オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 撮影こぼれ話


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.55 ローンボールは愉しい!

    オーストラリアに来てかれこれ20年。ことオーストラリアカルチャーに関しては非常に興味を持てる分野と、そうでもない分野がはっきりしてきます。スポーツもその一つ。

    クリケットはその典型。野球のルーツと言われるもの。しかしやってみれば面白いんでしょうが、とにかく試合の時間が長い。ピッチャーの球はワンバウンドだし、攻撃範囲は360度だし、全くわからないし、面白くない。過去何度か取材があり、一夜漬けでそのルールなどを勉強して臨んでも、いざプロジェクトが終わると一瞬で忘れている(これ、あくまで僕の個人的な意見です。クリケットファンの方ごめんなさい。決して悪気はありません)

    さてもう一つ、ローンボールがある。そう、年配者がきれいなユニフォームを着て芝の上でボールを転がしている、あれだ。これまた個人的には全く興味が持てない(…かった)。まだそんな歳じゃないし(いや、今はもう十分そういう歳になってしまいましたが・・汗)。

    IMG_2357


    そんなおり、皮肉にもローンボールの取材依頼が。急いでK女史に連絡(困った時には何でも助けてくれる頼もしい相棒です)、取材対象を探すことに。そしたら彼女の知り合いに、何と日系人の「若者」がいると。ケンタ・トリーチャー君、まだ22歳、シドニー大学の学生だとか。しかも、すでに色々な大会でも大活躍していると。それも凄いが、僕にはこのスポーツは確か老人向けだったんじゃないの?と少々混乱したのを覚えています。でもそれだけに若者が活躍しているなんて何とも目新しいし、頼もしい。

    で、早速ロケ。当日は運良く快晴。ちょうど彼の所属しているチームが試合をするという。色々とルールを聞きながら、まずは練習の様子を撮ることに。これが何とも優雅(?)みんな半分ビールを飲みながらやっているし、中にはタバコをふかしながらのツワモノも。でも、表情はいたってまじめ。そして試合がスタートし、あとはカメラマンさんに撮ってもらうだけ。僕はというと地元クラブの長老にルールを教えてもらいながら、のんびりビールを呑みながら観戦。でも徐々に興奮してくる。

    ここで数年前のことを思い出したのです。場所はお隣ニュージーランド、カーリングの世界大会。当時日本の女子チームがかなり注目されていて、そのロケに同行することに。正直なところ、それまでこの競技になんの興味も持てなかったのですが、取材を進め試合を観戦していると、これがなんとも面白い。体力もさることながら、頭脳の限りを使って戦略、戦術を考え尽くす、そんなスポーツ。「氷上のチェス」と言う意味もよくわかりました!

    今回のローンボールもまたそんな感じ。何とも見事な知的スポーツなんですよね。
    しかも、ケンタ君を見ていると何とも清々しい。聞く所によると、こういった若者もどんどん増えているとか。自分もそろそろ始めてみようかな。好きなゴルフとの共通点もありそうな気がするし。いや、なによりコートは社交場(酒を呑めるところ)とセットでもあるし。

    このスポーツは、クリケット同様、英国連邦内で始まったスポーツなので、日本ではまだ誰も知らないだろう。でもこれ日本でも流行ってほしいですね。その時にはケンタ君に親善大使になってもらって活躍してもらおう…ね。

    IMG_2373


    昨年末のメルボルンロケ。
    現地で活躍中の人気バスカー、ジョージカミカワさんを追っかけるロケでした。
    (こんな記事で以前紹介させていただきました

    その後僕の怠慢で、フォローアップを忘れていたのですが、日本の「グッと地球便」という番組で紹介されました。

    その番組が下記でご覧になれます。



    ストリートパーフォーマー志望とか、
    現在ワーキングホリデーで訪豪してみたいとか、そんな方達に是非お勧めです。
    (事実カミカワさんも、もともとはワーキングホリデーからスタートしています)

    また、カミカワさんの基本情報はこちらからどうぞ!

    george




    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Vol.54 宮崎駿ワールドin オーストラリア

    多くの方がご存知かもしれませんが、スタジオジブリ制作によるアニメはいつもすごい人気。そしてその作品のヒントになったと言われるところが世界のあちこちにあるんだとか。そう、オーストラリアにも多くの作品のヒントになった場所があると言われています。
    ざっと挙げても、となりのトトロ、魔女の宅急便,紅の豚、もののけ姫、風の谷のナウシカなどなど。
    ちなみに、それらの場所が本当にヒントになったかどうか、ジブリ側は、肯定も否定もしていないでそうです。賢い対応かもしれませんね。

    さて、そうは言ってもさすがに人気アニメ、その効果はけっこう大きいようです。旅行者も「その場所を是非見たい」ために行く方も多いとか。
    個人的にも過去何回かそういった旅行者に遭遇しました。 例えばタスマニアの田舎町。あの魔女の宅急便のパン屋さんのモデルになったところがあると聞き、取材に行きました。そうしたら撮影中でもやたら日本人が多く来る(すごく辺鄙なところなのですが)。またなんでもジブリアニメが中国でも大人気になっているらしく最近は中国人も多いとか。確かにそれらしい古めかしいパン屋だし、2階にはキキが泊まっていた屋根裏部屋もありました。

    また以前西オーストラリア州のこれまたとんでもない辺鄙なところ「Derby」という街に行った時のこと。この近くに奇妙な形をした「バオバブの木」というのがあります。実はこれ、別名「トトロの木」とも言われ日本のワーホリ君たちに人気。
    確かにその珍妙な形がトトロの体型と酷似している(笑)。ここで撮影していた時も驚いたのは、若い日本人3人組に遭遇したこと。撮影中の某タレントさんもびっくり。興味津々で「なんでこんな所にきたの?」と聞いたら「もちろん、トトロの木を見に来たんです」。この木を見るだけのためにこんな辺鄙な所まで来るとは、さすがジブリ効果。

    さて、つい先月訪れたのはケアンズ。これまで行きたくとも縁がなく行けなかった「パロネラパーク」がメイン。ケアンズから南に車で90分。実は
    昔数年ケアンズに住んでいたときはここの存在は、現地日本人の誰も知らなかった。ここが有名になり始めたのは10年ぐらい前からだろうか。そう、ここは「天空の城ラピュタ」のお城のモデルになったところと言われているのです。ケアンズの友人がよくここへのツアーの案内をしているとかで、いろいろ説明してくれたのですが、ここにお城ができたその経緯も面白い。今や日本人スタッフが2名常勤しているし、日本人観光客も毎日のように訪れるとか。改めてジブリの威力に驚きました。

    誰か宮崎ワールドを巡るスペシャルツアーでも企画したら売れるんじゃないだろうか?もっとも、そのヒントになっている場所は、でかいオーストラリアのあちこちに散らばっているのでかなり体力とお金が必要になってしまうんだろうけどね。

    ↓パロネラパーク

    IMG_2245
    IMG_2250
    IMG_2253


    ↓カタジュタ(風の谷のナウシカ?)

    IMG_2207


    前回に続き、宮崎駿ワールド@オーストラリアの第2弾。

    場所は、ケアンズの南にある「パロネラパーク」。

    1990年代の初期、しばしケアンズに住んでいたのですがこの場所、聞いたこともなかった。
    しかしここのところ、あの「天空の城ラピュタ」のお城のモデルとされたのがここだと聞いて、一度行ってみたいと思っていたのですが、なかなか夢が叶わず、やっと先月行けるチャンスに恵まれたのです。

    行ってみてびっくり。
    確かに、古いけど、すばらしいお城(というより城跡、、、)

    ここの詳細はこちらに詳しいです。ご覧ください。

    ケアンズから南に車で約90分。
    決して近くはないのですが、田舎道のドライブものどかで楽しい。

    僕たちがロケで行った時は雨でしたが、これはこれでなかなか風情がありました。
    あと、ここにある滝がこれまたすごい水量。
    惜しむらくは時間があれば、夜までいて、ライトアップをしたお城を見てみたかった。

    現地には日本人スタッフが常時2名いるとかで、日本人旅行者にとってもかなりの人気のスポットになっているようです。是非一度お越しあれ!

    IMG_2245
    IMG_2253
    IMG_2250
    IMG_2270
    IMG_2269
    IMG_2262
    IMG_2271






    宮崎駿ワールドがオーストラリアにいくつかあります。
    そしてこれを目当てに旅行する方も多いようで。
    (なおこれらすべて噂になっている場所は、実際にホントにモデルとなったところかどうか、宮崎氏の回答はイエスでもノーでもないようです。まあ、夢を壊したくない・・と言ったことでのコメントかもしれませんね)

    先日のロケで、たまたまそのうちの2カ所に行ってきました。
    それを簡単にご紹介。

    IMG_2192


    まずはその1。「風の谷のナウシカ」

    オーストラリアのど真ん中、地球のへそとも言われるウルル(英語名はエアーズロック)。ここはあまりにも有名ですが、ここからわずか50キロほど行ったところにあるのがカタジュタ(英語名:マウントオルガ)。現地アボリジニ語で「たくさんの頭」という意味だそう。
    そしてここの一角にある谷間が、「Valley of the winds」、まさに「風の谷」なのです。

    たまたま、一緒に行ったカメラマンが宮崎ワールドが大好きだとかで、ここについた時の第一印象。
    「ホント、そのままじゃん」(笑)
    しかし、ウルル同様、ここの周辺には全く何もない。360度、赤茶けた砂漠が拡がっているのみ。

    そしてここ、日中は温度がぐんぐん上がるため、11時までに回るのがお勧めだとか。
    (37度になると自動的にクローズになります)

    ウルルに行く機会があれば、是非この隣のカタジュタにも行くことをお勧めします。

    なお宮崎ワールド@オーストラリアをもっと知りたい方、平野美紀さんの記事がお勧めです。
    ここからどうぞ。

    ↓これはウルル

    IMG_2147


    ↓そしてここからがカタジュタ

    IMG_2187
    IMG_2221
    IMG_2212
    IMG_2207

    なお次回は、「天空の城ラピュタ」のヒントになったとされる場所をご紹介。


    このページのトップヘ