オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:カンガルー

    オーストラリアと言えばカンガルー(?)と言えるくらい、ポピュラーな動物。
    一説には人口の10倍、いやもっといるんだとか。

    しかし、彼ら夜行性のために、普段我々が遭遇することは動物園以外めったにない。
    田舎の夜間のドライブ中に、時々巡り会うぐらいか。
    しかし、その時は逆に、とても危ないですけど、、、。

    さてこの写真↓

    KANGAROO FILMED DODGING TRAFFIC

    kangaroo



    数日前の、アデレード郊外の話。

    通勤途中の地元ジェイムス君(James Williams)。
    何かが車の前で当たった。

    「サイクリストかあるいは人間か?」
    彼、顔が青ざめた。

    次の瞬間、それがカンガルーとわかる。
    「えっ」
    すぐに携帯電話で、ビデオを撮る。

    それがこれです(ここから観れます)!

    なにせ朝の車が多い時間。
    危ない危ない。
    警察にもすぐ届けたそう。

    彼にとって一つ、良かったこと。

    「僕時々、会社に遅れるんだけど、その理由を言っても、いつもボスは信じてくれない。
    しかし、今日は証拠ビデオも撮ったから、遅れちゃったけど、これでボスも納得してくれた」

    また、
    「このビデオ、是非アメリカにいる友人に観てほしいんだ。いつも言っているオーストラリアのこと、これで一目瞭然だからね」

    しかし、面白いけど危ない!

    しかし、しかし、とっても貴重な映像であることは間違いなし。


    (Source: Yahoo news)

    こんな珍事件が、、
    しかしカンガルーが襲うか?
    おばあちゃんもとんだ災難でした!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Australian police use pepper spray on kangaroo to stop it attacking 94-year-old woman

    kangaroo1


    カンガルーはかわいらしい見かけをしていますが、攻撃的になることもあり、かなり強い力を持つ動物です。
    オーストラリアで94歳のおばあちゃんがカンガルーに襲われたとの通報を受け、警察が駆けつけました。警察はカンガルーを追い払うのに、あるものを使ったそうです。

    kangaroo2


    オーストラリア北東部、クイーンズランド州に住むフィリス・ジョンソンさん(94歳)は、庭で洗濯物を干していました。
    すると突然カンガルーが乱入して彼女をノックアウト、さらに何度もキックを加えました。殺されると思ったフィリスさんは持っていたホウキを振り回し、カンガルーの頭を叩いたりしたものの、カンガルーは少しもひるまず向かってきたそうです。

    犬も怖がって役に立たなかったと言い、這って家の中に逃げ込んだと言うフィリスさん。そして息子の通報を受けて駆けつけた警察が、催涙スプレーを吹き付けたところカンガルーは退散していったとのことです。フィリスさんは打撲や出血などの大ケガを負って病院に運ばれました。

    その後捕獲されたカンガルーですが、レッドカンガルーという世界で最も大きな種類で、体重は90kgほど、身長は2mもあると言い、9m以上も跳ぶそうです。獣医の検診結果を待ってから、今後どうするかの処遇を決めるようです。
    身近にカンガルーのいる生活というのは想像しにくいですが、自宅の敷地内にいて襲われるというのも怖い話ではありますね。

    カンガルーの大きさやパワーもあなどれませんが、催涙スプレーは動物相手にも有効のようです。

    (ソース:らばQ)


    この写真、合成ではありません。
    ところはオーストラリア北西部、カナナラ(Kununurra)周辺。典型的なアウトバック地帯。

    カンガルー


    オーストラリアの北部は今ぐらいまで(12-3月)が一般的に雨季。しかも今年の雨量は相当に多い。
    そのため、洪水でアーガイル湖という湖が氾濫し、周辺に影響。
    何箇所かは、孤立状態で「島」のようになっている。

    今年は、数十頭のカンガルーが猛暑、洪水からくるエサの不足で死に、今でも200頭ぐらいのカンガルーが、ワニにおびえているような状況だとか。

    地元の環境保全省によると、すでに3ヶ月ぐらいこういった状態が続いており、カンガルーたちのエサがほとんどない状態になっているという。(カンガルーは雑草などを主食としている)

    水かさが増えると、ますます彼らの住処が小さくなり、ワニの餌食になってしまう可能性が高くなる。

    地元のレンジャーによると・・・
    現場は緊急な状態で、24時間以内に、カンガルーのえさであるヘイ(ほし草)を与えその間にどこか安全な場所への移送をも考えていく必要があるという。


    自然もなかなか手ごわいですね。

    ソース:The West .com

    このページのトップヘ