オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:カカドウー


    少々遅くなりましたが、皆様おけましておめでとうございます。
    シドニーも連日30度を超える暑さ。
    そして各地(特に南オーストラリア州、ビクトリア州)でブッシュファイアーの被害が続いています。
    近くにお住まいの皆様をどうぞお気をつけて。

    個人的には、今月開催のサッカーアジッカップのお仕事を手伝っております。
    したがって、毎日が現場、、
    (ニューカッスル、ブリスベン、メルボルンと続きます)


    さて、明日1月5日、NHKBS 「ワイルドライフ」という番組で、オーストラリア北部のカカドウーの魅力が紹介されます。特にその中でも、主人公は、忍者バードとも言われる「トサカレンカク」

    レンカク


    番組詳細は、番組ホームページのこちらからどうぞ

    実は僕も裏方でお手伝いさせてもらいましたが、カカドウーの雨期と乾期、2回に分けたロケ、これが計2ヶ月にもおよびました。
    もちろんまだ僕も番組を拝見していませんが、とても楽しみです。

    お時間のある方は是非ご覧ください。


    あっ、この話題に関連して以前こんな記事も書きました。

    それでは、今年も皆様、どうぞ宜しくお願いいたします!








    5日間ほどある撮影のロケハンでカカドウー(Kakadu)まで出かけていました。
    オーストラリア北部の玄関口ダーウィンから車で3時間ほど。
    世界遺産にも指定されている広大な熱帯雨林の一帯。
    なかでも、湿地帯に生息している野鳥たちは必見。

    この地域、実は今がベストタイム(乾期が最高なのです)

    それで、あちこちと車で走ったり、岩場やら湿地帯を歩き回ったのですが、4日間ほどいても日本人観光客には一度もお目にかかれず。
    あまり多いのもうっとうしいのですが(失言?)全くいないのも、これまた全く寂しい限り。

    少々前までは、世界中どこに行っても、日本人旅行者と、チャイニーズレストランはあるとか言われてましたが、、(まあ、チャイニーズレストランは今でもどこにでもありますが)

    カカドウーは、今の乾季(10月頃まで)がベストですよ〜〜〜。

    絶景がてんこもりです!

    kakadu3

    (ウビルからの俯瞰)

    kakadu1

    (湿地帯での夕日)

    kakadu2

    (アボリジニーによる壁画)

    kakadu5

    (ご存知、巨大蟻塚)

    kkadu6

    (南国に似合うハイビスカス)

    kakadu4

    (ウビルの夕日)






    このページのトップヘ