オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:イアン・ソープ

    ここの所、現場の仕事が多く、あっという間にずいぶんご無沙汰してしまいました。

    この間も色々なニュースがありましたが、個人的にはあのイアン・ソープのニュース。
    大変な状況のようですね。
    一刻も早く復帰できることを祈るのみ。

    下記、Takechanのブログから。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    イアン・ソープ『二度と泳げなくなるかも?』

    イアン・ソープと言えば、『オーストラリアが生んだ偉大なる競泳選手』です。2000年のシドニーオリンピックでは、水泳競技でいくつもの金メダルに貢献しました。2008年の北京オリンピックの前に引退、2012年のロンドンオリンピックに再挑戦しましたが、残念ながら出場することはできませんでした。英国ロイヤルカップルの結婚式に出場したりと、たまにニュースになることはありましたが、あまり表舞台に出ることはありませんでした。また2012年11月には自伝を出版して、テレビでも大きな話題になりました。

    今年になってイアン・ソープの話題となれば、あまり良いニュースはありませんでした。過去にも肩の手術を受けたことがありますが、今年の1月家で落ちた時に肩の手術のためにまた入院ました。その時に処方された薬と抗うつ薬によって、抑鬱症にも悩まされているようです。今年の2月には両親の自宅付近でさまよっている所を警察に保護され、その後病院に入院しました。

    『ドラッグアディクト』と言うと、何だか麻薬とかに麻痺されているようなイメージがありますが、処方された薬を大量に服用し続けると、『薬なしでは生きて行けなくなる』そうです。あのマイケル・ジャクソンを始め、有名人の死の原因として『大量の処方薬引用』もあります。脳がこの薬によって麻痺してしまい、一時的に自分の意思とは関係なく行動してしまうこともあるようです。

    4月8日イアン・ソープは緊急入院しました。1月肩の手術を受けた後、そこから細菌に感染してしまったそうです。この細菌はかなり強力で彼は重症でだそうです。手術の時に入れたメタルを取り除き、まず感染を治さなければなりません。このメタルを取り除くと、肩を動かすことができなくなり、最悪の場合二度と泳ぐことができないかもしれません。一日も早く退院出来ることを願うだけでなく、明るい話題も聞きたいですね。




    (Takechanのブログから引用させていただきました)



    前回の200メートルに続き、100メートルでも記録だせず。
    「まだあきらめてはいない」とは言ってますが、ソープの時代は終わったのでしょうか?
    しかし、まだ29才なのに、ちょっとしたブランクで全く通用せず。
    やはり厳しい世界ですね。
    ううん、、、

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ian-thorpe


    Ian Thorpe fails to qualify for 100m freestyle semi-finals in Adelaide as bid for Olympics berth ends

    今回色々な意味で注目されていたイアン・ソープ(こんなスキャンダルも、、、

    かつては5つの五輪金メダルを持つ、しかもまだ29才。
    今回アデレードで行われたロンドン5輪代表選考会で、200メートルに続き、100メートル自由形予選でも敗退。
    記録も、50秒35で全体21位、上位16人までが行ける準決勝にも進めなかった。

    本人、惨敗を認めながらも、まだあきらめないとのコメント。

    ソープは2000年のシドニーオリンピック前後に大活躍、2006年引退。
    その後昨年復帰、3度目の五輪を狙っていた。


    (Source: Fox Sports)

    このページのトップヘ