オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:ジョージ・カミカワ


    最近僕も裏方で協力させていただいた番組「グッと!地球便」

    今回の主人公はメルボルン在住ののバスカー、ジョージ・カミカワさん。
    過去にアクタスでも何回か紹介させていただきましたが、カミカワさん、こちらの人気オーディション番組に出場、決勝ま進出したりと、非常に精力的に活動しています。
    (過去の紹介記事はこちらから

    みなさんお見逃しなく、、、

    IMG_1489


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    下記、番組告知からコピーさせていただきました。


    #270オーストラリア/メルボルン 1月12日(日)午前10:25~

     オーストラリア・メルボルンで路上パフォーマー「バスカー」として奮闘するミュージシャンのジョージ・カミカワさん(39)と、日本の家族をつなぐ。街の名物となっている「バスカー」を管理するのはメルボルン市。市が行うオーディションに合格しないと、路上でパフォーマンスを行うことができない。カミカワさんはギターや、足で操作するシンバル、ドラム、タンバリン、そしてハーモニカをすべて一人で演奏するユニークなスタイルで、メルボルンのバスカーの中でもトップレベルの集客率を誇る。仕事は週に3日。1回30分の演奏を1日5回行い、生活費のすべてをその収入だけでまかなっている。ギターが得意だった兄の影響で、中学時代にギターを始めたカミカワさん。プロのギタリストを夢見たこともあったが、断念して一般企業に就職した。だがサラリーマン生活にまったくなじめず、1年で辞めて24歳のときにニュージーランドへ。その時に出会ったのが路上で演奏するバスカーたちだった。メルボルンで演奏して14年。カミカワさんがずっと気がかりなのは、亡き父親の工場を継ぎ、母の面倒を見てくれている兄のこと。「自分だけ好き勝手なことをして、兄には申し訳ない」と語るカミカワさんに、日本の兄からあるモノが届けられる。

    先月の某撮影でお会いした、ジョージ・カミカワさん。
    このプロジェクトは別にしても、前々から興味があり、是非一度会ってみたい方だった。

    去年(2012年)のこと。
    こちらオーストラリアの超人気番組「Australia's Got Talent」
    (オーディション番組、日本のむかしの「スター誕生」のような番組)
    ここに風変わりな日本人男女のコンビがエントリーし、決勝まで進んだと聞いた。
    その時のことはこのブログでも紹介しました。ここ。

    そして当時の、番組の模様はここYouTube映像で見られます。



    実はその当時はある友人を介して女性の方(のりこさんという三味線を弾くすごい方)は存じあげていたのですが、もう一人の男性(結果的にジョージカミカワさんという方だと後で知った)は聞いたこともなく、本当に日本人なの?といったかんじでした。

    そのカミカワさんに今回、ある番組ロケを通じて密着取材をさせていただいたわけです。

    そしたら、このカミカワさん、すごい。


    詳細はまた番組のオンエアーが決まったら、ご連絡させていただきますが、いやあ、すごい人でした。

    メルボルンは伝統的にこういったバスカーが活躍する拠点としても有名なところなのですが、そのなかでも彼のスタンスと言うか、人気はすごい。

    もともとはカミカワさん、ワーキングホリデーでニュージーランドに来てこのバスカーの世界を知ったそう。そしてニュージーランドで活躍。
    そして一度日本に戻ったのですが、日本(東京、本人は三重県出身)でバスカーをやってみようと考え、それなりにやったようですが、なかなか日本の空気になじめず、再度日本を脱出。
    そしてメルボルンに来たそうです。

    彼のストリートパーフォーマンスを見ていると、音楽はもちろんすごい。
    でも感心するのは、お客さんの心をつかむしゃべり(話術)。
    もちろんバスカーというのは、なんとか通りすがりのお客さんのハートをつかまないといけないのですが、これがなかなかなか難しい。
    彼は多分さんざん苦い体験をして、その話術をおぼえたに違いない。
    決して学校で覚えたような正統派(?)の英語ではなく、現場でお客さんの反応を見ながら、覚え込んだ「実践」英語という感じ。

    うまい英語というより、できる英語というか、、、。
    とにかく現場で通用する英語なのです。

    僕自身は、やはり彼の地元ならではのパーフォーマンス(日本だったらどうなのかな)、そして現場で鍛え上げた「実践英語」これにすごく感心、感動してしまいました。

    番組の都合上、ネタバレなどはまずいので、ここまで。

    来月、2014年1月に、日本の番組で紹介されます。

    もう少しはっきりしましたら、このサイトでまたご案内させていただきます。

    どうぞご期待ください!!


    以下、撮影時の簡単なスナップです!

    IMG_1489
    IMG_1479
    IMG_1479



    そしてカミカワさんのホームページはこちら。

    みんなで応援しよう!


    このページのトップヘ