ビールがうまいと、その国も好きになる、うん?
ビールが好きな方、そのウンチクを知っておくと、好きなビールがさらに大好きになるかも?

Actus Membersでもあり,留学カウンセラー(ヨギーでもある)のKodai (宮坂幸大)さんが、シリーズでお送りするオーストラリアビールのご紹介。
まず第2弾は、クーパーズ ペールエール
(大げさなタイトルは管理人が勝手に付けています、悪しからず、、汗)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第2回は、オーストラリアが誇る、ローカル&グレートなビール"クーパーズ ペールエール"です。

coopers1


オーストラリアのビールなんて!と軽く扱われがちになりやすいのですが、それはきっと日本のラガーとオーストラリアのラガーを比べているからかも!?しれません。

そもそも、ビールの醸造の時点で、醗酵方法がラガーとエールビールでは大きく異なり、苦味やフルーティさなど、複雑であり、奥深さを楽しむ事のできるのが、エールビールの醍醐味です。

喉越しを楽しみ、ごくっと飲みたい時の多い、暑いオーストラリアでは、水代わりに飲んでしまえ!という気分になりがちですが、味わって飲むビールが欲しくなるときもありますよね。

そんな時に、やっぱり期待を裏切らないのが、このクーパーズシリーズの、ペールエールビールです。

coopers2


オーストラリアの“地球のへそ”と言えば、世界の中心で○○を叫ぶ的に有名になったことでも知られておりますが、そのエアーズロックへの入口ともなるのが、アデレードという街。そして、その常夏の街から生まれ、クーパーズファミリーの秘伝を6代に渡って伝えているのが、このクーパーズシリーズです。

定番の緑が、ペールエールですが、この他にもアルコール度数たっぷりの赤ラベルの苦味マックス、スタウトや、オレンジラベルの、香り芳醇スパークリングエールも人気で、この3本柱でクーパーズといってもいいでしょう。

coopers3


中でもやっぱり一番飲みやすく、人気なのがペール・エールというわけです。

他のビールとは一風違う、ボトルを開けたときに広がる、フルーティな香りを持つ、このクーパーズ・ペールエール。

飲むなら、やっぱそれでしょ!と、オーストラリア人もうなる、ビール。そして、オーストラリアのビールの底力を見せてくれます。

ちなみに、家でビール造りが気軽に出来るオーストラリアでは、このクーパーズのビールキットも大人気のようです。

[Coopers pale Ale | クーパーズ・ペールエール]

◇ ラガーと違う、フルーティな香りのペールエール
◆ 味わう事の出来る、飲みがいのあるビールとはコレ
◇ オーストラリア内での流通度はバツグン!700MLボトルもナイス
◆ アルコール度数は、心地よいの4.6%
◇ パブで見かけたら、生ビールでも堪能して下さい!
◆ ビール好きオージーも納得で、間違いなし。
◇ 緑のデザインもお洒落なビール
◆ 見た目じゃない、広告じゃない、味で勝負!

どこのビール会社も粋な、CMをやっていますが、CMでアピールする必要のないほどの、本格的な味わい深いビールのクーパーズですが、パブにあったり、ちらりと見るクーパーズのデザインは、かなりお洒落で、目を引きます。

そして、こっそりと行われている、クーパーズビアガーデンは、オーストラリアらしさが良くでていますよね。



ヨーロッパや、アメリカ大陸など、とは一風変わった土地柄のオーストラリアは、やっぱり暑くてビールが美味しい国。そりゃ、がぶがぶ飲みたくなってしまいますよね。

でも、せっかく飲むなら、ラガーだけでなく、美味しいペールエールも恋しくなってしまうものです。

coopers4



いかがでしたか? コウダイのビール評留記!よろしければ、ご感想、ご意見、コメントお待ちしております!そろそろ、おなじみになってきてくれましたか??笑

■海外のビール事情やビール業界で仕事を探している人!ビール好きが高じて海外のビール巡りやビール会社へ就職もいいですよね。留学に関してのご質問、何でもご相談下さい。

( このシリーズはKodai氏のブログの「世界のビール評留記」の中からオーストラリアビールを選んで紹介しています。本人のブログから直接読みたい場合はこちらからどうぞ