(このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「本日も撮影日和」Vol.45 「回転ずし」ならぬ「回転スイーツ」の店?

流行というのは何なんでしょうかね?いつの時代でも、どんどん新しいものが現れてくる。ある年齢ぐらいまでは、それを追っかけているのが楽しみであったのですが、その後、それを追っかけるのが少々苦痛になってくる。そしてそれも超え(個人的な実感では50歳を越えてくらいから)、もうどうでもよくなってくる。いやこの表現は違うかな。もっと物事が俯瞰で見えてきて、
それなりに楽しいのです。基本はどっちでもいいし、どうでもいいことなんだけど。人生で大切なことなんてそんなにあるわけでもないし、と。

そんな前振りをしながら(?)、先日のお話。某旅番組でのシドニーロケ。いろいろな分野のそれなりに興味深いお店などを紹介することに。そのテーマの一つが地元で人気のスイーツの店。それで日本がまず探し出してきたのが、ZUMBO(ズンボー)という店。なんでも、ここでオーストラリア特有の「パブロワ」を取材したいと。

そういえばこのお店、以前やはり似たリクエストがあったとき、地元の女性(日本人、オージー4人ほど)に聞いたら全員がこの店を勧めていた。「マカロン」が凄い人気で、オーナーシェフも地元人気TV番組にでたりして超有名だとか。そんな人気店が取材を受けいれてくれるだろうか?しかも調べてみるといまや一番人気の店舗は、カジノの入っているあの「スター」の中、深夜まで開いていると言う。しかし問い合わせてみると、快く取材を快諾してくださった。うれしい。

で、当日。
現場に到着後、まずはディレクターと僕で下見を兼ね挨拶に。で、そこで気づいたのです「パブロワ」がないと!何でも旬のものを作るのがポリシーとかで、今はたまたま置いていないと。これにはディレクターも仰天、青ざめた。もちろん僕も。番組の趣旨はいくら人気店でも、オーストラリアならではのものを紹介するというもの。しばし放心状態のうちに、ふと横を見ると、なんと回転ずしの店が。「ううん?」しかしよ〜く見ると。すしではなく、なんとスイートが流れている!この店の一部だったのです。
皆さんこの店ご存知でした?

「パブロワ」はありませんでしたが、この「回転スイーツ」、まあ不幸中の幸いで、これがとても面白く、こちらを強調して撮影することに。
何でもここのオーナー、凄くサイケな方で、お店の全体のデザインなども、大好きなフランスのカルチャーに感化されて考えたとか。きっと、この回転方式も、どこかで日本のカルチャーに刺激を受けたのでしょうね。しかし、凄い行列。

あまり日常驚きがなくなってきた「寂しい」歳になっても、ここまで奇抜な発想に接すると、思わず楽しく、かつ嬉しくなってしまいます。人生は愉快かも!

IMG_0682
IMG_0684
IMG_0686



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS:実は昨日までしばし日本に行っておりました。その時、この番組(旅サラダでした!)をやっていましたが、4週に分け、最後の5月25日にこのシドニー編を紹介しておりました。このお店もばっちりでておりました。毎度のことながら、スタッフの皆様ご苦労様でした!