オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 本日も撮影日和(MACの連載コラム)

    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.50 沖縄からビギンがやってきた!



    IMG_1297


    相変わらず酒好きな僕は 日系のレストランや居酒屋で飲むことが多いのですが、そこでの最初の一杯は何と言っても生ビール。で、ここのところよく目にするのが「オリオンビール」。飲んでみると喉越しがいいと言うか、とっても飲みやすい。

    そんな折、突然オリオンビールがTVコマーシャルの撮影で シドニーに来たいと。なんでも、オペラハウスやハーバーブリッジをバックに人気ミュージシャン、ビギンにオリオンビールのコマーシャルソングをかっこ良く歌わせたいと。

    いいんですけどね。でも、なぜか僕のなかでは一寸した胸騒ぎが。
    そこからが大変。早速丁寧に(!!!)返事をしたのはいいのですが、なしのつぶて。ああこの話はもうないかなと思った頃、突然「来週ロケハンにお伺いしてもいいですか?」と。「えっ、まあいいけど」ちくちくと嫌みなどを交えて返答をしたところ、単純に「ありがとうございます」。こちらの嫌みなどは完全にスルーされていました…。

    そこからロケハンがあり、その後3週間をおいて本番。しかしその間もこちらばっかり勝手に焦って、日本(言い忘れましたがこのプロダクションは沖縄ベースの会社です)にがんがんメールしても、返事が異常に「遅〜〜〜い」。でも悪びれたところもなく電話で話しても、いたってそして妙に明るい。焦っているのはこっちだけ(のよう)で全く損している気分。その頃相談がてら、僕の元同僚のH女史と話しましたが、彼女も似たような沖縄プロジェクトがあり、全く同じ経験をしていると。少々ほっとしたことをおぼえています。

    しかし無事に撮影が終わってみると大変ではあったのですが何かすべて楽しい思い出に一変。そこで思いました。彼ら、みんな純粋でいい人だと。仕事のやり方ペースは、まあオージーと似ているかな(どっちにも失礼??)。でもこちらの心配はよそに、何となくうまくいってしまうんですよね。沖縄人のおっとりさにはホント、感心しました。
    (そういえば、元同僚で某日系誌で今も連載しているおーちゃん。彼女は数年前に日本に戻り某国営テレビ局で働いていたのに、なぜか突然「沖縄に住みたい」とか言って移住しちゃいました。変なやつと思っていたけど今なら何となく分かる気もします。)

    そして、そう、ビギンの方達。いやぁ最初にお会いした印象はみんな人の良さそうなおっさん(失礼!)にしか見えませんでしたが、数日ご一緒してよく分かりました。みんな大らかないい方達で、笑顔がとってもかっこいい。作り笑いじゃなく自然でね。そしていざお歌いになると、これが何とも味があるんです。“サンシン(三線)”の音色もいいし。沖縄、沖縄の歌…みんないいですね。今回シドニーの沖縄県人会の方の協力も頂いたのですが、沖縄の方たちの結束力の強さもよーく分かりました!

    もう一つ。このコマーシャルは来年の放映ということですが、僕はてっきり日本全国で、あるいは海外も含め放映すると思ったのですが何と沖縄だけとか。僕「どうして?」、監督「単に予算がないんです」と。でも、すでに沖縄の人はみんなこのビール知っているでしょう、そして大好きでしょう。しかしこのあたりも何とも沖縄らしい(笑)

    最後に一言。今回色々な方たちのご協力を頂きましたが、特にダルマレストランのシズカさん、そして玉城さん、ホント、お世話になりました!


    IMG_1368


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.49 「24時間テレビ」ってそんなにひどいの?

    またまた恒例の「24時間テレビ」があった。我が家の場合、何となく見てしまう。それも親より、むしろ子供たち(13歳)。もっともその動機は本来の番組の趣旨よりも、有名なタレントさんが一堂に集まるので、それ目当ての部分も大きい。 いわば、ミーハー的な見方。毎週「世界の果てまでイッテQ!」は必ず見ているし。

    それでも、色々と障害を持った子供たちやその家族が励ましあって強く生きていく…と言ったドキュメンタリーやドラマのときは、真剣に、少々涙目で見ている(かみさんの方はさらに涙が止まらずボロボロな顔をして見続けていましたが)。
    ただこの番組、最近はネットでの批判も多く、そしてそれをさらにマスメディアが紹介するという悪循環で、やれ偽善だ、演出過剰だ、タレントがなんであんな高いギャラをもらうんだ、とうるさい。
    そういわれながらもこの番組、すでに36年続いているんですよね。
    思いだしてみれば、僕自身、若いころはこのような批判と同じで、「こんな過剰演出のお涙頂戴番組は吐き気がする」そんな感じでした。評判だけ聞いて、わざわざ番組を見る気もしない。まあ、テレビ局も商売なんだから勝手にやっていたら、くらいの印象。そのうち消えてなくなるんじゃないの、とも思っていました。
    しかしなくならない(笑)

    でも、最近思うんです。こういう番組もあってもいいんじゃないかと。確かに過剰演出でしょう。チャリティー番組と言いながら、偽善っぽい部分もあるでしょう。社会的弱者をさらしものにしているという批判もあるでしょう。
    しかし、普通我々はこういった社会的弱者の方に接する機会も、彼らのことを考えてみることもほとんどないと思う。そういった部分に触れることが「必要」とは言わないけど、「貴重」な時間であると思う。もちろん万人がそうではないけど、少なくとも我が家では、この時間を楽しんでいる。
    少々批判があっても、それをひっくるめて番組を楽しんだらいいと思います。もちろん嫌な人は、見なければいいんですから。

    余談ですが、恒例のマラソンで、森三中の大島さんが頑張っていましたね。個人的に彼女は知りませんが、「イッテQ!」ロケに関わることが多いため、過去にも「素」のイモトさんや、出川さんや金子さんやらに現場でお会いしてみると、本当に皆さん真剣だし、「プロ」なんですよね。自分たちの立ち位置もわかっているし、いかに振る舞うか、いい意味で計算しながら真剣勝負でがんばっている。年齢に関係なく、僕は彼らたちから現場で学ぶことがとても多い。特に数年前にお会いしたイモトさんなんか、「自分は何の芸もないから真剣にやるしかない」といいながら本当にすごい体当たりの演技。頑張り屋さんだった(その後すぐブレークし、この24時間テレビのマラソンランナーにもなった)。今回の大島さんのがんばりも想像がつく。あんな短期間の異常なダイエットなんか、こんな大きなイベント(目標)がなければできないだろうし、だから逆に達成してしまうタレントさんとしての彼女の底力はやはり凄いと思います。
    まあ、こういった番組を「楽しめる」僕は歳をとったというのが真実でしょうが、でもすべてを楽しんじゃう方が、間違いなく精神衛生上いいに決まっている。人生楽しんじゃった者勝ち!じゃないでしょうか。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    (↓写真は昔いただいたイモトさんのサイン、今では子供たちのお宝)

    イメージ


    そういえば、昔個人ブログにも、イモトさんのことを少し書いたことがあります。
    こんな記事。2008年だったんだあ。光陰矢の如し!
    がんばれ! 珍獣ハンター イモトさん

    イモトさん

    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Vol.48 「5:2ダイエット」はいかが?

    肥満というのは、いくつになっても悲しいもの。
    先日、日本で10年ほど一緒に働いていたR氏(現在も日本在住のオージー)が1年ほどシドニーに戻ってくるということで、久しぶりに再会。
    もう還暦をすぎているが、なかなかのハンサムガイ。メンタルだけではなく、見てくれもかっこよい。
    しかし実は今回僕がびっくりしたのは、彼が凄くスマートになっていたこと。
    若いころは確かにスマートだったのですが、2年ほど前に日本で会った時は激太りしていた。(本人に聞いたところ身長こそ185センチほどあるが、2年前は105キロまでいってしまったらしい。そして現在はなんと80キロ)
    「どうしちゃったの?」と聞いたところ、1年ほどダイエットをしていてすこぶる調子がいいと。その名も、「5:2ダイエット」(これを開発したのはイギリス人のマイケル・モーズレー博士だそう。またなぜか日本ではまだあまり紹介されていない様です)。
    僕もここのところまたじわじわ太り始めヤバい状況になりつつあるので早速詳しいことを聞いてみた。すると基本は実に簡単。
    —1週間7日のうち、2日だけ食事を減らす。その他の日は今まで通りでよい。もちろん肉も良し、酒も良し。
    —この2日間はレンチャンでない限り何曜日でもいい(僕は現在火曜、木曜にしています)。そしてこの2日間だけはカロリーを減らした食事をとる。通常のおおよそ25%程度で、男性の場合600カロリー、女性の場合500カロリー程度。
    たったこれだけです。
    早速この博士を調べたら幸いなことに彼の出演しているイギリスBBC放送がYouTubeにアップされていた。約一時間の番組だが非常に良質なドキュメンタリー。博士のユニークなキャラ、そしてアプローチも非常に科学的。(友人のR氏もこの番組を見て即実行しようと決意したそうだ)
    そして僕の結果ですが、正直なところまだ1ヶ月なので何ともいえません。ただ確実に2キロは落ちました。しかしそれより大事なことは、ほとんど無理なく続けられていること。そしてしばしこの生活が続くと、普通に食べてよい日も意識しなくても、確実に食事量が減りつつあること(やはり胃が小さくなるようです)。1日600カロリーと言っても、日本食の場合はかなり量を食べても大丈夫なこと。今のところ個人的には、朝を抜き、昼は蕎麦中心、夜は野菜サラダをたっぷり、あと豆腐ステーキとか果物をとっています。
    まあ、途中経過ではありますが、非常にいい感じ。あと、補足ながらこの療法、ただ単にダイエットになるだけではなく、長生きにもつながる様ですよ。お金はかからない、苦しくない、長生きする、といいことづくし。
    興味のある方はネットで調べてみたらいいと思います。また、
    YouTubeで「5:2ダイエット」で検索すると、アメリカの番組が日本語の通訳付きで紹介されています(約7分)。これもお勧めです。
    そして最後に、僕のために黙々と面倒なダイエット食を週2日作ってくれているかみさんに感謝です!(時々ぶつぶつは言ってはいますが)


    追記:
    以下関連動画です、参考までに。

    ↓マイケル・モーズレイ博士へのインタビュー(英語)




    あとほぼ同じ内容で、アメリカでの制作、約7分の日本語通訳付きのビデオがあります。
    Youtube動画なのですが、なぜかここには貼付けられません。
    ご興味のある方はこちらからどうぞ!


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.47 ベストセラー作家、百田尚樹さん

    先月は仕事も一段落し、2週間ほど日本に帰国。そして後半はいつも通り東京に立ち寄ることに。ある晩、気持ちよく友人と呑み、ほろ酔い気分でホテルに戻ると、その途中大手の本屋さんにまだ人影があるのを発見。「うん?」時計を見るとすでに夜の9時半。店員さんに聞いてみると、夜11時まで開いているとのこと。レストランやコンビニなどは24時間オープンも多いし、すでに本屋さんも例外ではないのですね。働き蜂国家ジャパン!それはさておき。

    今やアマゾンで簡単に本が注文できるとはいえ、帰国したときの書店巡りはやはり楽しいもの。今どんな本が流行っているのか一目瞭然。そして今回も本屋さんを回ってみると、どこでも百田尚樹さんという方の本が平積みになっている。何でもすごいベストセラー作家だとか。
    少々へそ曲がりのぼくは、逆にあまりにも人気がありすぎる故に興味がわかず、そのときは遠目から眺めるだけでほとんどその本を手に取ることもなかった。

    しかしシドニーに戻ってから、いくつか日本のテレビ番組でこの百田氏を拝見し、そのあまりにもユニークな キャラクターに激しく興味を持ってしまいました。(極めつけは「情熱大陸」を見た時でした)
    百田氏、もともとテレビの業界に長く今でも放送作家をされているとか。僕も多少放送作家の方を存じ上げているのでそのこともあり興味が倍増。

    とりあえずよく行く近くの日系古本屋さんにいくと、ラッキーなことに2冊ほどあり即ゲット。
    そして彼の処女作「永遠のゼロ」を速攻で読むことに。これは戦争中の零戦パイロットのおはなし。個々の文章が短く簡潔。手に汗を握りながら読む、というのはまさにこのこと。そしてじわじわと終盤に。最後は涙なくして読めない。最終章の大どんでん返しもすごい!長編でしたが一気に読めました。余談ですが、途中から2年前に亡くなった僕の親父がダブってしまいどうにもならず。親父は特攻パイロットで、鹿児島まで行き、まもなく出征というところで終戦になり、命を落とすことなく帰郷できたのです(その時命を落としていたら僕は生まれていない)。

    永遠のゼロ写真


    情熱大陸の中のインタビューで、百田氏は「僕の文章は短い。放送作家を長くやっているので、この業界はとにかくリズムとテンポが良くないとダメ。いくらナレーションがよくても、リズムが悪いと全く受けつけない」と言っていました。他にも、「現実の世界を観れば毎日悲しい、ひどいニュースばかり流れている。そんなことは現実の世界だけで充分。僕の小説の世界は、もっとみんなに気持ちのいい感動や、勇気を与えられるようなものにしたかった」「本屋大賞を戴いたのは最高の賞。読者から支持を得ているということで、出版社主催の○○賞などよりもずっと嬉しい・笑」などの皮肉も。

    そんなところで鍛え上げられてきた文章、そして作品なのですね。扱っている題材もすごく多岐にわたっているのですが、 基本は読者を意識した徹底的なエンターテインメント。まさに脱帽、非常にお勧めです。
    ちなみに僕は現在2冊目の「モンスター」に挑戦中。不細工に生まれてしまった女性が高額のお金をかけ整形手術を行い、大変身をして劇的な人生を歩みだすという物語。もう手に汗が出始めています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    下記、参考情報です!




    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.46 K-POPパワーは凄いなあ

    本日は6月6日、今この原稿を書いています。昨日まで、ちょっと変わった現場にいました。
    今や世界的にもブレークしている韓国のK-POP。個人的にはあまり興味はないのですが、ある縁で男性4人組バンド“CNBLUE”のオーストラリア・ライブコンサートを追っかけるロケをお手伝いすることに(ドキュメンタリー映画製作のため)。

    そういえば一昨年、複数のK-POPミュージシャンによるコンサートがシドニーで初めて大々的に開かれた。僕の個人的な友人が(特に彼の奥さん)大好きとかで、実際にコンサートに行ったら、凄い熱気だったと興奮して伝えてくれましたっけ。(そもそもこのご夫婦、韓国ドラマからスタートしてはまってしまったらしい)

    今回のCNBLUE公演は、5月31日がメルボルン、そして翌6月1日がシドニー。
    しかしその前から少々過熱気味になっている現場を目撃することに。彼らのオーストラリア到着(空港)にあわせ、多くの追っかけファンが大集合。多くが高校生ぐらいの女の子たち。黄色い声援が耳に痛い!少々パニック状態。宿泊ホテルにもすでにたくさんの女の子たちが待っている(しかしこの情報どこで知ったんだろう?ファンの中での恐るべき情報網)ふうっ。

    そしてコンサート当日。メルボルンもシドニーも、約3000人収容の会場。夜7時半の開演にも関わらず、昼前から熱心なファンが続々とやって来た。そして開演時には満員に。僕が驚いたのは、ファン層が非常にひろかったこと。大半は在豪の韓国人ファンかと思っていたのですがとんでもない。インド、タイ、マレーシア、香港など、他の国のアジア人も多い。いや、地元の白人の子たちも一杯いた。よーく見ると、日本から来ている中年おばさんたちも多くいましたね。聞いてみるとアジアツアーから全部参加しているとか。普段どういう生活をされているんだろう(笑)

    いよいよライブがスタート。我々の主な仕事は、その前後にリハーサル風景やインタビューを撮るというもの。いざ本番に入ったらカメラマンが撮るだけで、僕は暇。せっかくなのでじっくり拝見することに(しかしスタッフ以外におっさんはいない)。

    すごい熱気とともにメンバー登場。そして本当に驚きました。みんなギターやドラムの演奏が本当にうまい。そして歌も、これまたものすごくうまい。さらに、決して英語がうまいわけではないのに、曲の合間合間に慣れない英語でうまくつないでいく(ちなみに第一声は“G’day Mate”)。対象はあくまで地元のオージーっ子。うまく「のせて」いくのです。彼らの実力に完全に脱帽!
    言っちゃあ悪いけど、日本の似たような(?)アイドルグループとはレベルが全然違う。体の鍛え方も違う。ううん、完全にプロでした。まだ20代ちょいなのにねえ。国ぐるみで「国策」として応援しているのもよくわかります。

    ところで、僕も仕事中は1週間ほぼ毎日、スタッフと一緒に昼、夜とも韓国料理でした。弁当だったり、おいしいブルゴギだったり。普段あまり食べないのですが、やっぱり基本は辛口。1週間食べ続けていたら、凄く元気になった気がしました。キムチパワー万歳!

    IMG_0933






    このページのトップヘ