オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:ケアンズ


    ケアンズで大々的にJapan Expoが行われるようです。
    今年の10月5日予定。
    時間とご興味がある方は、是非ご参加ください。

    以下ケアンズ在住、サニー大竹さんからのご案内。
    (大竹さんはケアンズで、通訳、翻訳などの仕事をされて活躍中、こちらが詳細です)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    世界とつながる日本の会 ”めちゃカルチャ”。日本文化をイベントなどを通して、海外に発信していく活動をしているNPO法人団体です。ケアンズJapan Exop、震災復興イベント、文化交流、文化センターなどの活動に取り組んでます。クイーンズランド、エアにできた”ふくしまファーム”の支援活動にも協力していきたいと思います。一緒にワクワクをシェアできる仲間を募集中!現在はケアンズを拠点に活動しています。お問い合わせはこちらまで♪ metchaculture@gmail.com

    http://jca.go-jin.com
    (ジャパニーズ・コミュニティー・アソシエーションHP)

    https://www.facebook.com/metchaculture
     (めちゃカルチャ Facebook)


    59








    昨日のこと。
    オーストラリアの北部、グレートバリアーリーフの玄関口でも知られるケアンズに、ズンバのイベント(野外の公園で)が開催され、なんと3015人が参加。
    この人だかり、すごいですね。

    Cairns-ZUMBA


    ステージ場で指揮をとりながら踊るDonna Patane女史もノリノリだ。
    会場には、老若男女、ワニやらコアラやらのかぶり物をきて参加するもの。妊婦、ベイビーなどなど、多彩。30分のセッションをみんな汗だくになりながら楽しんだ。

    インストラクターの一人、 Brooke Marshallさん曰く、
    「私が2年前に、ズンバの教室をケアンズで始めたときは、生徒はわずか15名。それを考えると今日のこの数は本当に凄い」
    「率先して踊っていると、なんか自分がマドンナになったような気分。最高よ!」

    ケアンズ市長まで悪のり?
    「これはとにかく楽しい、毎年恒例のイベントにしたい!」
    、、とか。

    正式にギネスに認定されるかどうかは、あと4週間ほど待たなくてはならないそうだが、これまでの記録は、昨年6月に行われたロンドンでのイベント、2012人だったという。したがって、ほぼ間違いなく認定されそうです。

    こういったイベントはとにかく楽しいのでいいですね。
    毎年恒例化すれば、海外からのズンバファンの参加者も増え、さらに盛り上がるかも???

    (SOURCE: Cairns Post)

    *上記ソースから入ると動画も見られますよ。



    ケアンズといえば、アクティビティーの宝庫。

    グレートバリアーリーフや熱帯雨林など、世界遺産にも恵まれている。
    そしてここのアクティビティーの一つがラフティング(川下り)。
    僕も昔3年ほどケアンズに住んでいて、何十回もやりましたが、結構激しいもの。

    これを日本の90歳のおばあちゃんがチャレンジ。
    いやあ、すごい。
    地元のニュースでも紹介されています(下記YOU TUBE で見れます)。
    以下、州政府観光局のニュースレターから。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ステイヤング!レジャーに積極的なエイジレスシニアをケアンズへ!

    RnRaftMsIwasaki200x200


    CaPTaグループが催行するRnRラフティングのバロン川ラフティングツアーに 90歳のおばあちゃんがシニアのお友達と共に参加され、地元でも話題に。 参加の動機はご自身のラフティング体験よりラフティングの楽しさをお友達にも教えてあげたいという 気持ちからで、今回は69歳のお友達とのラフティングを余裕で満喫していたとのこと。 日本ではマスターズで水泳の日本記録も持つと言うスーパーアクティブな岩崎さん(90歳)は なんとラフティングに参加する前にはスカイダイビングにまで挑戦していたという驚きの事実も。 岩崎さんの例に限らず近年シニアのレジャーアクティビティへの参加が少なくない現状。 アドベンチャーの宝庫ケアンズは若者中心のデスティネーションというわけでもなさそうだ。
     


    (クイーンズランド州観光ニュースレターより)

    このページのトップヘ