オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

ユニクロ

ユニクロ@オーストラリア 続報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日のユニクロ情報(シドニー飯島通信員のニュース)。
そしてそのあと、このユニクロ、どんな展開をしていくのかかなり興味のある記事がありました。
下記、引用させていただきます。

個人的には、特に柳井社長の下記コメント、ぐさりときますね。いずれにしても、うまく展開してほしいものです。

→同紙が伝える柳井氏の発言によると「関税が30%もかかる上に、人件費は日本の2倍で、店鋪家賃は世界一高い。そのためどうしても日本と同じ値段をつけることができなかった。それでもなんとか”ほんの少し高いだけ”にとどまるよう尽力している。できれば同じ値段にしたいが、正直非常に難しい」とのことである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユニクロ豪進出 日本より高い価格帯 “海外と日本ではブランドイメージ異なる”とネットで議論

 ファーストリテイリングは16日、オーストラリア第1号店となる「ユニクロ」をメルボルンに開店した。

 オープンを前に、柳内正会長は「オーストラリアには2000万人の市場がある。20万人あたり1店として、100店鋪は出せると考えている。そのうち50店を今後3年以内に出したい。実現すれば非常に嬉しい」と語った。

 またユニクロのほかにも、同社が展開するGU、セオリー、コントワー・デ・コトニエ、プリンセスタム・タム、J Brandについてもオーストラリア出店への意欲を見せた。

【世界に羽ばたく”ユニクロ式”】
 現地メルボルンの新聞『ジ・エイジ』によると、オーストラリアはここ3年ほど、ZARA、Topshop、H&Mなど巨大アパレルメーカーの新たな開拓地として出店が相次いでいるという。そんな中、柳井氏は他との差別化について「他のファストファッションブランドは消費の早い流行物を扱っているので、つねに商品ラインが変わる。うちは逆に、安定したベーシックなラインナップ。かつ仕入れを大口にすることで高品質な資材を望ましい値段で入手できるよう努めている」と語っていると同紙は伝える。

 また同紙は「ユニクロの流儀」についても報じている。ユニクロではジーンズのたたみかたから会計時のスピード(1回につき60秒以内)まですべてが厳重にチェックされる、と同紙は伝える。

 また理念として掲げる顧客満足主義についても徹底した姿勢を貫いているという。「まず顧客サービスがあって、さらに”日本式の”顧客サービスがある。1年前に現地スタッフを採用して、我々が求めるレベルになるまで、まる1年かけて教育した」と柳井氏は語っている。

【日本より高価格帯に】
 オーストラリアの新聞『オーストラリアン』によると、こちらのユニクロでは日本より価格が高くなるという。

 同紙が伝える柳井氏の発言によると「関税が30%もかかる上に、人件費は日本の2倍で、店鋪家賃は世界一高い。そのためどうしても日本と同じ値段をつけることができなかった。それでもなんとか”ほんの少し高いだけ”にとどまるよう尽力している。できれば同じ値段にしたいが、正直非常に難しい」とのことである。

 また日本とオーストラリアの間で今月結ばれた貿易協定についても、同様の協定がユニクロの生産拠点であるアジア各国とも結ばれない限り価格に反映することはほぼできないだろうと柳井氏は語っているとのことである。

【日本でユニクロの立ち位置って?】
 大手ソーシャルニュースサイト『レディット」では「日本でユニクロはどういうポジションのブランドなのか」について意見が交わされている。

 多数派の意見をまとめると、日本のユニクロは「高品質の普段着を手頃な価格で買える」反面「おしゃれ着ではなく、デートや職場には向かない」という見方が強いようだ。

 またユニクロを他ブランドに例えるとどのあたりに相当するかという議論では「GAPよりは安い。GAPはなぜか日本では高級品」、「オールドネイビーが同等だと思う」、「来日時マーク&スペンサーと同等の店はどこかって友達に聞いたらユニクロって教わった」、「イギリス人ならプライマークの日本版と思ってもらえばいいかな」等の意見が見られた。

 同時に、ブランドは海外に出店すると母国とは扱われ方が変わる、という興味深い議論も交わされている。ある者は「アメリカではユニクロを着ていると褒められたのに、日本では誰も何とも思ってくれない」と言い、またある者は逆に「日本のGAPでは当地限定の良い服が売っていたのに、アメリカに帰ったら高校生が着るようなものしか扱っていない」と述べている。

 この新天地で柳井氏は、オーストラリアのゴルフ選手アダム・スコットを広告に起用しているインナーウエアの「エアリズム」シリーズがヒットすると見込んでいるようだが、日本より価格が高くなるというだけに、もしかするとこれも比較的「高級な下着」と見なされるのだろうか。

(Newsphereより引用させていただきました)

ユニクロ、豪州1号店(メルボルン)をついにオープン!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ついにユニクロのメルボルン店が正式にオープン。
3フロアーとでかいようですね。

下記、TBS飯島通信員のレポート。
しかし、柳内社長いわく、将来的には豪州で100店舗を目指すそうですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユニクロ、メルボルンに豪州1号店オープン

 世界各地に出店を続けているファッションブランドの「ユニクロ」ですが、16日、今度は南半球のオーストラリアに1号店をオープンさせました。

 日本と季節が逆の南半球オーストラリアで、初の店舗となるユニクロメルボルン店のオープン前には、およそ1000人が列をつくり、日本から駆けつけた柳井社長がテープカットを行いました。

 新店舗は、およそ2200平方メートルの売り場面積に4つのフロアを持つ大規模なものです。商品の値段は、税率や為替などの関係から日本よりやや高めですが、訪れた買い物客は、満足そうに日本でもおなじみのダウンジャケットなどを手にとっていました。

 「ジーンズにジャケット、カシミア・・・。ユニクロの大ファンよ」(買い物客)
 「この店は広くていいね」(買い物客)

 オープン前日の15日、インタビューに答えた柳井社長は、先日大筋で合意した日本とオーストラリアのEPA=経済連携協定などにより、ますますビジネスチャンスが広がるだろうと述べました。

 「日豪もそうですけど、環太平洋地域でEPAみたいなものが、自由貿易圏や自由経済圏ができるということは、我々ビジネスをするものにとっては素晴らしいことだと思います」(ファーストリテイリング 柳井正取締役兼社長)

 将来的にはオーストラリア国内に100店舗をオープンさせたいと語った柳井社長。ユニクロのほかにも、日本の小売チェーン店などが続々と進出しているオーストラリアを起点として、今後、中南米やアフリカなどにも積極的に進出していきたいとしています。

こちらからニュース映像が見られます。

いよいよ来月、ユニクロがオーストラリアに進出!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

相変わらず好景気のオーストラリアですが、そのおかげで、物価上昇がとまりません。
こういった時に、ユニクロの進出は個人的に興味津々。
いまや、日本食、ファッションなどは完全にローカルに浸透していますが、その他はまだまだ。
昨年来100円ショップのDAISOはこちらに進出し、かなり業績を伸ばしているよう。
ユニクロもそれに続き、オーストラリアのアパレル業界に、「喝」を入れてほしい。

ところで、ユニクロと言うと、テニス好きの僕は、大会の時に、錦織選手や世界ランキング一位(今は2位かな?)のジョコビッチ選手がシャツにロゴをつけているのを思い出しました。
今回のオーストラリア進出で、ゴルフのアダム・スコット選手他6人のローカルアンバッサダーを採用するとのこと(下記)。こちらの面々も楽しみです!

↓ ユニクロオーストラリアホームページより

140306_AU_localcast_slide


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユニクロ/オーストラリアに進出

ユニクロは4月16日、オーストラリア1号店となる「ユニクロエンポリアムメルボルン店」をオープンする。

現地法人のUNIQLO Australia Pty Ltdが運営する店舗で、メルボルンの中心に新設されるショッピングモール「エンポリアムメルボルン」に出店する。

売場面積は約660坪で、地下2階~地上2階の4フロアに展開し、メンズ、ウィメンズ、キッズ、ベビーまで、フルラインで展開する。

現地にねづき、愛されるブランドになるために、ユニクロのグローバルブランドアンバサダーであり、オーストラリア出身のプロゴルファー、アダム・スコットのほか、6人のローカルアンバサダーを採用する。

アンバサダーを務めるのはアダム・スコットのほか、映画やドラマで活躍する女優の「ソフィー・ロウ(Sophie Lowe)」、非公式ながら世界最年少の16歳で世界一周航海を果たした「ジェシカ・ワトソン(Jessica Watson OAM)」、メルボルンで大人気の複数のレストランにおいて、シェフ兼オーナーを務める「アンドリュー・マコーネル(Andrew McConnell)」、メルボルンの街に華やかな女性を描くストリートアーティストの「ロン(Rone)」、オーストラリアで著名なファッションブロガーの「サラ・ドナルドソン(Sara Donaldson)」の6人。

さまざまな分野で活躍し、ユニクロの「LifeWear」を体現する6人と共に、ユニクロのメッセージや世界観を発信するという。

■店舗概要
所在地:269-321 Lonsdale Street,Melbourne,Victoria,Australia
売場面積:約660坪(地下2F~地上2F)

■UNIQLO Australia
http://www.uniqlo.com/au/

(上記流通ニュースからのご紹介)

記事検索
お知らせ
ACTUSでは、このたび日豪間で活躍中の日系人の人名事典とでも言うべき、「Actus Who's who」をスタートいたしました。いろいろなジャンルで活躍中の日系人のご紹介です。ぜひご覧ください。 http://www.actusaustralia.com/actus-who-s-who/ また下記では、その方達の関連記事が紹介されています。 併せてどうぞ!
TWITTER
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ