相変わらず好景気のオーストラリアですが、そのおかげで、物価上昇がとまりません。
こういった時に、ユニクロの進出は個人的に興味津々。
いまや、日本食、ファッションなどは完全にローカルに浸透していますが、その他はまだまだ。
昨年来100円ショップのDAISOはこちらに進出し、かなり業績を伸ばしているよう。
ユニクロもそれに続き、オーストラリアのアパレル業界に、「喝」を入れてほしい。

ところで、ユニクロと言うと、テニス好きの僕は、大会の時に、錦織選手や世界ランキング一位(今は2位かな?)のジョコビッチ選手がシャツにロゴをつけているのを思い出しました。
今回のオーストラリア進出で、ゴルフのアダム・スコット選手他6人のローカルアンバッサダーを採用するとのこと(下記)。こちらの面々も楽しみです!

↓ ユニクロオーストラリアホームページより

140306_AU_localcast_slide


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユニクロ/オーストラリアに進出

ユニクロは4月16日、オーストラリア1号店となる「ユニクロエンポリアムメルボルン店」をオープンする。

現地法人のUNIQLO Australia Pty Ltdが運営する店舗で、メルボルンの中心に新設されるショッピングモール「エンポリアムメルボルン」に出店する。

売場面積は約660坪で、地下2階~地上2階の4フロアに展開し、メンズ、ウィメンズ、キッズ、ベビーまで、フルラインで展開する。

現地にねづき、愛されるブランドになるために、ユニクロのグローバルブランドアンバサダーであり、オーストラリア出身のプロゴルファー、アダム・スコットのほか、6人のローカルアンバサダーを採用する。

アンバサダーを務めるのはアダム・スコットのほか、映画やドラマで活躍する女優の「ソフィー・ロウ(Sophie Lowe)」、非公式ながら世界最年少の16歳で世界一周航海を果たした「ジェシカ・ワトソン(Jessica Watson OAM)」、メルボルンで大人気の複数のレストランにおいて、シェフ兼オーナーを務める「アンドリュー・マコーネル(Andrew McConnell)」、メルボルンの街に華やかな女性を描くストリートアーティストの「ロン(Rone)」、オーストラリアで著名なファッションブロガーの「サラ・ドナルドソン(Sara Donaldson)」の6人。

さまざまな分野で活躍し、ユニクロの「LifeWear」を体現する6人と共に、ユニクロのメッセージや世界観を発信するという。

■店舗概要
所在地:269-321 Lonsdale Street,Melbourne,Victoria,Australia
売場面積:約660坪(地下2F~地上2F)

■UNIQLO Australia
http://www.uniqlo.com/au/

(上記流通ニュースからのご紹介)