オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 撮影こぼれ話


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.47 ベストセラー作家、百田尚樹さん

    先月は仕事も一段落し、2週間ほど日本に帰国。そして後半はいつも通り東京に立ち寄ることに。ある晩、気持ちよく友人と呑み、ほろ酔い気分でホテルに戻ると、その途中大手の本屋さんにまだ人影があるのを発見。「うん?」時計を見るとすでに夜の9時半。店員さんに聞いてみると、夜11時まで開いているとのこと。レストランやコンビニなどは24時間オープンも多いし、すでに本屋さんも例外ではないのですね。働き蜂国家ジャパン!それはさておき。

    今やアマゾンで簡単に本が注文できるとはいえ、帰国したときの書店巡りはやはり楽しいもの。今どんな本が流行っているのか一目瞭然。そして今回も本屋さんを回ってみると、どこでも百田尚樹さんという方の本が平積みになっている。何でもすごいベストセラー作家だとか。
    少々へそ曲がりのぼくは、逆にあまりにも人気がありすぎる故に興味がわかず、そのときは遠目から眺めるだけでほとんどその本を手に取ることもなかった。

    しかしシドニーに戻ってから、いくつか日本のテレビ番組でこの百田氏を拝見し、そのあまりにもユニークな キャラクターに激しく興味を持ってしまいました。(極めつけは「情熱大陸」を見た時でした)
    百田氏、もともとテレビの業界に長く今でも放送作家をされているとか。僕も多少放送作家の方を存じ上げているのでそのこともあり興味が倍増。

    とりあえずよく行く近くの日系古本屋さんにいくと、ラッキーなことに2冊ほどあり即ゲット。
    そして彼の処女作「永遠のゼロ」を速攻で読むことに。これは戦争中の零戦パイロットのおはなし。個々の文章が短く簡潔。手に汗を握りながら読む、というのはまさにこのこと。そしてじわじわと終盤に。最後は涙なくして読めない。最終章の大どんでん返しもすごい!長編でしたが一気に読めました。余談ですが、途中から2年前に亡くなった僕の親父がダブってしまいどうにもならず。親父は特攻パイロットで、鹿児島まで行き、まもなく出征というところで終戦になり、命を落とすことなく帰郷できたのです(その時命を落としていたら僕は生まれていない)。

    永遠のゼロ写真


    情熱大陸の中のインタビューで、百田氏は「僕の文章は短い。放送作家を長くやっているので、この業界はとにかくリズムとテンポが良くないとダメ。いくらナレーションがよくても、リズムが悪いと全く受けつけない」と言っていました。他にも、「現実の世界を観れば毎日悲しい、ひどいニュースばかり流れている。そんなことは現実の世界だけで充分。僕の小説の世界は、もっとみんなに気持ちのいい感動や、勇気を与えられるようなものにしたかった」「本屋大賞を戴いたのは最高の賞。読者から支持を得ているということで、出版社主催の○○賞などよりもずっと嬉しい・笑」などの皮肉も。

    そんなところで鍛え上げられてきた文章、そして作品なのですね。扱っている題材もすごく多岐にわたっているのですが、 基本は読者を意識した徹底的なエンターテインメント。まさに脱帽、非常にお勧めです。
    ちなみに僕は現在2冊目の「モンスター」に挑戦中。不細工に生まれてしまった女性が高額のお金をかけ整形手術を行い、大変身をして劇的な人生を歩みだすという物語。もう手に汗が出始めています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    下記、参考情報です!




    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.46 K-POPパワーは凄いなあ

    本日は6月6日、今この原稿を書いています。昨日まで、ちょっと変わった現場にいました。
    今や世界的にもブレークしている韓国のK-POP。個人的にはあまり興味はないのですが、ある縁で男性4人組バンド“CNBLUE”のオーストラリア・ライブコンサートを追っかけるロケをお手伝いすることに(ドキュメンタリー映画製作のため)。

    そういえば一昨年、複数のK-POPミュージシャンによるコンサートがシドニーで初めて大々的に開かれた。僕の個人的な友人が(特に彼の奥さん)大好きとかで、実際にコンサートに行ったら、凄い熱気だったと興奮して伝えてくれましたっけ。(そもそもこのご夫婦、韓国ドラマからスタートしてはまってしまったらしい)

    今回のCNBLUE公演は、5月31日がメルボルン、そして翌6月1日がシドニー。
    しかしその前から少々過熱気味になっている現場を目撃することに。彼らのオーストラリア到着(空港)にあわせ、多くの追っかけファンが大集合。多くが高校生ぐらいの女の子たち。黄色い声援が耳に痛い!少々パニック状態。宿泊ホテルにもすでにたくさんの女の子たちが待っている(しかしこの情報どこで知ったんだろう?ファンの中での恐るべき情報網)ふうっ。

    そしてコンサート当日。メルボルンもシドニーも、約3000人収容の会場。夜7時半の開演にも関わらず、昼前から熱心なファンが続々とやって来た。そして開演時には満員に。僕が驚いたのは、ファン層が非常にひろかったこと。大半は在豪の韓国人ファンかと思っていたのですがとんでもない。インド、タイ、マレーシア、香港など、他の国のアジア人も多い。いや、地元の白人の子たちも一杯いた。よーく見ると、日本から来ている中年おばさんたちも多くいましたね。聞いてみるとアジアツアーから全部参加しているとか。普段どういう生活をされているんだろう(笑)

    いよいよライブがスタート。我々の主な仕事は、その前後にリハーサル風景やインタビューを撮るというもの。いざ本番に入ったらカメラマンが撮るだけで、僕は暇。せっかくなのでじっくり拝見することに(しかしスタッフ以外におっさんはいない)。

    すごい熱気とともにメンバー登場。そして本当に驚きました。みんなギターやドラムの演奏が本当にうまい。そして歌も、これまたものすごくうまい。さらに、決して英語がうまいわけではないのに、曲の合間合間に慣れない英語でうまくつないでいく(ちなみに第一声は“G’day Mate”)。対象はあくまで地元のオージーっ子。うまく「のせて」いくのです。彼らの実力に完全に脱帽!
    言っちゃあ悪いけど、日本の似たような(?)アイドルグループとはレベルが全然違う。体の鍛え方も違う。ううん、完全にプロでした。まだ20代ちょいなのにねえ。国ぐるみで「国策」として応援しているのもよくわかります。

    ところで、僕も仕事中は1週間ほぼ毎日、スタッフと一緒に昼、夜とも韓国料理でした。弁当だったり、おいしいブルゴギだったり。普段あまり食べないのですが、やっぱり基本は辛口。1週間食べ続けていたら、凄く元気になった気がしました。キムチパワー万歳!

    IMG_0933







    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「本日も撮影日和」Vol.45 「回転ずし」ならぬ「回転スイーツ」の店?

    流行というのは何なんでしょうかね?いつの時代でも、どんどん新しいものが現れてくる。ある年齢ぐらいまでは、それを追っかけているのが楽しみであったのですが、その後、それを追っかけるのが少々苦痛になってくる。そしてそれも超え(個人的な実感では50歳を越えてくらいから)、もうどうでもよくなってくる。いやこの表現は違うかな。もっと物事が俯瞰で見えてきて、
    それなりに楽しいのです。基本はどっちでもいいし、どうでもいいことなんだけど。人生で大切なことなんてそんなにあるわけでもないし、と。

    そんな前振りをしながら(?)、先日のお話。某旅番組でのシドニーロケ。いろいろな分野のそれなりに興味深いお店などを紹介することに。そのテーマの一つが地元で人気のスイーツの店。それで日本がまず探し出してきたのが、ZUMBO(ズンボー)という店。なんでも、ここでオーストラリア特有の「パブロワ」を取材したいと。

    そういえばこのお店、以前やはり似たリクエストがあったとき、地元の女性(日本人、オージー4人ほど)に聞いたら全員がこの店を勧めていた。「マカロン」が凄い人気で、オーナーシェフも地元人気TV番組にでたりして超有名だとか。そんな人気店が取材を受けいれてくれるだろうか?しかも調べてみるといまや一番人気の店舗は、カジノの入っているあの「スター」の中、深夜まで開いていると言う。しかし問い合わせてみると、快く取材を快諾してくださった。うれしい。

    で、当日。
    現場に到着後、まずはディレクターと僕で下見を兼ね挨拶に。で、そこで気づいたのです「パブロワ」がないと!何でも旬のものを作るのがポリシーとかで、今はたまたま置いていないと。これにはディレクターも仰天、青ざめた。もちろん僕も。番組の趣旨はいくら人気店でも、オーストラリアならではのものを紹介するというもの。しばし放心状態のうちに、ふと横を見ると、なんと回転ずしの店が。「ううん?」しかしよ〜く見ると。すしではなく、なんとスイートが流れている!この店の一部だったのです。
    皆さんこの店ご存知でした?

    「パブロワ」はありませんでしたが、この「回転スイーツ」、まあ不幸中の幸いで、これがとても面白く、こちらを強調して撮影することに。
    何でもここのオーナー、凄くサイケな方で、お店の全体のデザインなども、大好きなフランスのカルチャーに感化されて考えたとか。きっと、この回転方式も、どこかで日本のカルチャーに刺激を受けたのでしょうね。しかし、凄い行列。

    あまり日常驚きがなくなってきた「寂しい」歳になっても、ここまで奇抜な発想に接すると、思わず楽しく、かつ嬉しくなってしまいます。人生は愉快かも!

    IMG_0682
    IMG_0684
    IMG_0686



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    PS:実は昨日までしばし日本に行っておりました。その時、この番組(旅サラダでした!)をやっていましたが、4週に分け、最後の5月25日にこのシドニー編を紹介しておりました。このお店もばっちりでておりました。毎度のことながら、スタッフの皆様ご苦労様でした!


    ここのところロケの現場が続き、今は、ある日本人女子留学生を追っかけています。
    そんな彼女がホームステイしているのが、シドニーの南部にあるお宅。

    なかなか立派な家、2階建ての5ベッドルーム。
    いろいろとそのご家庭をを取材させていただいているうち、最初は気づきませんでしたが、
    玄関前にこんなものが壁に貼られているのを発見。

    IMG_0749


    何となく、この英語を反復していると、、

    要は凡人はこんなことがあったらいいなあ、
    あるいは、
    こんな風になったらいいなあ、、
    と願いを持つにとどまる。

    しかし、そこに「行動」を起こさなくちゃならないのだ。

    。。。

    そんなニューアンスのようでした。

    それでちょっと気になり、あとで家でネットで調べてみたら、何とあのマイケル・ジョーダンの
    言葉でした!

    ここのご主人、なかなか多趣味で苦労人のよう。
    今度この言葉、彼にとってどうなのか、、(家訓??)聞いてみよう!


    ↓裏庭には、こんなでっかいプールも!
    IMG_0748





    皆様、お元気でしょうか?
    ここのところ、本業(撮影のコーディネート)が殺人的に忙しく、アクタスニュース、まったく更新できていません。少々ご心配のメールなども頂き、大変申し訳ありません。
    僕自身はいたって元気であります。

    ちょっと古くなってしまいましたが、少し前のコラム原稿です。
    お茶を濁しているかんじですが、、どうぞご勘弁を!

    >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください)


    「本日も撮影日和」 Vol.44 「イースターホリデー」に改めて考えてみた

    本日はイースターマンデー(4月1日)。「割り切って」4日間、ゴルフやらお酒やらで休暇を堪能。しかし実はある大きな撮影プロジェクトのロケハンとロケ本番の間で、諸々の段取りをしなくてはいけない、いわば精神的にかなりテンパっている時期なのです。しかしこちとら、もうシドニーに20年。イースター中に相手方(取材依頼先)をつかまえようとしても、無理なのは重々承知。逆の立場で、電話なんかもらったらいい気がするわけがない。

    しかし日本サイドはまだまだこのへんはわかっていない。いや、半分わかっていても、それでもなんとか早く段取りを進めてくれ・・と(言い換えれば、少々大変でもなんとか先方に連絡を取って、早く返事をもらってくれということ)。この辺り、日本は本当にまだまだ遅れている、いや、だめだなあと思います。ただでさえ、携帯なんかで当たり前に誰とでもいつでも連絡がとれる時代、公私の分け方が難しい。そんな時だからこそこういった「けじめ」は必要なんじゃないかと。でないと、ろくに休めやしない。みんなで休めば、ストレスはない。

    結局イースターホリデーの4日間、ローカルの方達からは1通のメールも電話もなかった(多くのところに多くの依頼をしている状況ですが)。当たり前か。
    かたや日本からは、このプロジェクトの他にも、やんやの連絡(いつ寝ているの?と思うような深夜のメール、日中の「非通知設定」の電話、ほぼ日本からとわかる。さすがに最近はこちらも全く無視して出ませんが)。やはり日本では、ゴールデンウイークでも、それなりに仕事の連絡を取り合っているんだろうか?だとしたら「先進国」日本、悲しくなりますね。

    ITが発達して、世の中がどんどん便利になっているはずなのに、ますます身辺に余裕がなくなってきているのはどういうことなのだろうか?

    マスコミの方と現場でご一緒させていただいていると、さすが職業柄か世の中の動きをよく知ってらっしゃる。そんな彼らと雑談をするたびに、こんな話題でため息をつくことが多いのです。「日本のどこが先進国なんじゃい!」と。もっと明るい話題が欲しいのですがね。

    さて、一つお知らせ。4月16日(火曜)放映予定、日本テレビBS夜9時からの「ホテルの窓から」。ここで1時間ほどシドニー特集が放映されます。僕の一番のお勧めはといえば、いま、日本ではパンケーキがどうも非常にブームのよう。まあ、「ビルズ」が「世界で最もおいしい朝食」として有名ですが。第2のビルズを探せ・・とばかり。ディレクターと一緒にシドニーを探しまわりました。そして見つけたのがこの店。ここはいいですよ。なぜかパンケーキに非常にうるさい(詳しい)ディレクターも絶賛。隠し味はマンゴー。場所はボンダイビーチ。詳細は便組後に(もったいぶってすいません・・)ブログででもご紹介。

    pancakephoto



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    追記:この店はシドニーのボンダイビーチの真ん前にある、TRIOというお店です。
    個人的には、ひじょうにお勧めです。
    これがホームページ。


    このページのトップヘ