私事ながら、ちょっと思い入れのある記事を見つけましたので、ご紹介。

オーストラリアでは現在2年に1度、大陸縦断レース”World Solar Car Challendge”が行われています。
3000キロを縦断と、でかい国土を利用したオーストラリアらしいイベントですが、縁があり過去2回ほど取材させていただきました。

で、前々回、このドイツチームをかなりしつこく(笑)べったりで取材。
前回もよく目立っていました。

非常によく覚えているのが、下記の写真でもおわかりになると思うのですが、あまりソーラーカーらしくない作り。
彼ら曰く、「僕たちは優勝しようと思ったらそれなりの車を作る自信はある。ただ僕らの考えはそうじゃなくて、あくまでも近い将来の実用化をめざして、より現実的にどんな車を作れるか、、で試行錯誤して作ったんだ」
ということでした。

確かに、ドイツは、あのベンツもBMWもつくっちゃうお国柄ですから、さもありなん。
妙に感心したものです。
(この時のこと、こんなコラムに書きました)

そんな彼らが、すごいことをやってくれていたのですね。万歳!
以下産経ニュースから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドイツの学生たちが自作のソーラーカーで世界一周の旅をしている。太陽エネルギーだけを利用して4大陸を走破することが目標だ。

solarcar



 ドイツで工学を学ぶ学生たちからなるチームが、自作のソーラーカーで世界一周の旅をしている。彼らは太陽エネルギーだけを利用して4大陸を横断することを目指している。

 『SolarWorld GT』は、ボーフム応用科学大学による最新のソーラーカーだ。同大学では1999年から、教授と研修生たちが太陽エネルギーを動力とする自動車を作ってきた。

 チームは『World Solar Challenge』に参加した2011年10月以来、旅を続けている。[ワールド・ソーラー・チャレンジは、総延長3,021kmに及ぶオーストラリアの砂漠地帯をソーラーカーで縦断するレースで、1987年に開催されて以来20年の歴史がある。2011年の大会では、東海大学の『Tokai Challenger』が優勝し、2連覇を達成した]

 SolarWorld GTは、すでにオーストラリアとニュージーランドを走破し、いまは北米を走行しているところだ。現在テキサス州にいる学生チームは、沿道でキャンプをしながら、時速およそ48kmで高速道路を進み、初めてアメリカンドッグを食べた。道路で出会う人々は、手を振ったりクラクションを鳴らしたりして歓迎してくれているという。彼らの日常はブログで読むことができる。

 モノコック構造で重量約260kg、ツー・シーターのSolarWorld GTには、食料や必需品、キャンプ用具、その他のチームメンバーを載せた支援車両の一団が同行している。

 SolarWorld GTの屋根には、約3平方mのソーラーパネルが搭載されている。4.9kWhのリチウムイオン・バッテリーがフル充電された場合の走行距離は約276kmだ。さらに距離を伸ばす場合には、切れたバッテリーをフル充電されたものと交換すればいい。曇りの日が続いて十分な充電ができないときはそうしている。

 チームは公開プレゼンテーションのために途中数カ所に立ち寄りながら、テキサス州から米国の南側の国境沿いを走ってフロリダ州を目指し、その後は北上してサウスカロライナ州まで進む。それから船で太平洋を横断してジブラルタル海峡にまで移動し、再び欧州、ロシア、中国を走行する。そして船でオーストラリアに戻る予定だ。

(ソース:産経ニュース)


**普通のソーラーカーはこんな作りです。

IMG_0851


IMG_0883