オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 「Who's who」Members

    アメリカ、ヨーロッパに続き、ここ豪州でも日本酒が非常に人気になりつつあるようです。
    個人的にも、最近レストランに行っても、置いている日本酒の種類がとても多くなっているのを実感。
    また、日系レストランのみならず、地元の非常にトレンディー(死語?)な、レストランも大人気のようです。(例えば、このレポートにでてくるようなTOKOといったレストラン)

    TBSシドニー通信員、飯島氏のレポートです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    豪で高まる日本酒人気、輸出額 5年で2倍超に




     世界的な日本食人気を背景に去年、日本酒の輸出額が過去最高になりました。そしていま、アメリカなどに代わる成長市場として最も注目されているのがオーストラリアです。

     メルボルンで開かれた秋田県の日本酒PRイベント。会場には予定を大幅に上回る120人が集まり、秋田名産の純米吟醸酒などが振る舞われました。

     世界的な日本食ブームが追い風となり、去年、日本酒の輸出額は初めて100億円を突破。アメリカや香港、韓国などにはまだ及ばないものの、オーストラリアへの輸出額はここ5年で2.2倍に急増しているのです。

     こちらはシドニー市内でいま話題のレストランバー。連日お客さんでいっぱいです。その人気の秘密は、何と日本酒が40種類以上も楽しめること。

     「訪れる常連客の50%が日本酒を飲んでいきますよ」(日本食レストランバー「TOKO」 ポール・バートウィスルさん)

     「こちらはシドニー郊外にあるリカーショップです。こちらのお店には、常時20種類ほどの日本酒が置いてあるといいます」(記者)

     高まる人気を受けて一般の販売店まで日本酒コーナーを設置し始めているのです。

     急速に広がる日本酒ブーム。オーストラリアが成長市場として期待されるもう1つの理由があります。

     「オーストラリア人は日本人に比べてビールは2倍ワインは10倍消費しますので、一人当たりのアルコール消費量が高いのも日本酒がまだこれから入ってくる見込みの要因の一つ」(ジェトロシドニー事務所 川崎美奈子さん)

     さらに先月、日本とオーストラリアはEPA=経済連携協定に調印。日本酒にかけられる関税はもともとゼロですが、今後はより幅広いタイプの日本酒が流通すると予想されています。

     「吟醸と大吟醸の違いとか、どういう場でどういう食べ物に合わせるかとか、基本的なところが分かれば、もっともっとオーストラリアのワイン好きな方が日本酒を飲むようになると思います」(日本酒専門輸入会社デジャヴ酒カンパニー 落合雪乃 代表)

     関係者は、地元のワインが占めてきたオーストラリアの食卓になんとか日本酒を仲間入りさせたいと意気込んでいます。(17日08:55)

    (以上TBS Newsより)

    前回に続き、またまたTBS飯島通信員のレポート。

    日本もオーストラリアも、世界的な長寿国。
    このままでは年金も持たない。

    そしてオーストラリアが一足早く(?)この決断です。
    このニュースのインタビューをみても、年配の方は基本賛成、
    そして若者は基本反対。
    世代間での、争いのようにもみえる。

    日本も、近い将来同様の選択が迫られることになると思いますが、
    ううん、考えさせられます。




    シドニー在住の日本人カメラマン、島崎誉主也氏。
    (彼の詳細はこちらをどうぞ)

    仕事でご一緒することも多いのですが、彼もオーストラリアにはすでに20年以上滞在。
    基本、日本の各種番組に現地カメラマンとして協力、参加することが多いのですが、最近は芸風(?)も少々変わりつつあるようで。。。(笑)

    ローカルマーケットへの浸透をめざしてか、こういったショートフィルムも積極的に制作している。
    なかなか、ユニークな、、そして映像もきれいな作品。どうぞご覧ください。




    また、同様のショートフィルムで、彼が以前撮った作品がこちら。
    ユーモアのあるこの作品が、個人的には大好きです!
    (タイトルも、ズバリ、Who am I )




    (島崎氏のFacebookはこちらです)



    おう、、、あの内田真弓さんだ。
    多分日本人の中では、一番アボリジニーの世界を実体験で知り尽くしている人。
    (詳しくはこんなところで紹介させてもらってます)

    お時間のある方は是非足を運ばれたらいかがでしょう!

    オーストラリア専門の旅行会社「オズ・プロジェクト」代表、岡田さんのブログよりご紹介。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    アボリジニアート展のお知らせ

    内田真弓さんが代表のアート・スペース・ラウンド・オブ・ドリーム主催のアボリジニアート展が今年も代々木上原のギャラリー上原で開催されます。内田さんが選んだ素晴らしい作品が販売されます。アボリジニアートに興味のある方は、ぜひお出かけください!!!

    開催期間:11月3日(土)~11月25日(日)  12:00-19:00

    場所:ギャラリー上原  渋谷区上原1-21-11  ☎03-3467-3932

    千代田線、小田急線の代々木上原駅 南口1、南口2より徒歩3分

    uchidamayumi



    11月3日(土)の17:00-20:00 オープニングパーティーです。私も参加しますので、会場でお会いしましょう!!誰でも参加可能です。

    (本人のブログより直接読む)

    ACTUS Who's whoでも紹介させて頂いている、アウトドアーのプロ、黒沢さんのブログからの紹介.
    このライダーの方凄いです。
    Left side storyという意味も、改めてよくわかります。必見です!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    半身のバイクレーサー アラン ケンプスター

    日本ではスポーツ界ではF1の小林可夢偉さん、テニスの錦織圭さんが活躍し、学術界では山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞して日本人にたくさんの元気を与えているようですね。

    さて、オーストラリアには半身のバイクレーサーがいます。
    この人の活躍はオーストラリアの中でもそんなに目立っているわけではありませんが、全ての人に勇気と希望を与えてくれます。

    彼の名はアラン ケンプスター。障害を持つ人すべてに夢と希望を与えたい。
    彼の目指すところは以前にブログで紹介したろう者の冒険家、大窪康之さんや、障害者支援をしている片山右京さんと同じです。

    皆様、この映像を是非ご覧ください。





    彼のバイクのゼッケンの1/2 (2分の1)はオーストとラリア人らしい彼のユーモアがたっぷりです。

    なおこの映像の制作者は、私の友人達で元鈴鹿8耐久レーサーで世界5大陸をバイクで走破した 山田達也(やまだ たつや)さんとシドニーのバイクツーリングクラブの仲間でプロの映像カメラマンの谷田徹(たにだ とおる)さんです。

    2人とも彼のレースを見て感動し、自分たちの時間とお金を使ってこの映像を作りました。今後スポンサーを募り、ドキュメント映画を作りたいと言っています。

    この映像は一人でも多くの方に見てもらうことが目的で作ったので、これをご覧の皆さまがもし感動してくださればお友達など少しでも多くの形見見せて頂ければ、製作者の友人達も喜ぶと思いますし私もうれしいです。

    私は何もできませんが、こうして少しでも元気と勇気を与える人や力を繋げていければと思っています。

    (黒沢さんのブログから直接読む)


    このページのトップヘ