか(あくまでも相対的に日本と比べたらという意味です)。

    色々と調べていくうちに、与党(労働党)、野党(保守連合)以外に、数は非常にマイナーですが数名のグリーン党議員、そして無所属議員がその間でイニシャティブを握っていることが明白に。

    彼らが与野党の間に入り、駆け引きをし、できるだけ自分たちの主張を通すように動いている。
    ギラード首相からみれば、どうやってこれら数名の議員を自分たちの陣営に巻き込む(巻き込める)かが手腕の見せ所になっているわけです。

    それで、そのイニシャティブを握る数名のひとりがこのオークショットさんでした。

    rob2
    (↑Daily telegraphより借用)

    こんな背景があるため、僕たちの最初のオークショットさんに対するイメージは、裏でこそこそ駆け引きをし、巧妙に自分たちの主張を押し通す、ずる賢い、いかにも、、の政治家(いや政治屋かな)。(「おぬしも悪じゃのう」といった、、、笑)。

    ただ、いざアプローチとなると、国会議員さんたち多忙を理由になかつかまらない。
    そんななかで、彼の秘書が一番早く連絡をしてきてくれました。

    「本人はとても忙しいけど、アポは絶対なんとかするから少々気長に待っていてくれ』
    と。
    そしてなんとか時間を取ってもらい、こちらのロケ最終日に彼の選挙区でもある地元ポートマックアリーに飛ぶことに。
    (ちなみにここはNSW 州のきれいな田舎町。リタイア–組が多い、あるいはコアラと共存する街としても有名。)

    さて当日、会ってみたら、これが大違い。
    とにかくさわやかなのだ。
    (ちょっと古いですが、むかしの映画の若大将のようなかんじかな)
    終始ニコニコで、全く政治家らしくなく、キビキビと誠実に答えてくれる。
    横にいる秘書もでかいガタイを揺らしながらずっと笑って見守っている。
    質問自体はかなり辛辣なものも多かったのですが、、、
    (この秘書、実は元ラガーマンで、数年千葉の実業団チームIBMでプレーしていたらしい。凄い親日家というのがあとで判明)

    この時のオークショットさんのイメージは壮烈だった!

    日本から来ていたツワモノ記者も、すっかり魅せられたよう。
    もちろん、ツワモノでない僕も、単純に魅せられっぱなし。
    ころっといってしまった。

    まだ41歳。
    地元で大人気の秘密もわかった気がしました。

    そんな彼が、難病の告白。
    お会いした当時は、手が震えるような仕草も何もなかったのに、、、

    そして彼は病気どころか、これからも可能であれば、アイアンマンレースに参加したいと。
    アイアンマンレースですよ!

    なんとタフなんだろう。
    精神的にも、肉体的にも、、

    影ながら今後の彼の活躍を是非応援したいと思っています!!!

    普段政治には非常に疎いのですが、この記事を見つけた時は本当にショックでした(下記)。

    無所属の国会議員である、ロブ・オークショット氏が甲状腺機能亢進症という大変困難な病を患っているとのこと。
    オークショットさんというのは現在まだ41歳、こんな方。

    ROB

    (↑SMHから借用)

    実は1ヶ月ほど前、オークショットさんにお会いしたのです、
    とにかくこの写真以上に見た目もすべてがさわやかな方、、、。

    ご存知のように日本もオーストラリアも国会は与野党入り乱れての大混乱。
    両国ともいわゆる「ねじれ国会」という現象。そのため、日本は、首相が辞任に追い込まれたりで非常に不安定。かたやオーストラリアは、ギラード首相のがんばりもあって(この感想はまた改めて書きたいと思います)比較的安定している。
    なぜ、こんな違いが起こるのか?

    これが取材のテーマで某日本の新聞記者に同行させてもらい、色々な政治家の方にお会いしたのです。
    そしてそのなかで、最後にお会いしたのがこのオークショット氏。

    実のところ、お会いする前の彼の印象は、新聞記者同様、決してよいものではありませんでした。
    (まあ、いろんな情報を通じてのイメージですが、、、)
    しかし彼にあったら、「ううん」!
    初めに抱いていたものとは大違い。よい意味で、完全に「裏切られた」ものでした。

    長くなってしまったので、その感想はちょっと次回書きたいと思います。
    続く、、、

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    オークショット議員、自己免疫疾患を告白

    原因不明不治の病で甲状腺機能亢進症を発症

     5月13日、無所属下院議員のロブ・オークショット氏は、自己免疫疾患の一種、甲状腺機能亢進症を患っていると告白している。

     オークショット氏は、不治の自己免疫疾患のため、ジュリア・ギラード氏を連邦首相として支持するなど大きな政治的決断をする時などに手が震え、眼を大きく見開くなどの反応を引き起こした。そのオークショット氏は、議員任期半分を過ぎたところで病気を告白することを決心したとしており、2010年に新ギラード労働党政権が組織された後、グレーブズ病と診断されていたことを明らかにした。(訳注:グレーブズ病は、日本ではバセドウ病という。グレーブズ、バセドウいずれも病気を発見した人物の名)。

     オークショット氏は、選挙中とその後で極端な症状を示したが、その時はまだ診断を受けていなかった。また、ギラード首相支持理由を説明する17分の演説でかなりの批判を受けたが、その当時もすでに健康を害しており、少数派内閣成立までの動揺の日に寝不足が続いた。オークショット氏は手の震えなどを抑えていたが、それでも家族友人やテレビ視聴者にも明らかだった。そのため、パーキンソン病ではないか」と尋ねられることもあったという。オークショット氏は、「当時は一番ストレスのきつかった時期だ。世界中が見ているような気で、しかも4番目の子供があと一月で生まれるという時だった」と語っている。

     現在、オークショット議員は、症状が落ち着いており、薬の服用を止めている。また、家庭医学などの本には、薬で症状を抑えることはできるが、生命に危険はない。ただし、全治することはないとしている。オークショット氏も、この持病のためにフィットネスへの関心が薄れることはなく、地元ポート・マコーリーで開催されるアイアンマン・トライアスロンに出場し、4kmの水泳、マラソン、180km自転車レースに参加を目指している。

     オークショット議員は、「ギラード氏支持を後悔していない。ギラード氏もアボット氏も過去20年の政党党首としてはもっとも嫌われている人物だ。なぜ、私がギラード氏を支持したのかよく質問されるから、『じゃあ、アボット氏を支持すれば良かったのか?』と聞き返すと、誰でも、『いや、いや、とんでもない』と慌てて言う。今はどちらの党も有権者支持基盤が薄く、文化的にも空疎だ」と語っている。(NP)

    (日豪プレスより引用させていただきました)

    このページのトップヘ