オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 撮影こぼれ話


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください


    「本日も撮影日和」 Vol.42 一国一城の主の気分は?

    はや、2013年もあけてしまいましたね。皆様はどんなお正月をお過ごしでしたか?僕はと言うと、いきなり1月3日から某新聞社の取材で仕事をするはめに!これが今年の仕事始め。
    この記者の方とは昨年一度ご一緒したのですが、そのときのテーマは、日豪間の政治の違い。今回は同じテーマでも少々視点を変えて、ちょっと変わった「ミクロネーション」(英語では、マイクロネーションと発音)の取材。

    この言葉ご存知ですか?世界中に、小さいと言えども、いくつかの「独立国」があるのですがこの小さな独立国のこと。オーストラリア国内だけでも、実に30カ国もあるのです(偉そうに言っていますが、僕も知らなかったのです)

    僕が昔から唯一知っていたのは、「ハットリバー公国」。西オーストラリア州の北部のかなりの僻地にある「国」。なんと今年ですでに40周年とか。元々は、州政府の土地や農業に対する考え方や方針を嫌い、ならば「自分たちで国を作っちゃえ」ということで勝手に独立宣言。なんと自国の旗や国歌、はたまた通貨,切手までも作ってしまう徹底ぶり。そしてこれが日本でもそこそこの話題になり、ここを訪れる観光客もそれなりにいたものです。日本では某航空会社に勤めていた(残念ながら今はもう亡くなられましたが)僕に知人がこのハットリバー公国の、日本の「領事」をやっていたなあ。“ノリ“としてもとても面白かった。まあ、オーストラリアの連邦政府としても、全面的に独立国として認めているわけではないですが「寛容」で潰すこともない(日本では間違いなく潰されてしまいますね)。

    さてしかし今回ここはシドニーからあまりにも遠いので取材には行けませんでした(残念)。で、必然的にシドニーの周りの「独立国」を取材することに。
    その中で、僕がとても面白く、気にいった国をちょっとご紹介。その名も「「ワイ公国(Principality of WY)」。お父さんのPaul氏が国王。お母さんが女王、そして3人のお子さん。国民総数は5人+犬が一匹と言っていましたね(ミクロネーションと言っても、1000人単位の国民を抱えるところもあり、その規模も様々)。住処はシドニーの高級住宅地モスマンの一角。もともと自分の土地に道路を引こうとし、しかしこれが地元のモスマン市役所に認められず、「だったら独立しかない」で始まったよう。そしてこの係争実は現在でもまだ続けられている。

    しかし僕が面白いと思ったのは,この方のキャラ。実はポールさん、シドニーで2カ所もアートスクールを経営している、れっきとしたアーティスト(実業家かな?)。また凄く日本がお好きなようで、インタビューの途中で「ヒロシゲ」「ホクサイ」なんて名前がぽんぽん飛び出す。そして「マンガ」「コスプレ」の大ファンでもある(ある日本のマンガでも彼の国のことは紹介されている)。

    IMG_3220

    (ポール国王、そして女王に挟まれた、、、ぼく)

    実はこの土地を巡る論争、関係者には非常にハードなものなのですが(モスマン市役所、周辺住民など)ポール国王の独特の明るい、ユーモアあふれるキャラクターのせいか、だれも彼を憎んではいない。むしろ超人気もの(まあ、ある意味、モスマン市とけんかしているにも関わらず、モスマン市から優秀なアーティストとして表彰されている、おかしな関係)。

    しかし、個人的に思うのは、いろいろな思想、信条を掲げている独立国が30もあるオーストラリア、寛容な国なのである。あなたも一ついかが?
    ちなみにワイ公国の「ワイ」の名前の由来は、人間生まれてから、すべてに対して一番大事な問いは「Why?」アーティストらしい?!



    *参考までに、、、

    ワイズ公国サイト:
    http://principalityofwy.com

    ミクロネーション参考サイト:
    http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2742296/5996250

    ハットリバー公国:
    http://www.principality-hutt-river.com


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    「本日も撮影日和」 Vol. 37 焦るな!熱くなるな!

    casino



    つい最近、ハマコー(浜田幸一)さんが亡くなったようですね。いい意味でも悪い意味でも、あれだけ個性の強い、「いかにも」の政治家がいなくなったのは寂しい限りです。ハマコーさん、政治家の手腕もさることながら、確かラスベガスで昔、カジノに突っ込み、一晩で数億だか、数十億負けたとか。そして遊んだゲームは、いつも「バカラ」だったとか。

     さて、つい最近のロケの話。とても人気のある芸人さんが来られました。テレビで拝見しているイメージ通り、頭の回転がとんでもなく早く、非常にスマートな方。その彼、なんでも最近カジノに興味を持ち始めたとかで、ロケの最終日、遊び感覚で行くことに。  実は僕も昔、少々はまっていた時期がありました。 しかし、根が小心者なので、大勝ちせず、大損もせず、適当な時間遊べる「ブラックジャック」が定番。どうしたら勝つ確率が高くなるのか、と考えたりしましたが、そんな「必勝法」はなかなか分からない。あるわけもないだろうし。  

    そんなことを考えつつ、カジノに出かける前の夕食時、くだんのタレントさんが必勝法とでも言うべき、彼の学んだ「理論」をみんなの前で披露されました。

    IMG_2040


    遊ぶのは、唯一「バカラ」のみとか(ハマコーさんと同じだ!)。  まあ、僕も何となく聞いていましたが、分かったような分からないような。何となく、適当なことを言っているんじゃないの?(失礼!)と、実はかなり半信半疑でした。


     しかし、いざ出動となって、本当にびっくり。「ここは我慢や」「ここは待て」「ここはいくぞ」などなど、すべてが理詰め。しかもすごい確率で当たっているのです。う~ん、なぜ?  こうなると、彼の「ツキ」に便乗して賭(か)け始めた、お調子者のスタッフも! そして極めつけは最後にきた。僕は「明日も早いし、バスの運転手も寝かせなくてはいけないので、そろそろお開きでいいでしょうか?」と恐る恐る聞く。「はい了解」とタレントさんが真っ先に明るい返事をしてくれた。「さあ、みんなこれが最後の賭けやで、俺は全部かける」。本当に、割り切りがいい、ホレボレします。

     いざ最後の勝負。忘れもしない、最初の2枚は絵札(ゼロ)と3。バカラは僕もあまり知らないのですが、超簡単に言うと、できるだけ手持ちのカードの合計を9に近づけた方が勝ち。トリマキ(笑)はこの時点でがっかり。中には顔面蒼白(そうはく)なやからも。確かにカードが悪すぎる。  しかし、ここでタレントさん、「いや、次は5か6が絶対にくるでえ」。常識的、確率論的に考えたらその目はほとんどない。しかし、しかし、ここで、なんと出てしまったのです、脅威の6が。これにはさすがの僕も鳥肌が。

     ここに、また僕のコーディネーター史上に残る「伝説」が生まれました! 今後、またカジノにどなたかをお連れする時は必ずこの話をするだろうなあ。いやあ、強運の持ち主なのか、はたまたとにかく頭がシャープなのか?  

    そういえば、彼の言ったことで非常に印象に残ったセリフがあります。  「仕事でもカジノでも、焦っちゃだめ、熱くなっちゃだめ」。ある意味、何でもない言葉ですが、これがまた強烈に生きているのですね、ロケ中に。実際ロケ中は、みんな焦って悪い結果を招くことが多いんです。 いやあ、本当にすばらしいお方でしたよ。彼に、乾杯です。ぜひ、いつか「必勝本」を書いてください!

    このページのトップヘ