オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    タグ:イアンソープ

    オーストラリアの元オリンピック水泳金メダリスト、イアンソープ。
    しばし、うつ病などで悩んでいたと昨年報道されていたのですが
    まだ、症状がひどいようです。

    優れたスーパースターだっただけに、早く立ち直ってほしいものです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2000年シドニー五輪、04年アテネ五輪の競泳男子で5個の金メダルを獲得したイアン・ソープ氏(31=オーストラリア)が、約10年悩まされていたうつ病とアルコール乱用の治療のため入院したと31日、複数のオーストラリアのメディアが報じた。

     シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)によるとシドニーの自宅で負傷して29日に病院に運ばれた。ロンドン五輪を目指して復帰したものの出場できずに失望し、競技引退後の生活に適応できないことに悩んでいたという友人の話を報じている。

     ソープ氏は以前に出版した自伝で精神的に病んでいたこと、落ち込んでいたときにアルコールに頼ったことなどを告白していた。

    (Nikkansports.comより)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ↓下記、地元ニュースより

    ロンドン・オリンピックを逃したあのイアン・ソープ。

    実は今週の15日、オーストラリアのABCで彼の番組が放映されるようです。
    (番組詳細はこちらから、、、)

    その中で、彼の鬱病、ゲイ疑惑などが語られているようですよ。

    以下、News.comより、番組中の簡単なサワリをご紹介します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Swimming champion Ian Thorpe admits in TV interview to battling depression

    ian-thorpe


    水泳で輝かしい成果を残したあと、ソープはいろいろな事業に手を出す。
    スポーツ飲料、マグロステーキ、オリジナルの下着、トイレタリーまで、、、
    しかしビジネスはうまくいいなかったようだ。

    「2010年ぐらいが一番大変な時だった。ふところ事情は最悪、僕の中では暗黒のとき(Dark Times) だったよ。その時は、深刻な「鬱」(depression)だったことも事実」

    世間から疑われていたゲイ疑惑について。
    ベッドに行くとしたら、男性それとも女性と?の質問に、しばしの沈黙のあと。

    「女性だよ」

    ただ彼が15歳の頃、自分自身が非常にゲイの世界で「人気」「評判」になっていたのを意識したそう。
    その時からゲイ疑惑がかけられ、いろいろなところで質問され、これがとても嫌だったとか。
    しかし彼自身、ゲイの中での異常な「人気」を意識し、その対応に非常に苦慮することに。

    ソープは現在29歳。

    ロンドン五輪にむかって自分なりにがんばってきたが、予選を通過することができず。
    やはりその時の落ち込みは言葉にならなかったようだ。

    「今は自分自身の居場所もない。何をしたらいいか、まだ放心状態」

    そんなソープだが、ロンドン五輪の期間はテレビのコメンテーターとして出演する可能性も高く、我々も彼の姿を見ることができそうだ。

    (Source: News.com)

    オリンピック最終予選を目前にして、またイアンソープの周辺が騒がれていますね。
    下記、Takechanのブログより引用させていただきます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    イアン・ソープ金銭受理の疑い

    いよいよ15日からアデレーで、オーストラリア水泳選手権が開催されます。この試合は今年のオリンピック出場の選定も兼ねており、選手達にとっては日頃の練習の成果を発揮するだけでなく、オリンピック出場への足がかりを掴む所でもあります。

    去年復帰宣言をしたイアン・ソープを始め、リビー・トゥリケットやマイケル・クリムなど、過去にオリンピックで金メダルを受賞して一度現役引退した選手が数人出場予定しています。これらの選手が一度引退すると、現役時代のようにはスポンサーがつきません、復帰宣言をしても、経済的負担が大きくなり練習することもままならないようです。

    今回の競技会では、主催者からこれらの選手に『金銭が払われたのではないか?』と言う疑いが、ここ数日オーストラリアの紙面を賑わしています。イアン・ソープに関しては10万ドル(850万円)、支払われたのではないかと言われています。彼が競技会に出場するとなれば、入場者の数も増えますから、開催している会場としては儲けが上がるわけですね。

    イアン・ソープのヘッドコーチはこれに対して、『泳ぐことに対してのお金は、受け取っていない。』と答えています。さらに『経済的サポートを受けたのは、この試合に出場するために準備するのに必要な練習の分だけだ。このカテゴリーに、出場選手の50〜60%が該当する。』とも伝えています。

    イアン・ソープは引退したばかりの頃は、アルマーニのファンションショーに出たり、自信のブランド下着を発表したり、テレビ番組に出場したりと派手に動き回っていました。さらにパートナーと組んで事業を始めたとも言われていましたが、実際は彼の名前を使った売名行為でした。殆どスポンサーもなく、最近は経済的に困窮しているという噂も流れていました。

    復帰宣言以来、トレーニングは殆ど海外で行なわれました。オーストラリアにいれば、国内のメディアの餌食になるからでしょう。ニュースがない時に彼の名前を出せば、今でも話題にことを欠きませんからね。しかしそのトレーニングだけに専念する資金は、何処から捻出されたのでしょうか。一流コーチも一緒ですからね、それ以外のスタッフがいるかもしれません。

    彼の話題性だけで、誰がスポンサーになったというのでしょうか。一年間もトレーニングすれば、数十万ドル単位の資金が必要です。残念ながらそれは明らかにされていませんが、『金銭受理の疑い』が持ち上がっても不思議ではありませんね。

    イアン・ソープが出場することによって、試合をみる観戦客も増えますが、試合に出場する選手達の意気込みも高くなるのではないでしょうか?彼が出場することへの危機感で、選手達のモーチベーションがあがり良い結果がでることを、主催者側としても願っているのかもしれません。

    この記事に関するニュース by Sydney Morning Herald Dated March 12, 2012

    イアン・ソープ オリンピック出場をかけて

    ian_thorpe_20120312124042472610-420x0
    Ian Thorpe @2004 アテネ大会 by SMH

    この記事を筆者のブログで読む


    まずはこの写真を見てください。

    ian-thorpe-2


    ian-thorpe-3


    これつい数日前、シドニーのアクアティックセンター(2000年のシドニーオリンピックのとき、彼自身3つの金と2つの銀メダルを取ったところ)で、トレーニングをしていたときのもの。

    最初はトレーニング中の写真撮影を完全に拒否していたソープでしたが、最後はどうも半ば根負けのようで、メディアにも写真撮影を承諾したようです。

    で、思ったよりお見事な肉体。
    かなり引き締まったように見えます。

    思えば、シドニーオリンピックから既に11年。
    ソープも今年28歳。

    それにしても、この4ヶ月でなんと20キロもウエイトを落としたそう。
    今現在は、前回アテネオリンピック時の104キロとほぼベスト体重にもどしたようです。

    本人も、若干照れながらこんなコメントを。
    「どうだ、これで少しはスイマーらしくなったろう!」
    「ここで100メートルを決めて、リレーチームに加われるようにがんばりたいと思う」

    ソープは現在スイスを主な拠点として、トレーニングを続けており、またすぐにスイスにUターンするそう。

    関係者によると、
    「スイスにいるコーチが非常に優秀で、ソープは既にかなり出来上がっていると思う」
    と、なかなか、今後に期待できそうなコメントをしている。

    本人も親日家で、日本にも彼のファンは多いようですね。
    本当に、またまた「オーストラリアンドリーム」を期待できるかもしれません。


    (ソース:DAily telegraph)

    このページのトップヘ