オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 本日も撮影日和(MACの連載コラム)

    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.60 どうも皆様長いおつきあいありがとうございました!

    ふと気がついたら、この連載も60回。月1回ですから、すでに5年間。ものぐさな僕がよく続いたものです。これもJENTA編集部の方々の励まし、そして少なからぬ地元皆さんの「読んでいるよ!」コールのおかげです。

    これまで自分で経験した撮影裏話のようなものを書きなぐってきたわけですけど、この仕事もすでに20年以上。振り返れば、この仕事の「形」も時代とともに変わってきました。
    例えば1992年。新米コーディネーターとして旗揚げし、最初のでかい仕事。場所はケアンズ。某国営放送がハイビジョン(この時期がハイビジョンの初期)で「サンゴの産卵」と「ウミガメの産卵」を撮りたいと。船を1ヶ月チャーターしてグレートバリアリーフでロケ。この時驚いたのは、スタッフ(総勢10人)とは別便でハイビジョン機材を貨物で送ってきた。そしてその重量がなんと4トン!空港に引き取りにいったときは、さすがにひっくり返りそうでした(当時の普通の機材が200−300キロ)。その時からおつきあいのある超優秀なディレクターも「近藤さん、こんなに機材が大変だから、ハイビジョンなんか絶対流行らないよ」と自嘲気味に言っていたことを良く覚えています。それがいとも簡単にコンパクト化して今や普通に。いや時代はすでに4K、8Kとその先に向かっている。
    そんな機材の小型化もあり、テレビ番組のロケでさえ、ここ最近はスタッフ1名で来るケースも見られ始めました。ディレクターさんが、カメラもまわして、音もチェック。

    そういえば伝送業務も昔は「星送り」と言って大騒ぎ。裏で僕らは異常にハイテンションでやっていましたっけ。それが、今ではディレクターのコンピューターからワンクリック。呆れるほど簡単。
    我々の役割も様変わり。ベテランコーディネーターの強みの一つに、あっちこっちに行っているのでどこでも土地勘があるぞと。まあさりげなく自慢もしていましたが、今やカーナビの時代。初めての所でも、カーナビで一発。
    その分、以前だったら5−6人のクルーでやっていたのが2−3人。一人で二役や三役ができてしまう。しかし、ギャラは変わらず(嘆)。ううん、いいやら悪いやら。しかし恐ろしく時代の流れが速い事は紛れもない事実。

    先日も、iPadを新しく買って、頭を抱えながら「初期設定」をしていたのですが、中学生の息子がみかねて手伝ってくれた。しかしその早いこと。おじさんには「ゴッドハンド」としか思えなかった。年齢のわりには、まだコンピューターは充分こなせるぞ、と思っていたのだが、完全に脱帽。もうあきまへん。しかし息子よ、お前達は大変な地代に生きるわけだから、しっかりしなくちゃあかんよ!
    そんなことを言っている僕も、この先まだしばし撮影の仕事は続けますが、僕自身の新しいテーマは、人生2周目に入り、どうするかですねえ?

    体も心もすべてがいたんでくる。しかし全くいいことがないかというと、そうでもない。少々長く生きてきた分、心だけはもっと「軽く」していけるんじゃないかと。といっても、裏を返せば、すべてに「しゃあない」「適当でいいや」と、割り切ってあきらめることができるというだけかもしれませんがね。 うん。

    この原稿を書いているのが、本日10月13日。明日から1ヶ月ほどカカドウーに長期ロケに行ってきます。思えば、この第一弾が今年はじめで、同じカカドウーに1ヶ月。今年はカカドウーに始まり、カカドウーに終わる。これも何かの偶然、いや必然か。せっかくなので大自然の中で、今凝り始めている、そしてライフワークにもしていきたい「ヨガ」をじっくりとやってこようと。

    そんなことで(?)、区切りのいい60回でまずは一度コラムを終了させていただきます。これまでのご愛読本当にありがとうございました。これからは不定期、あるいはまた違ったテーマでお会いできるといいなとも、思っています。
    そしてそれまで、どうぞごきげんよう!

    ↓シドニーはいつも快晴、「本日も撮影日和」でした。

    IMG_3845


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Vol.59 ヘリでの空撮も、時代によって変化が!

    僕の仕事(撮影コーディネーター)でけっこう遭遇するのが「空撮」。ロケ地の雄大さや迫力映像を空からヘリや時にはセスナで撮影するもの。僕自身は撮影はしないが、カメラマンと一緒に乗り、横でカメラマンの意向を聞きながら適切な指示をパイロットにだしていくというもの。
    ところで、実はカメラマンも、我々コーディネーターもヘリが苦手という人が意外と多い。カメラマンの方で面白いのは、実は空撮は大変苦手でも、プロ意識と言うか、いざカメラを持ってレンズを覗くと、その間だけはなんとか頑張れてしまえるそう。立派な職業病か(笑)。また同業者のコーディネーターも、「頼むから空撮だけは勘弁」と言う方を何人も知っている。(余談ですが、こちらのパイロットの腕前は日本と比べても圧倒的に上だそう。なんでも過疎の豪州では、フライイングドクターとか、パイロット重要が高く、軍隊出身とか優秀な人材が集まっているそう)
    さて僕の場合。昔から不思議だったのが、高所恐怖症なのに、ヘリに乗ると妙な高揚感と言うか、とにかくはしゃぎたくなるくらい楽しい。したがって、仕事に空撮がはいると、いつも嬉しくなってしまう。で、先日日本に一時帰国したとき、やっとその訳が分かりました!
    帰省し年老いた母と雑談していたのですが、いつものように昔話に。そしてさらに僕たちの生まれた時の話に発展(僕は男ばかりの3人兄弟の長男)。なんでも僕を生んだときが一番大変だったとか。うちの母は家事と百姓をずっとしていた。予定日を過ぎても、なかなか僕はでてこなかったという。それがある日、いつものように家の近くで畑作業をしていたとき、いきなり隣の高校のグラウンド(のちに僕が学んだ学校ですが)にヘリが緊急不時着したとのこと。うちの畑はすぐ隣。これが大変な騒音だったようで、母はいきなり産気づき、そのまま近くの産婆さんに直行。で、速攻で僕は生まれたと。
    ううん、初耳でした。これが僕がヘリとの相性がいい理由なんだと、今では信じている(笑)
    ここで話は先月のロケに移ります。シドニーの郊外アッパー・ハンター・バレー。例のワインの有名なところ。しかしこの背後にはでかい山(国立公園)が拡がっている。ここで今年初頭、大規模なブッシュファイアーが起こった。
    そして今回の撮影のテーマは、そのブッシュファイアーとユーカリの木々との関係。
    実はユーカリは、この国で独自の進化を遂げ、ブッシュファイアーのあとも、すぐ新しい芽が出て、逞しく、しかも急速に成長していく。そんな自然を紹介するドキュメンタリー。四駆2台で山奥に入り撮影を続ける。そしてディレクターのひとこと「やはりこの雄大さを紹介するには空撮が必要だよな」。
    で、即段取り開始。実はすでにご存知の方も多いと思うのですが、今では、ミニチュアのヘリにカメラを搭載して、これをリモコンで操って撮る方法がかなり浸透し始めています。オペレーターの操作がうまければ、ユーカリ林のすぐ上を跳べるし、もっと言うと、多少のスペースがあれば、木々の間を跳ぶことさえもできる。

    IMG_2870


    そしてこれがかなりの迫力映像。もともとクレーンを使ったり、ヘリを使って撮影する手間を、このミニチュアのヘリ1機だけでできてしまう。
    僕もこの存在は知っていたが、これまで縁がなく、今回初めてその現場を見ることができた。地元シドニーの若いお兄ちゃん2名(オペレーター)がヘリを持ち込み、やってくれた。ホント、実にうまく操作する。そしてプレビューした映像もほとんどぶれもないし、迫力があるのである。今やハリウッド映画やらでは必需品(余談ですが、今回のカメラマンが数年前の連ドラ、あまちゃんのオープニングのシーンもこれで撮ったと言っていましたね)
    さて、こんなふうに技術がますます進歩して行くということは、僕がへりに乗れる機会もどんどん減るということだろうか。いや、でしょうね。間違いない。時代が変わっているとはいえ、なんだか寂しい!

    IMG_2878


    IMG_2876


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Vol.58 最近の「日本はスゴい」っていう過剰な風潮はどうなのよ?

     先月のこと。日本への一時帰国直前、ちょっと前に一緒に仕事をした某番組のディレクターから電話あり。あいさつもそこそこにいきなり、「ところで近藤さん、◯◯島に住んでいる日本人の◯◯さんって知ってます?」と。◯◯島は、オーストラリアの最北端(と言ってもいいと思う)にある小さな島。ほとんど誰も知らないところだ。ただ僕は10年以上前にたまたまあるロケで◯◯さんにはお会いしたことがあった。

     何の番組かは、すぐにピンときた。今流行(?)の「海外のこんな辺ぴなところでも、我ら日本人が頑張って生きている」といった、熱い日系人を紹介する情報番組だ。

     個人的にはこの番組、けっこう好き。本当にえっ、と驚くようなところに我ら同胞が、それはそれはいろんな経緯があって逞しく暮らしている姿を見ると思わず画面に向かって「すげえ!」と叫んでしまう。そしてあんまり好きな言葉じゃないが「感動」もする。(結局、僕のスケジュールが合わずこのロケには立ち会えなかった)。

     まあ、そんな電話があり、しかし僕はと言うと予定通り日本へ行くことに。今回は息子と一緒の3週間の滞在。そこでまたいろいろと日本の番組を堪能していたわけですが(まあ、正確には暇つぶし)。しかしどうなんだろう、最近のテレビの傾向は。妙に「日本食が海外でこんなに評判」「日本に来ている外国人が日本のサービスや食を堪能、絶賛」「海外で逞しく頑張っている日本人がいっぱい」と、これでもかと日本(人)大絶賛番組の嵐。

     確かに海外(シドニー)に住んでいると、最近の日本(人)のスゴさは実感として分かる。今更言うに及ばず、日本の食やサービスは本当にすばらしいし、外国人が絶賛するのも分かる。そしてやはり一日本人としては、この傾向はそれなりに嬉しい。でもねえ。しかし、しかしですよ・・・。もともと日本のメディアはちょっと前まで、必要以上に、自分たちの国や文化をけなしたり批判したりしていたはず(今ももちろん続いていますが)。それがここにきて(この2年ぐらいか)急にあちこちで「日本人バンザーイ」と言われてもねえ。なにか安倍政権ができて、メディアに裏でこういった番組を作るようにプレッシャーでも与えているんじゃないのかと、勘ぐりたくもなる。

     もちろん日本人がやたら卑屈になるような報道もいやですが、逆にこんなふうに、日本人がやたら世界から尊敬されているよといった報道も、何やらすごく違和感があるのです。
     僕だけかもしれないけど、なぜこんな感情になるんだろう。そんな折、友人と一杯飲む機会があり、この話題で盛り上がり、何となく自分なりにこの「むずがゆさ」みたいなものの原因が分かったような気がします。

     1つは、日本の諸々のサービス、技術は確かにすごいが、日本人はその報酬が追いついていない。正反対の我がオーストラリア(サービス、技術は「あれ?」でも、人件費は高い「労働者天国」)と比べると分かりやすい。穿(うが)った見方をすると、日本人の多くが、「お国にだまされている」ような構図にみえる。日本人が頑張って世界的に評価されても、国民がその対価を得ていないのではないでしょうか。
     もうひとつ。やっぱり日本は伝統的に、すべてが一過性なブームで終わることが多い。今はこれが一時的なブームとも言える。悪くはないブームだが、相変らずみんなそっちの方向にいってしまうのはいかがなものか(国民というより、それをあおるマスコミがメインでしょうが)。過去の戦争でも福島の原発でも、こういった傾向があだになったような気がしますけど。考え過ぎか。

     さて最後に明るいトピックス。シドニーのCBD(中心)に新しい巨大なモニュメント(高さ50メートル以上)ができるそう(予定は2017年頃)。名付けて「雲のアーチ」。しかもこのデザインは日本人の石上純也氏。現シドニー市長は、オペラハウスと並ぶシドニーのアイコンになるよう期待していると。またすごい日本人が絶賛される時がきそうですね。頑張れニッポン!うん?

    ↓下記、雲のアーチのイメージ映像。いい感じです。


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Vol.57 椎名誠さんの健康法?

     本日この原稿を書いているのは7月2日。たまたま日本に来ています。先日何気なく新聞のテレビ欄を見ていたら、僕の憧れのあの椎名誠さんの番組を発見。BSの2時間特番でアイスランドを訪れるとか。早速観ることに。

     椎名さんは「かつをぶしの時代なのだ」という本に出会って以来の大ファン。その後、縁あって、一度お会いしたこともある(これは僕の自慢)。もうかれこれ30年も前。当時、椎名さんは40歳ぐらい。 あるセミナーのゲストにお招きし、その打ち合わせをしていたのですが、真っ黒に日焼けしていて野性味抜群。性格は非常にシャイ(本人も人見知りが激しいと言っていました)。必要以上のことはしゃべらないのですが、ううん、これが実にかっこいい。わずか30分でしたが、感激でした。それ以来、彼の本もほとんど読んでいます。

     さて今回の番組、椎名さんもすでに70歳。僕の興味は彼が年月を経てどんなふうに変わっているのだろうかということ。しかしその野性味は健在でした。番組内で色々なところを訪れても、何と言うか、淡々とその時、その場所の印象を語っていました。「椎名節」健在なり。

     BSのせいもあり(ゆるい)ゆっくりゆったりとレポートされていたのもいい。表情ひとつひとつもよかったなあ。「絵」になるというかサマになるというか。ええい、とにかくすべてがかっこいいのです(息子がAKBを、娘が嵐を、カミさんが西島秀俊をわくわくして観ているのと同じ気持ちかも)。

     さて実は椎名さん、見た目の若さをキープしているのは、やはりそれなりのことをしているからなのです(番組内では何せ寒いところだったので拝見できなかったのですが、まだお腹もしっかり割れているようですよ)。やっぱりできる人は、黙々と隠れて密かにやっているのですねえ。椎名さんの言葉「男は1日1回床と勝負する」。

     高校以来、何と毎晩、スクワット、腕立て、そして腹筋を各々200回続けているそう。しかも、たとえビールをしこたま飲んで帰った後でもやっているとか。すでに長年続けているので、完全な「日課」。1日たりともやめるとむしろ気持ちが悪くなるそうだ。(たった15分で済むし)。まさに継続は力なり。
     僕も回数は、まだまだ少ないのですが、大好きな椎名さんを完全に真似しています。まあ、「オッサン版」のミーハーの心境ですね。

     さらに最近もう一つ椎名さんの真似を始めてみました。実は僕、大変な高血圧持ち。これで眼も悪くした。仕方なく、毎日薬は飲んではいますが、なにせ個人的に「クスリ」と称されるものは大嫌い。
     そうしたら何と椎名さんも、50代の頃高血圧でずいぶん悩んでいたそう。それがある日ふと雑誌かなにかで「タマネギ」が高血圧にいいらしいとあり、早速試してみた。とにかく、毎日タマネギを4分の1、食べ続けたと。しかも奥様にも頼んで、いろいろな料理方法でひたすらむしゃむしゃ食べたそう。

     これが、本人いわく「タマネギバリバリ健康法」。で、約3カ月でかなりの好結果がでてきて、ついに半年後には医師のお墨付きももらい、完全に薬は断ち切ったそうです。
     椎名さんが大好きな上に(くどい?)、常に高血圧に悩まされている身としては、これは試すしかない。そして現在実践中。1カ月たちましたが、ずいぶん安定してきているのです。これホント、いいかも。

     ただ現在は3週間ほど日本。しかもたまたま今回は僕と息子だけの2人旅。どうやって毎日タマネギを食べる工夫をしようかと少々悩んでいたのですが(基本ほとんど料理できないし)、そこはさすが日本!何でもあるのですね、この国には。なんと「タマネギスープ」を発見。淡路島産のとてもおいしいもの。作り方も超簡単。スプーンでこの粉末をにお湯に溶かして出来上がり。みそ汁代わりに簡単に飲める。
     ううん、とても便利でよいのではありますが、もっと自分で苦労して作ってみないと、何かもったいない。これじゃ、やっぱりいかんですよね、椎名さん!

    IMG_2666


    追記:もっと椎名さんのこと知りたい方、下記のサイトが参考になると思います。


    http://blog.goo.ne.jp/publicult/e/8aad594af6aba5995a2fcb4a567fface

    http://coopertown.exblog.jp/tags/椎名誠/


    (このコーナーは管理人MACがシドニーの日系新聞”ジェンタ”に連載しているコラムを紹介するものです。VOL.22以前のコラムにもご興味のある方はここ、電子版でご覧ください

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Vol.56 捕鯨問題で感じたこと!

     つい最近、日本の「報道ステーション」をこちらで観ていたら、例の捕鯨問題を改めて取り上げていた。ニュース自体は目新しくはないのですが、ここで、かなりユニークなオーストラリア人映像ジャーナリスト、サイモン・ワーンさん(57歳)のことを紹介していました。なんでも彼は数年前、米国「アニマル・プラネット」の仕事でこの捕鯨問題を追っかけていたとか。そしてこの番組は非常に高視聴率を獲得し、数々の賞も獲得したそうです。

     しかし取材を進めるうちに、彼自身、シー・シェパード側からの「一方的」な紹介の仕方にかなり疑問、矛盾を感じていたそう。そしてプロジェクト終了後もさらにその気持ちが強くなり、とうとう彼自身単独で再び日本へ渡り、独自に取材を開始。そうしているうちに日本に惹かれ、日本の鯨文化にも理解を示すようになり、現在はなんと和歌山県の鯨の町、太地に移り住むまでに至ったそうです。
     番組のなかで、彼は色々と語っていた。「鯨の問題は日本独自のもの。オージーがカンガルーを食べるのと、ある意味そんなに変わりない」「日本がすべて正しいとは思わないが、日本はもっと堂々と世界にその主張を発信すべき」。
     また米国の駐日ケネディ大使が、日本のイルカ漁を批判していた点にも触れ、「ケネディ大使にはぜひ現地太地町を訪問してほしい、そしてまずはご自身の目で見てほしい。そうすれば必ず現実がお分かりになるはず」などとコメント。
     ああ、頼もしや、頼もしや!

     僕らみたいに海のこっちから日本を見ていると、こういった問題が起こるたびに、歯がゆい思いをする。
     日本の「現実」が全く海外に届いていないと言ったらいいのか。特にシー・シェパードのような活動家が動くと、彼らの政治力、機動力の方が圧倒的に強く、またマスコミをも実にうまく使っている。
    (余談ですが、シー・シェパードがオーストラリアに立ち寄るたびに記者会見をする。彼らの宣伝だ。その際日本のマスコミも行かなくてもいいのに、ほぼ必ず行く。やはり日本の本社からの要請があるらしい。善悪は別にして「話題性」があるからだ。ホントは無視するのが一番いいのですがね)
     そんな背景もあり、いつもながらここオーストラリアでも、どれほどのオージーがこの現実を分かってくれているのか?非常に心もとない。政府レベルを含め、もっともっと日本から海外に強く発信してほしい。
    (これもまた余談ながら、原発とか、こういった話題が浮上し、こちらのマスコミ報道を観ていると、いつも大前研一さんあたりがコメントしている。彼はすばらしいし、個人的にとても尊敬する方ですが、ほとんどいつも彼だけというのは、これまた寂しい。海外メディアにしっかり対応できる知識人がいかに少ないか分かってしまう)

    「朝まで生テレビ」なんて番組もよく観ていましたが。いつもケンケンガクガク。でも日本のなか、日本人のなかだけの討論。なんか、日本の今を象徴しているなあと感じてしまい、とても虚しい。
     さてこの話題、最近の慰安婦像の問題にも繋がっています。シドニーでも論議になっていますよね。なるほど、韓国サイドからの政治力、主張は強烈。もっともっと日本人も、国内外で主張していかないと、我々としては肩身が狭くなる一方。自省も含め、なんとかしてくれないと、いや、しないと・・・ね!


    (↓サイモン・ワーン氏、こちらからお借りしました

    サイモンワーン

    このページのトップヘ