オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 撮影こぼれ話



    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.51 日豪クレーム事情?

    IMG_1551


    今年も残すところもうわずかですね。皆さん、大変忙しい毎日をお過ごしのことかと思います。僕はと言うと、マスコミの「年末需要」からか、変に忙しい 。しかしクリスマスが近づくと、地元は俄然「もう仕事はしないよ」モード全開で、連中との交渉はホント大変ですね。まあ、毎度のことですが。

    さて、最近の僕が遭遇した小さな「クレーム事件」、皆さんどう思われます?
    先日の某ファッション撮影で場所はボタニックガーデン。地元の可愛い10代のモデルさんを前日オーディションで選びロケ当日。「すばらしいシドニーの景色を日の出と絡めて撮りたい」がカメラマンの要望。それでモデルの子には朝5時にホテルに来てもらい、メイクスタート。その後現場に到着したのが6時半。皆さんすでにちょっと小腹がすいている様子。それで僕はドライバーさんと相談して、近くのガソリンスタンド隣のコンビニで簡単な飲み物と、ブレッド(バナナやチョコレート味)、マフィンを人数分調達、そして撮影現場に戻ることに。撮影が一段落した後にあったかいコーヒーとで適当に皆さんに一息ついてもらう(つもりだった)。

    そしてのんびりしようとした瞬間、メイクさんの一言。「いやだあ、このパン、かびがはえてるよ」全員が、「じぇじぇじぇ」(本当にそう言ったのです!)よく見ると、やっぱりくっきりとカビがはえている。
    賞味期限を見ると12月7日(ちなみにこの日は11月20日)。まだ十分大丈夫なはず。他のパンやマフィンを見ると、カビこそはえていないが、同じ賞味期限。

    IMG_1547


    全員「気持ち悪〜〜い」。
    「これはクレームものですよねえ」と僕。
    「日本なら、クレームどころか、訴訟になりかねないですよ」と、メイクさん。
    おっしゃるとおり。でも僕は内心冷めていた。ここはオーストラリアだ。何度こんなメにあってきただろう。こんなケースでも、お店側はたいした対応をしていないんだろうなあ。日本側スタッフも大人なのでそんなに文句は言わない。でも僕にとってはこういう場合、好奇心でお店側はどんな対応をするのか、その一点に興味があり、スタッフには一応「憤慨」しているフリをし、ドライバーさんと再度その店に行くことに。

    先程と同じおそらくインド系の店員さんに「ちょっとこれ見てよ、カビがはえてる」。「じゃあこの分リファンドするよ」悪びれたところもなく、SORRYもない。予想通りだ。
    「ちょっと他も見てよ。カビこそはえてないけど同じ賞味期限で、全部同じメーカーのものだよ。なんとかしてよ」
    「カビがはえている分しかリファンドできない、それがここのキソク(規則)」どんな規則だよ。「あんた本当にそれでいいと思っているの?じゃあ、あんたの名前を教えて。証拠写真も全部撮ったから、しかるべきところに訴えるよ」
    そしたら今度は逆ギレされた。「WE ARE NOT MAKING THIS !」。きたああ。僕「BUT YOU ARE SELLING THIS !」。

    結局渋々ながら全額リファンドを勝ち取りましたが、何とも後味の悪い結果に。しかし想像していたとはいえ、こんなのが普通なんでしょうね、この国の。
    最後に一部始終を見ていたドライバーのFさんが、「あのレジの下見てください、アリだらけですよ」それを店員に言うと、苦笑いのみ。それだけ?なんともいやはや。やっぱり話にならん!

    IMG_1541


    先月の某撮影でお会いした、ジョージ・カミカワさん。
    このプロジェクトは別にしても、前々から興味があり、是非一度会ってみたい方だった。

    去年(2012年)のこと。
    こちらオーストラリアの超人気番組「Australia's Got Talent」
    (オーディション番組、日本のむかしの「スター誕生」のような番組)
    ここに風変わりな日本人男女のコンビがエントリーし、決勝まで進んだと聞いた。
    その時のことはこのブログでも紹介しました。ここ。

    そして当時の、番組の模様はここYouTube映像で見られます。



    実はその当時はある友人を介して女性の方(のりこさんという三味線を弾くすごい方)は存じあげていたのですが、もう一人の男性(結果的にジョージカミカワさんという方だと後で知った)は聞いたこともなく、本当に日本人なの?といったかんじでした。

    そのカミカワさんに今回、ある番組ロケを通じて密着取材をさせていただいたわけです。

    そしたら、このカミカワさん、すごい。


    詳細はまた番組のオンエアーが決まったら、ご連絡させていただきますが、いやあ、すごい人でした。

    メルボルンは伝統的にこういったバスカーが活躍する拠点としても有名なところなのですが、そのなかでも彼のスタンスと言うか、人気はすごい。

    もともとはカミカワさん、ワーキングホリデーでニュージーランドに来てこのバスカーの世界を知ったそう。そしてニュージーランドで活躍。
    そして一度日本に戻ったのですが、日本(東京、本人は三重県出身)でバスカーをやってみようと考え、それなりにやったようですが、なかなか日本の空気になじめず、再度日本を脱出。
    そしてメルボルンに来たそうです。

    彼のストリートパーフォーマンスを見ていると、音楽はもちろんすごい。
    でも感心するのは、お客さんの心をつかむしゃべり(話術)。
    もちろんバスカーというのは、なんとか通りすがりのお客さんのハートをつかまないといけないのですが、これがなかなかなか難しい。
    彼は多分さんざん苦い体験をして、その話術をおぼえたに違いない。
    決して学校で覚えたような正統派(?)の英語ではなく、現場でお客さんの反応を見ながら、覚え込んだ「実践」英語という感じ。

    うまい英語というより、できる英語というか、、、。
    とにかく現場で通用する英語なのです。

    僕自身は、やはり彼の地元ならではのパーフォーマンス(日本だったらどうなのかな)、そして現場で鍛え上げた「実践英語」これにすごく感心、感動してしまいました。

    番組の都合上、ネタバレなどはまずいので、ここまで。

    来月、2014年1月に、日本の番組で紹介されます。

    もう少しはっきりしましたら、このサイトでまたご案内させていただきます。

    どうぞご期待ください!!


    以下、撮影時の簡単なスナップです!

    IMG_1489
    IMG_1479
    IMG_1479



    そしてカミカワさんのホームページはこちら。

    みんなで応援しよう!


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.50 沖縄からビギンがやってきた!



    IMG_1297


    相変わらず酒好きな僕は 日系のレストランや居酒屋で飲むことが多いのですが、そこでの最初の一杯は何と言っても生ビール。で、ここのところよく目にするのが「オリオンビール」。飲んでみると喉越しがいいと言うか、とっても飲みやすい。

    そんな折、突然オリオンビールがTVコマーシャルの撮影で シドニーに来たいと。なんでも、オペラハウスやハーバーブリッジをバックに人気ミュージシャン、ビギンにオリオンビールのコマーシャルソングをかっこ良く歌わせたいと。

    いいんですけどね。でも、なぜか僕のなかでは一寸した胸騒ぎが。
    そこからが大変。早速丁寧に(!!!)返事をしたのはいいのですが、なしのつぶて。ああこの話はもうないかなと思った頃、突然「来週ロケハンにお伺いしてもいいですか?」と。「えっ、まあいいけど」ちくちくと嫌みなどを交えて返答をしたところ、単純に「ありがとうございます」。こちらの嫌みなどは完全にスルーされていました…。

    そこからロケハンがあり、その後3週間をおいて本番。しかしその間もこちらばっかり勝手に焦って、日本(言い忘れましたがこのプロダクションは沖縄ベースの会社です)にがんがんメールしても、返事が異常に「遅〜〜〜い」。でも悪びれたところもなく電話で話しても、いたってそして妙に明るい。焦っているのはこっちだけ(のよう)で全く損している気分。その頃相談がてら、僕の元同僚のH女史と話しましたが、彼女も似たような沖縄プロジェクトがあり、全く同じ経験をしていると。少々ほっとしたことをおぼえています。

    しかし無事に撮影が終わってみると大変ではあったのですが何かすべて楽しい思い出に一変。そこで思いました。彼ら、みんな純粋でいい人だと。仕事のやり方ペースは、まあオージーと似ているかな(どっちにも失礼??)。でもこちらの心配はよそに、何となくうまくいってしまうんですよね。沖縄人のおっとりさにはホント、感心しました。
    (そういえば、元同僚で某日系誌で今も連載しているおーちゃん。彼女は数年前に日本に戻り某国営テレビ局で働いていたのに、なぜか突然「沖縄に住みたい」とか言って移住しちゃいました。変なやつと思っていたけど今なら何となく分かる気もします。)

    そして、そう、ビギンの方達。いやぁ最初にお会いした印象はみんな人の良さそうなおっさん(失礼!)にしか見えませんでしたが、数日ご一緒してよく分かりました。みんな大らかないい方達で、笑顔がとってもかっこいい。作り笑いじゃなく自然でね。そしていざお歌いになると、これが何とも味があるんです。“サンシン(三線)”の音色もいいし。沖縄、沖縄の歌…みんないいですね。今回シドニーの沖縄県人会の方の協力も頂いたのですが、沖縄の方たちの結束力の強さもよーく分かりました!

    もう一つ。このコマーシャルは来年の放映ということですが、僕はてっきり日本全国で、あるいは海外も含め放映すると思ったのですが何と沖縄だけとか。僕「どうして?」、監督「単に予算がないんです」と。でも、すでに沖縄の人はみんなこのビール知っているでしょう、そして大好きでしょう。しかしこのあたりも何とも沖縄らしい(笑)

    最後に一言。今回色々な方たちのご協力を頂きましたが、特にダルマレストランのシズカさん、そして玉城さん、ホント、お世話になりました!


    IMG_1368


    ビギンさんたちの撮影から1週間が経ちました。
    あの時から始まった、ブッシュファイアーがまだ続いており、
    シドニーは(特に西部ブルーマウンテンのほう)大変な状況になっています。

    そんなおり、友人のブログを見ていたら(友人の友人で面識はないのですが)、このビギンの撮影時、沖縄県人会のボランティアーで現場に参加していたとか。

    こちらミポリンさんのブログ。。。

    写真もあったので、「あっあの子だ」とわかった次第。

    ただすごいですね。
    たまたま協力していただいた県人会の方々のために、ビギンがアドリブで2曲ほど歌ってくれたのですがそのシーンをしっかり(ちゃっかり?)撮ってYouTUBEにアップしてくれてました。
    それがこれ。



    しかし、いいですね。
    この映像もいいけど、沖縄の人たち。ビギンの方も制作プロダクションの方もみんなおおらか。本来こういった現場は写真とか、色々とうるさいことが多いのですが、撮り(撮られ)放題でした・・笑

    沖縄の人気ミュージシャン”BEGIN”がシドニーにやってきました。
    沖縄のオリオンビールCF撮影のため。

    IMG_1345


    IMG_1291


    すべては順調に行き、撮影も無事終了、、、
    と言いたいところですが、撮影当日(先週の木曜日)のシドニーは何と記録的な猛暑(37度あったかな?)、しかも相当風が強かった。
    午前中こそなんとか撮影できたのですが、午後は、曇がでてきて。
    それも、、あれ?、、ずいぶん赤いぞ、太陽も赤いし、、、

    IMG_1297

    IMG_1296


    何とシドニー周辺のあっちこっちで、ブッシュファイアーが発生し、これは雲というより、煙だったのです。そのため急遽撮影は中止。そしてその分は翌日に。
    しかしこれがある意味、嬉しい方向に、、、。

    翌日はシドニーの沖縄県人会の方達に協力いただき、彼らの撮影。

    IMG_1315


    しかしこの現場に前日撮りきれなかったため、BEGINも急遽参戦(笑)。
    合同での撮影も。。

    IMG_1345


    IMG_1361


    そして、最後には、集まっていただいた皆さんに感謝の気持ちで、
    なんと、2曲ほど、BEGINの方達がその場でライブを披露してくれた。
    これには沖縄県人会の皆様がたも、びっくり、そしてうっとり。

    IMG_1365


    そして夜は、チャイナタウンのダルマ(日本レストラン)に場所を移し、ここでコンサート。
    その盛り上がりたりや、すごいものでした。

    しかし、BEGINの皆さん、、ホント、見た目は普通の方たち(失礼)。
    しかし彼らの歌はホントに、ホットして聞ける。
    沖縄、、、いいなあ。。

    BEGINの皆さん、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。
    そして、地元撮影スタッフ、キャプテンクックのアキさん、
    ダルマの静香さん、玉城さん、沖縄県人会の皆様方、、
    本当にお疲れさまでした。


    なお、このCFは年明け(2014年)そうそうに流れるようです。
    どうぞお楽しみに!

    ↓これは現在YOUTUBEで見られるものです

    このページのトップヘ