オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: MACのつぶやき

    本日は12月24日、クリスマスイブ。

    ここシドニーも本日は真夏日で、なんと33度。
    ビーチも混んでいることでしょう。

    明日、明後日は、クリスマス、そしてボクシングデーとこちらは完全祝日。
    言ってみれば、日本の正月3が日のようなものかもしれません。

    それでは、皆さん、楽しいクリスマスをお過ごしください.

    ↓先日もご紹介しましたが、地元のスーパーマーケットのクリスマスに向けてのコマーシャル.
     サンタがサーフィンに乗ってやってきます(この制作、大変だったろうなあ、いろんな意味で、、)



    santa




    こんにちは!
    オーストラリアの中でも、アウトバックと呼ばれる砂漠が大好きなMACです。

    こんなTOYOTAのコマーシャルを発見。
    クール!



    実は友人の日本人カメラマンが、カメラマンとしてではなく、エキストラとして出演しているのです。
    いいなあ、、、

    僕も近々、某映画のエキストラをすることになるかも、、、

    だから???

    本日の話はこれで終わりです(汗)


    (カメラマンおさむさんのブログから直接読む)



    管理人のMACです。
    公私を兼ね、2週間ほど日本に行ってきました。

    しかし相変わらず原発の話題でテレビは賑やかでしたね。
    友人たちと話していても、もうあの事故から、はや1年。
    みんな疲れちゃっているなあ。
    考えても、「危険と言ったて、じゃあこの場所を動けるのか?」となると皆さん本当に大変で動けるわけがない、と言ったスタンス。
    悪く言えば「思考停止」と言ってしまうんでしょうが、とてもとてもそんな風に言えない。
    「もうこの原発、放射能と生きていかなくてはいけない」と覚悟しちゃったように見えます。
    海のこちらから僕らが「海外メディアだとこんな風に紹介しているよ」といったところで、あまりにも非力。
    しかし、だからこそ、日本の政治家、マスコミに期待をせざるをえないんだけど、ホント、ニューリーダーたちよ、がんばってほしいものです。

    さて、話は変わり、今回東京に寄った際、初めてウイークリーマンションと言うところに泊まりました。赤坂にあったのですが、なかなか快適。料金も1泊7千円ほどで、部屋も広い(古いですが)。しかし、外人さんの若者がすごく多く泊まっていて、これには一瞬ビビった。夜中はロビーまわりでインターネットがただで使えるせいか、すごい数が集まっていたなあ。
    しかしびっくりしたのは、お昼時間の街の風景。レストラン街を歩いてみると、その多くのレストランの前に、「弁当」が並んでいる。弁当と言えば、ほっかほっか弁当かコンビ二の専売特許だと思っていましたが、いやはや、凄い競争。
    消費者にはいいですが、働いている人は本当に大変そう。
    この過当競争とデフレどこまでいくのでしょうかねえ、、

    IMG_0818

    (↑ やっぱり日本、ここは外せませんでした!)


    さてまたまた話は変わり、、、
    日本にいるうちは、おいしいものだらけの日本なので、いっさいファーストフードは食べまい、、と固く誓い(笑)これを実行。
    しかしシドニーに戻ってすぐ、何やらマックが懐かしくなり、ふと入ってしまいました。
    そこで僕の好きなクオーターパウンダーをオーダー。
    で、席に座り食べようと思ったところ、これがマックチキン!
    ふと取り替えてもらおうと思ったのですが、「いやチキンの方がビーフより体にいいかも、、」とまあ、勝手に考えなおし、結局そのまま食べてしまいました。
    いい加減なお店(MAC)、アバウトな僕(MAC)、、ああ、やっぱりここはオーストラリアだと実感した次第。

    おそまつでした。

    ただいま実家の愛知県に滞在中。

    この時期、シドニーとほとんど同じような陽気で、毎日気持ちがよいです!

    さて、日本を離れて長くなると、さすがにどんどん「浦島太郎」状態になっていく自分がわかる。
    もちろん歳も重ねてるので、その浦島度は掛ける2乗状態かな?



    昨日、伊良湖岬という風光明媚なところに行き、途中、地元の「道の駅」によってみると、
    どうもへんてこりんなワインが、、、
    (まあ、日本の皆さまに取ってはすでに常識かもしれませんが、、、)
    こんなもの。

    IMG_1775



    少し前、日本酒の研究を少々やっていたこともあり、アルコールには多少敏感。
    ワインと言えばぶどうのはずだったのですが(僕のなかでは、、、)

    しかしこんなの「飲めるの?」

    ということで早速2本買って持ち帰りました。
    (ちなみにお値段は1本1,000円)

    いやあ、驚き、なかなかおいしいのです。
    特に柿の方はよかったですね。
    みかんは、どうも、まあみかんジュースという感じ、、いまひとつでした。

    IMG_1760

    IMG_1758


    アルコール度はともに10%。
    結構強く、酒に弱いオバは2杯飲んだだけでほとんど酔いつぶれていました。

    しかし日本は本当になんでもありですね。
    というか、なんでも作っちゃう。
    その商魂、、逞しい。

    恐れ入りました!

    IMG_1769


    少し前の話になりますが、とあるロケがメルボルンで、、、。

    そのとき、地元の取材対象のオージーの方が、
    「せっかくメルボルンに来たんだったら、是非AFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ、通称:オージーボール)を見に行くべきだ」
    「メルボルン気質を知るにはこれが一番」
    とばかり、我々に有無を言わせず(笑)、わざわざチケットを手配してくれました。

    実は僕も20年オーストラリアに住んでいますが、AFL を生で見るのは初めて。
    というのも、この国のフットボール事情というのがひじょうに面白いのです。
    このAFLは、メルボルンが発祥の地で、南のアデレード、西のパースなど、偏った地域(?)で大人気。かたや僕の住んでるシドニーや、北のクイーンズランド州ではラグビー(といっても、2種類あるのですが)が大人気。

    このあたりの地域差が、本当に面白い。


    さてそして試合当日。ロケの合間にこっそりとみんなで観戦に!
    会場は、MCG(メルボルンクリケットグラウンド)。

    IMG_1662


    もともと1956年にオリンピックが開催された競技場だ。
    ここに集まったのはなんと8万5千人!凄い熱気だ!
    このAFLは、4月から開幕、まだシーズンが始まったばかり。
    そのためか、ゲーム開始からすぐに大興奮。
    ひいきチームがゴールを入れれば大歓声。逆に後手に回ると、エフ・ワードの連発。
    これには、日本から来ていた女性ディレクターも、眼が点になってうつむいていました(笑)。

    僕も細かいことはあまり知りませんが、以前に聞いたことがあるのが、この AFLは観衆側の立場に立って作られたスポーツということ。
    したがって、インターセプト(というんですか?)いわゆる中断がほとんどないので、選手は動きっぱなし。スクラムはない。パスとキックだけ。
    そして選手もかなり、喧嘩状態になる。そうなると、もう格闘技と見間違うほど。
    ゴールもガンガン入って、100点を超えるのも普通。

    さらに選手はみんなノースリーブだとか、グラウンドはクリケットのようにまーるいとか、日本人から見たらすべてがユニーク。

    いやはや、凄いものでした。
    スタッフ全員大満足で、
    「いいものを見せていただきました」

    翌日その便宜を図っていただいた地元のオージーの方に、厚くお礼。
    たまたま、大金持ちの方で、「昨日勝ったチームは僕が持っているんだよ!」と。

    一同、あまりのスケールの大きさに絶句でした!

    とにかく、スポーツは生で見るべしです!!!

    (↓下記写真はAFLのHPよりお借りしました)

    AFL1
    AFL2

    このページのトップヘ