オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 本日も撮影日和(MACの連載コラム)


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.55 ローンボールは愉しい!

    オーストラリアに来てかれこれ20年。ことオーストラリアカルチャーに関しては非常に興味を持てる分野と、そうでもない分野がはっきりしてきます。スポーツもその一つ。

    クリケットはその典型。野球のルーツと言われるもの。しかしやってみれば面白いんでしょうが、とにかく試合の時間が長い。ピッチャーの球はワンバウンドだし、攻撃範囲は360度だし、全くわからないし、面白くない。過去何度か取材があり、一夜漬けでそのルールなどを勉強して臨んでも、いざプロジェクトが終わると一瞬で忘れている(これ、あくまで僕の個人的な意見です。クリケットファンの方ごめんなさい。決して悪気はありません)

    さてもう一つ、ローンボールがある。そう、年配者がきれいなユニフォームを着て芝の上でボールを転がしている、あれだ。これまた個人的には全く興味が持てない(…かった)。まだそんな歳じゃないし(いや、今はもう十分そういう歳になってしまいましたが・・汗)。

    IMG_2357


    そんなおり、皮肉にもローンボールの取材依頼が。急いでK女史に連絡(困った時には何でも助けてくれる頼もしい相棒です)、取材対象を探すことに。そしたら彼女の知り合いに、何と日系人の「若者」がいると。ケンタ・トリーチャー君、まだ22歳、シドニー大学の学生だとか。しかも、すでに色々な大会でも大活躍していると。それも凄いが、僕にはこのスポーツは確か老人向けだったんじゃないの?と少々混乱したのを覚えています。でもそれだけに若者が活躍しているなんて何とも目新しいし、頼もしい。

    で、早速ロケ。当日は運良く快晴。ちょうど彼の所属しているチームが試合をするという。色々とルールを聞きながら、まずは練習の様子を撮ることに。これが何とも優雅(?)みんな半分ビールを飲みながらやっているし、中にはタバコをふかしながらのツワモノも。でも、表情はいたってまじめ。そして試合がスタートし、あとはカメラマンさんに撮ってもらうだけ。僕はというと地元クラブの長老にルールを教えてもらいながら、のんびりビールを呑みながら観戦。でも徐々に興奮してくる。

    ここで数年前のことを思い出したのです。場所はお隣ニュージーランド、カーリングの世界大会。当時日本の女子チームがかなり注目されていて、そのロケに同行することに。正直なところ、それまでこの競技になんの興味も持てなかったのですが、取材を進め試合を観戦していると、これがなんとも面白い。体力もさることながら、頭脳の限りを使って戦略、戦術を考え尽くす、そんなスポーツ。「氷上のチェス」と言う意味もよくわかりました!

    今回のローンボールもまたそんな感じ。何とも見事な知的スポーツなんですよね。
    しかも、ケンタ君を見ていると何とも清々しい。聞く所によると、こういった若者もどんどん増えているとか。自分もそろそろ始めてみようかな。好きなゴルフとの共通点もありそうな気がするし。いや、なによりコートは社交場(酒を呑めるところ)とセットでもあるし。

    このスポーツは、クリケット同様、英国連邦内で始まったスポーツなので、日本ではまだ誰も知らないだろう。でもこれ日本でも流行ってほしいですね。その時にはケンタ君に親善大使になってもらって活躍してもらおう…ね。

    IMG_2373


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Vol.54 宮崎駿ワールドin オーストラリア

    多くの方がご存知かもしれませんが、スタジオジブリ制作によるアニメはいつもすごい人気。そしてその作品のヒントになったと言われるところが世界のあちこちにあるんだとか。そう、オーストラリアにも多くの作品のヒントになった場所があると言われています。
    ざっと挙げても、となりのトトロ、魔女の宅急便,紅の豚、もののけ姫、風の谷のナウシカなどなど。
    ちなみに、それらの場所が本当にヒントになったかどうか、ジブリ側は、肯定も否定もしていないでそうです。賢い対応かもしれませんね。

    さて、そうは言ってもさすがに人気アニメ、その効果はけっこう大きいようです。旅行者も「その場所を是非見たい」ために行く方も多いとか。
    個人的にも過去何回かそういった旅行者に遭遇しました。 例えばタスマニアの田舎町。あの魔女の宅急便のパン屋さんのモデルになったところがあると聞き、取材に行きました。そうしたら撮影中でもやたら日本人が多く来る(すごく辺鄙なところなのですが)。またなんでもジブリアニメが中国でも大人気になっているらしく最近は中国人も多いとか。確かにそれらしい古めかしいパン屋だし、2階にはキキが泊まっていた屋根裏部屋もありました。

    また以前西オーストラリア州のこれまたとんでもない辺鄙なところ「Derby」という街に行った時のこと。この近くに奇妙な形をした「バオバブの木」というのがあります。実はこれ、別名「トトロの木」とも言われ日本のワーホリ君たちに人気。
    確かにその珍妙な形がトトロの体型と酷似している(笑)。ここで撮影していた時も驚いたのは、若い日本人3人組に遭遇したこと。撮影中の某タレントさんもびっくり。興味津々で「なんでこんな所にきたの?」と聞いたら「もちろん、トトロの木を見に来たんです」。この木を見るだけのためにこんな辺鄙な所まで来るとは、さすがジブリ効果。

    さて、つい先月訪れたのはケアンズ。これまで行きたくとも縁がなく行けなかった「パロネラパーク」がメイン。ケアンズから南に車で90分。実は
    昔数年ケアンズに住んでいたときはここの存在は、現地日本人の誰も知らなかった。ここが有名になり始めたのは10年ぐらい前からだろうか。そう、ここは「天空の城ラピュタ」のお城のモデルになったところと言われているのです。ケアンズの友人がよくここへのツアーの案内をしているとかで、いろいろ説明してくれたのですが、ここにお城ができたその経緯も面白い。今や日本人スタッフが2名常勤しているし、日本人観光客も毎日のように訪れるとか。改めてジブリの威力に驚きました。

    誰か宮崎ワールドを巡るスペシャルツアーでも企画したら売れるんじゃないだろうか?もっとも、そのヒントになっている場所は、でかいオーストラリアのあちこちに散らばっているのでかなり体力とお金が必要になってしまうんだろうけどね。

    ↓パロネラパーク

    IMG_2245
    IMG_2250
    IMG_2253


    ↓カタジュタ(風の谷のナウシカ?)

    IMG_2207



    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    VOL.53 オーストラリア北部の「雨期」を侮るなかれ


    2014 年は年明け早々、何と35 日という長期ロケ。場所は、北部のカカドウー(四国と同じ大きさだとか)。テーマは「トサカレンカク」( 英語名:JAKANA) という水鳥。蓮の上をすいすいと器用に動き回る。我々は、そんな愛くるしい鳥を「忍者バード」と呼んでいた。

    IMG_1812


    オーストラリア北部の約三分の一は亜熱帯。通常12 月から3 月が雨期と言われ、このシーズンの雨の量は半端じゃない。ただ今回はこの鳥が主役ではあるが「雨期」そのものもテーマの一つであるのでこの時期にロケを行うのは仕方がない。

    そして迎えた1 月10 日。日本からのスタッフが3 名、それに僕とケアンズから合流した動物学者のマーティンの計5 名がダーウィンに集合。機材が多いので(何と500キロ)4WD を2 台レンタルしてダーウィンから一路カカドウーへ。
    地元の人に聞いてみると、今年は予想外に雨が少ないということ。ある意味ラッキーだ。というのも、この辺りの道路は少し大雨が続くと、すぐ浸水してしまい、たちまち道路閉鎖になってしまう。

    ともあれ何とか200 キロ先の目的地、イエローウォーターに到着。ここはカカドウーのなかでも最大の湿地帯。そして野鳥の宝庫と言われ、人気の観光スポットだ。宿も1 軒だがすばらしいところがある。ここまで到着できただけでもとりあえずラッキー。そしてほぼ1 ヶ月近くをここで過ごすことに。

    早速地元のレンジャーオフィスに挨拶に行く。するとカカドウーの名物の一つ、ウビル(風光明媚な山、有名なロックアートも多い)の手前の道路が少しやばい。ロケをするなら早い方がいいとアドバイスを受け、翌日ロケを決行。そしたらなんとその翌々日には道路が完全に浸水、閉鎖になってしまった。まあ、ここまではラッキーだった(のちに振り返れば)。

    そしてメインの撮影が始まり約20日間が過ぎる。基本順調。ここでもう一つのメインであるヘリコプターでの空撮に挑むことに。この空港まではホテルから車で40 分。早朝出かけると何と途中の道路が大変なことに完全に浸水している。 必死で4WDモードに切り替えてなんとか脱出。その間100 メートルほどだっただろうか、しかし恐ろしく長く感じた。

    さて、現場に到着後ヘリには3 名が乗り込む。僕と音声さんはヘリを見送り2 台の4WD で帰路につくことに。そしたら何と、すでに道路が閉鎖になっていた! 結局我々2 名は近くの街で待機。メインの3 名は、ヘリでそのままホテルに戻ったのですが、実はこちらはもっと大変なことにホテルがなんと浸水し始めていた。

    これ以上水量が増えると、ワニが入り込む危険もあるということで、ついに緊急避難。これは完全に「想定外」。といっても隣街にいく道路も閉鎖。結局うちのスタッフ3 名は機材約500キロと一緒にセスナを2 機チャーターして飛んできた。いやあ、すごい状況でした。その後数日をこの街でつぶし、なんとか遠回りをしてダーウィンに戻ってきましたが、最後に車中カメラマンがつぶやいた一言が印象的だった。

    「我々が“ イってQ” 取材班だったら、この過酷なロケ、裏も全部見せておいしい番組になったのにね…」

    ちなみにこの番組はまじめなドキュメンタリー。こんな裏事情はいっさい流れません(悲)。
    しかし、極道風に言えば、

    「北部の雨期をなめたらあかんで!」

    皆さんも、そんな機会があったらお気をつけて!

    IMG_1839
    IMG_1849
    IMG_1861


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.52 オージーは働き者かな?

    ずいぶん遅くなって間延びしてしまったかもしれませんが、新年あけましておめでとうございます。
    いつの世も、新年自体は清々しい気分になれるものですが、しかし同時に年齢を重ねてくると寂しい気分にも。皆さまは年の始め、いかがお過ごしでしょうか?

    ところで、オーストラリア経済は依然絶好調にみえますが、資源バブルは終焉に向かいつつあるとの予測も。また自動車産業もフォード、ホールデンの相次ぐ撤退で、残るはTOYOTA一社のみ。そのトヨタもどうなるか分からない(撤退が決定しましたね)。確かに、高い人件費、潜在的な労使関係の問題、そして小さな国内マーケット。あまりいい材料はありません。

    僕なんかから見たら、この資源バブルで、過去20年、国民みんなが浮かれ、「適当にやっていても大丈夫」といった意識がしみ込んでしまったような気がする。そんななかで、我々日本人は、頑張っていても、この国ではホント、浮いてしまっていますよね。
    さて、そんな「オージー気質」(というものがあれば)ですが、本当にオージーはどこまでレイジーなんだろうか?

    IMG_1643


    そんなことを考えていたら、先月、あるロケでちょっと気持ちのいい経験をさせてもらいました。
    場所はケアンズ。ダイビング船に乗って、2泊3日のダイビングツアー(一般の方はその前2日間陸地、プール講習があり、計5日間)に同乗させてもらいました。
    スタッフは、クルーが3名(船長、スーパーバイザー、料理人)、ダイビングインストラクターが3名の計6名。一般のお客さん(ダイビングライセンス取得者)が約30名の大所帯。彼らは世界中から来ている。

    驚いたのは、このクルーの働きぶり。早朝ダイブから、ナイトダイブまで、朝は5時から終わるのは夜10時すぎ。その間ほとんど働きっ放し。料理人はベルギー出身の若い女性。プロではないが、毎日約40人分の食事3食と、おやつを作る。ダイビングは基本かなり初心者には危険なスポーツ(とくにナイトダイブ)。お客さんも、初日はかなり緊張している。クルーがプロだと思ったのは、講習時もいつもニコニコ、冗談をたくさんいいながら、盛り上げている。船内は終始笑いばかり。クルーに聞くと、「やはりダイビングは危険なスポーツ。それでお客さんも最初は非常に神経質なんだ。そんな彼らの気持ちを解きほぐすのも、我々の重要なミッション」。

    そういえば、あるアドベンチャーツアーに参加した時も、ガイドさんは本当に良く働いていた。運転だけではなく、バーベキューも作るし、テントも張る。また話術、お客さんを飽きさせないトピックス「ネタ」も豊富だ。
    僕のイメージでは(独断ですよ)、いまや一般のオフィススタッフやら、工場での労働者はかなり恵まれた環境で、その分レイジーな連中がとても多い気がする。しかし、こういったホスピタリティー業はみんな本当によく働いている。彼らは基本遊びの天才。そんな自分たちの得意な分野の延長で仕事をしているせいか、ホント、プロなんですね。日本のようにやたら丁寧な接客ではなく、いっけんお友達のよう。しかししっかりとプロ根性は見せている。

    あと、びっくりしたのは、この船のクルー6名、船長以外はヨーロッパやら、南アやらニュージーやらの多国籍軍団。平均年齢も20代後半。若々しく、色々な「なまり」英語が聞けてとても面白かった。さすがマルチカルチャーの国。この点だけは本当に感心しました。なかなか日本ではできない体験。ちなみに30名のお客さんのなかに日本人はゼロ。クルーもお客さんも多国籍(日本人には日本人専用のクルーズを用意することが多いようです、ちょっと残念)。

    IMG_1615
    IMG_1644
    IMG_1627





    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.51 日豪クレーム事情?

    IMG_1551


    今年も残すところもうわずかですね。皆さん、大変忙しい毎日をお過ごしのことかと思います。僕はと言うと、マスコミの「年末需要」からか、変に忙しい 。しかしクリスマスが近づくと、地元は俄然「もう仕事はしないよ」モード全開で、連中との交渉はホント大変ですね。まあ、毎度のことですが。

    さて、最近の僕が遭遇した小さな「クレーム事件」、皆さんどう思われます?
    先日の某ファッション撮影で場所はボタニックガーデン。地元の可愛い10代のモデルさんを前日オーディションで選びロケ当日。「すばらしいシドニーの景色を日の出と絡めて撮りたい」がカメラマンの要望。それでモデルの子には朝5時にホテルに来てもらい、メイクスタート。その後現場に到着したのが6時半。皆さんすでにちょっと小腹がすいている様子。それで僕はドライバーさんと相談して、近くのガソリンスタンド隣のコンビニで簡単な飲み物と、ブレッド(バナナやチョコレート味)、マフィンを人数分調達、そして撮影現場に戻ることに。撮影が一段落した後にあったかいコーヒーとで適当に皆さんに一息ついてもらう(つもりだった)。

    そしてのんびりしようとした瞬間、メイクさんの一言。「いやだあ、このパン、かびがはえてるよ」全員が、「じぇじぇじぇ」(本当にそう言ったのです!)よく見ると、やっぱりくっきりとカビがはえている。
    賞味期限を見ると12月7日(ちなみにこの日は11月20日)。まだ十分大丈夫なはず。他のパンやマフィンを見ると、カビこそはえていないが、同じ賞味期限。

    IMG_1547


    全員「気持ち悪〜〜い」。
    「これはクレームものですよねえ」と僕。
    「日本なら、クレームどころか、訴訟になりかねないですよ」と、メイクさん。
    おっしゃるとおり。でも僕は内心冷めていた。ここはオーストラリアだ。何度こんなメにあってきただろう。こんなケースでも、お店側はたいした対応をしていないんだろうなあ。日本側スタッフも大人なのでそんなに文句は言わない。でも僕にとってはこういう場合、好奇心でお店側はどんな対応をするのか、その一点に興味があり、スタッフには一応「憤慨」しているフリをし、ドライバーさんと再度その店に行くことに。

    先程と同じおそらくインド系の店員さんに「ちょっとこれ見てよ、カビがはえてる」。「じゃあこの分リファンドするよ」悪びれたところもなく、SORRYもない。予想通りだ。
    「ちょっと他も見てよ。カビこそはえてないけど同じ賞味期限で、全部同じメーカーのものだよ。なんとかしてよ」
    「カビがはえている分しかリファンドできない、それがここのキソク(規則)」どんな規則だよ。「あんた本当にそれでいいと思っているの?じゃあ、あんたの名前を教えて。証拠写真も全部撮ったから、しかるべきところに訴えるよ」
    そしたら今度は逆ギレされた。「WE ARE NOT MAKING THIS !」。きたああ。僕「BUT YOU ARE SELLING THIS !」。

    結局渋々ながら全額リファンドを勝ち取りましたが、何とも後味の悪い結果に。しかし想像していたとはいえ、こんなのが普通なんでしょうね、この国の。
    最後に一部始終を見ていたドライバーのFさんが、「あのレジの下見てください、アリだらけですよ」それを店員に言うと、苦笑いのみ。それだけ?なんともいやはや。やっぱり話にならん!

    IMG_1541


    このページのトップヘ