オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

ジェットスター

ジェットスターの光と影、、??

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
かのジェットスター。最近は梅雨時に随分格安のチケットがでたりと話題ですが、その裏にはいろいろな事情があるようで。
下記、マミィさんのブログからペーストさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

All day, every day, low wages ???

世界的総合人材サービス会社『ランスタッド』が
数千人の求職者に、
仕事と生活のバランス、雇用の安定性、人種、賃金など
約20項目に渡った質問を行い

その結果をもとに、
“オーストラリアで最も魅力的な雇用主”として
トップ5内にランキングされたジェットスター航空

先日も
ジェットスター航空機内のサービスレベル について
ちょっと書いたけど

果たして、乗客への諸サービスをお仕事とされる
キャビンクルーの方々のお手当は、どのくらいなんでしょう

【The Sunday Telegraph紙より】
1.タイベースクルーAU$437/月、AU$5,220/年+諸手当
  (残業代や諸手当を含め、最高AU$30,000までになることもある)
2.シンガポールベースクルーAU$20,000/年+諸手当
3.オーストラリア人クルー・AU$43,000~AU$50,000+諸手当

3番が妙に突出してますね


先日もオーストラリア国内出張で利用したジェットスターに
タイ人のキャビンクルーが数人いたけど
エアーチケット格安の影には
おそらく、この人件費の調整があったんですね

まあどこかを削らなければ、あの低価格にはできないでしょうけど。。。

掲載紙によると、クルー達からは
ハードワークの連続で、目をずっと開けてることも出来ず、
乗客の安全管理なんて無理
とコンプレインが出ているようです

まあーマスコミの言うことなので
過剰表現かもしれませんが、、、
自分の安全は自分で守れッと言うことですね

日本国内便でもアジア系のクルーを見かけますが
これから燃料代などの必要経費が上がっていくと
どこでもまず影響するのは
人件費なのかもね
コワイ話です。。。

jetstar


(以上引用終わり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、この構造、批判ばかりしていられませんね。
いまや経済も空洞化してしまった日本。
まさにこういう構造になりつつある。

月並みですが、みんな自己防衛していくしかないか、、、

最近のジェットスターの評判はどうなんだろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
個人的なことですが、つい最近日本に戻り、帰りは安いジェットスター便を探し予約して戻ってきました。成田空港でビールを買って機内に持ち込もうとすると、NG。
道中、機内では何もでない。何か頼もうとするとすべて有料。
どうなってるんだろうと思ってた矢先、このマミーさんのブログに、彼女のなかなかわかりやすい体験記が記されていました。
以下にご紹介。
しかし、これでジェットスターは利益率が上がって、他社もまねをしようとしているとか、、
このあたり微妙ですね。ユーザー視点で考えると、、、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、マミーさんのブログから。


オーストラリア国内の出張時などに
JetStarを使用することが多いですが
予約するたびに、料金設定などに
新システムが導入されていることがあります

jetstar


【Jet HPより】

たとえば、WEB上でシートアロケーションをすると
最低価格でAU$4取られるようになったとか。。。

そのほか、新たに今年11月から
対面カウンターでチェックインをするとAU$5~AU$10加算される
ようになるそうです

セルフチェックインを促進する為らしいけど
最近では、携帯電話でもチェックインできるようになり
携帯電話に送られたテキストメッセージを
搭乗口でスキャンし、印字するらしいけど
どこか、日本のモバイルSuicaをイメージさせます

チェックイン機能は進化しているけど
カスタマーサービスのクオリティは残念ながら低下する一方ですね~

以前は、機内でコーヒーを頼むと
新幹線のサービスと同じように
コーヒーの入ったポットから注いでくれたのに
今は、コーヒーの粉とお湯を渡され
「自分でつくりなさい」。。。。と

食事も充実してないし。。。
おかげで、国際線でも乗ろうものなら
離陸した途端、周囲からは
自宅から持ってきたお弁当などが開けられ
飛行機内が新幹線での旅状態になります

これで親会社のカンタスを大きく上回るほどの利益率なので
他社(JALなど)もJetStarの運営システムの導入を進めているらしい


今後、空の旅も
どんどんイメージが変わってくるんだろうねー
記事検索
お知らせ
ACTUSでは、このたび日豪間で活躍中の日系人の人名事典とでも言うべき、「Actus Who's who」をスタートいたしました。いろいろなジャンルで活躍中の日系人のご紹介です。ぜひご覧ください。 http://www.actusaustralia.com/actus-who-s-who/ また下記では、その方達の関連記事が紹介されています。 併せてどうぞ!
TWITTER
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ