オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: グルメ・ワイン

    アメリカ、ヨーロッパに続き、ここ豪州でも日本酒が非常に人気になりつつあるようです。
    個人的にも、最近レストランに行っても、置いている日本酒の種類がとても多くなっているのを実感。
    また、日系レストランのみならず、地元の非常にトレンディー(死語?)な、レストランも大人気のようです。(例えば、このレポートにでてくるようなTOKOといったレストラン)

    TBSシドニー通信員、飯島氏のレポートです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    豪で高まる日本酒人気、輸出額 5年で2倍超に




     世界的な日本食人気を背景に去年、日本酒の輸出額が過去最高になりました。そしていま、アメリカなどに代わる成長市場として最も注目されているのがオーストラリアです。

     メルボルンで開かれた秋田県の日本酒PRイベント。会場には予定を大幅に上回る120人が集まり、秋田名産の純米吟醸酒などが振る舞われました。

     世界的な日本食ブームが追い風となり、去年、日本酒の輸出額は初めて100億円を突破。アメリカや香港、韓国などにはまだ及ばないものの、オーストラリアへの輸出額はここ5年で2.2倍に急増しているのです。

     こちらはシドニー市内でいま話題のレストランバー。連日お客さんでいっぱいです。その人気の秘密は、何と日本酒が40種類以上も楽しめること。

     「訪れる常連客の50%が日本酒を飲んでいきますよ」(日本食レストランバー「TOKO」 ポール・バートウィスルさん)

     「こちらはシドニー郊外にあるリカーショップです。こちらのお店には、常時20種類ほどの日本酒が置いてあるといいます」(記者)

     高まる人気を受けて一般の販売店まで日本酒コーナーを設置し始めているのです。

     急速に広がる日本酒ブーム。オーストラリアが成長市場として期待されるもう1つの理由があります。

     「オーストラリア人は日本人に比べてビールは2倍ワインは10倍消費しますので、一人当たりのアルコール消費量が高いのも日本酒がまだこれから入ってくる見込みの要因の一つ」(ジェトロシドニー事務所 川崎美奈子さん)

     さらに先月、日本とオーストラリアはEPA=経済連携協定に調印。日本酒にかけられる関税はもともとゼロですが、今後はより幅広いタイプの日本酒が流通すると予想されています。

     「吟醸と大吟醸の違いとか、どういう場でどういう食べ物に合わせるかとか、基本的なところが分かれば、もっともっとオーストラリアのワイン好きな方が日本酒を飲むようになると思います」(日本酒専門輸入会社デジャヴ酒カンパニー 落合雪乃 代表)

     関係者は、地元のワインが占めてきたオーストラリアの食卓になんとか日本酒を仲間入りさせたいと意気込んでいます。(17日08:55)

    (以上TBS Newsより)


    TPPにはもちろん賛否両論あるわけですが、日豪間を考えると、このニュースにあるように、
    うまくいけば、おいしいオーストラリアのワインが日本でより安く購入でき、
    日本酒がより安くオーストラリアで購入できるようになりそう。

    この部分は大歓迎してもよいですね!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    日本酒・ワインの相互無関税、TPPで提案へ

    政府・与党は日米など12か国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)の関税交渉で、ワインの輸入関税を撤廃する検討に入った。

     その見返りに、ほかの参加国には日本酒への関税をなくすよう求める。政府・与党は、ワインの関税撤廃は消費者へのメリットも大きく、日本酒の輸出促進にもつながるとみている。

     日本は輸入ビールやウイスキーには関税をかけていないが、輸入ワインには価格の15%か、1リットル当たり125円のいずれかの関税をかけている。

     TPP交渉では、すべての貿易品目のうち関税をゼロにする品目の割合を示す「貿易自由化率」の目安を95%以上に置いている。政府・与党はコメ、麦など「重要5項目」(586品目)を守りながら、関税を撤廃できる品目の洗い出しを進めている。ワインは重要5項目に含まれないが、当初は関税を維持する方針だった。

     ワインの関税撤廃は豪州、ニュージーランドの要請に応じるもので、政府・与党は輸入ワインの増加で打撃を受ける国内の生産者に対する支援策を検討する。

     他国には日本酒の関税の撤廃を求めることで輸出増を目指す。日本政策投資銀行によると、2000年度に99・2万キロ・リットルだった日本酒(清酒)の国内消費は、10年度には58・9万キロ・リットルと約4割減った。若者の日本酒離れなどが原因で、酒造業界からは、日本酒の輸出を増やすため、TPP交渉で日本酒に対する関税撤廃を働きかけるよう求める声が高まっている。

     政府・与党は今回の提案は各国が受け入れやすく、実現の可能性は高いとみている。

    (Yomiuri Online より)


    TBSシドニー支局の飯島通信員のレポート。

    豪州産ワインの国際フォーラム、20か国が参加

    ↓こちらから見られます。



    オーストラリアワインは今や世界的にも有名。
    中でも一番の生産地は南オーストラリア州のバロッサバレー。

    このレポートの中で、
    「すしは今世界的にもポピュラーになっている」
    「日本人有名すし職人の監修のもと、地元大手ワインメーカーが、このすしにあう風味のワインを開発中。将来は日本に輸出するという」
    ということ。

    個人的に非常に興味あり。
    今度飯島さんに詳しいことを聞いてみよう!

    ↓バロッサバレー。

    barossa3

    barossa4


    (Barossa.comより借用)

    今朝の記事を見てびっくり。
    神出鬼没(?)大忙しのテツヤさんが、なんと韓国に行っていた!
    しかし、韓国料理の感想がなかなか面白かったです。

    以下、朝鮮日報の記事よりご紹介。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    アルバイトから世界的シェフへ、和久田哲也氏が来韓


     「料理を正式に習ったことも、シェフになりたいと思ったこともなかった」「シェフになったのも全くの偶然」?。そんな日本人男性が、今や世界最高のシェフの一人に挙げられている。オーストラリアで活躍する日本人シェフ、和久田哲也氏(53)だ。シドニーにある和久田氏のレストラン「Tetsuya’s」は、日刊紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』の2008年の「今年のレストラン」に選ばれた。英国の外食専門誌『レストラン』が、全世界の飲食専門家たちにアンケート調査を実施して選んだ「世界最高のレストラン50」には05、06、07年と連続でトップ5に入った。和久田氏は10月30日から11月3日まで開催される「ソウル・グルメ2012」に参加する予定だ。イベントに先立ち韓国料理の食材を把握するために来韓していた和久田氏に、先日会って話を聞いた。

     和久田氏は、静岡県浜松で生まれた。幼いころから「外国で暮らしたいという漠然とした夢」があった和久田氏は、オーストラリアを紹介するテレビのドキュメンタリー番組を偶然見てほれ込んだ。1982年、23歳のときに何の計画もなくオーストラリアに渡った。「1年ほど過ごし、英語でも学ぼうと思った」という。

     和久田氏はシドニーで間借りしていた家の家主に「英語学校を紹介してほしい」と頼んだ。家主はすぐに「車に乗れ」と言って、和久田氏をあるレストランに連れていった。「家主には『何のために金を払って英語を習うのか。レストランで働けば英語は当然上達するし、食事もできるし、金を稼ぐこともできる』と言われた。日本人に会うこともなく1日中仕事ばかりしていたら、英語がどんどん上達した」

     このレストランでのアルバイトが和久田氏の人生を変えた。それまで「料理どころかインスタントラーメンも作ったことがなかった」という和久田氏は、レストランの料理長から西洋料理の基本を習った。そして自分で料理を作ってみたところ、それが「意外にも」好評だった。「自分にかなり料理の実力があるということに気付いた」。和久田氏は、1989年に独立して「Tetsuya’s」をオープンし、いっそう料理にまい進した。

     「Tetsuya’s」の特徴は、決まったメニューがなく、その日の材料によって出される料理が変わる点だ。「私の料理が材料から出発したため」だという。「きょう一番いい材料が何なのかをまず見る。調理法はその材料によって変わる」

     和久田氏の代表料理は「マスのコンフィ」だ。「魚のステーキを単にフライパンやオーブンで焼けば、外側は火が通り過ぎてぱさぱさと硬く、中心部は温かいながらも火が通り過ぎずにしっとりと軟らかくて一番おいしい。だから『どうすれば魚の切り身全体を中心部のように仕上げることができるだろうか』と悩んだ。最適の料理法と温度、時間を見つけようと数百、数千回、実験した。そしてついに、魚を60度のオリーブオイルの中に入れて長時間置いておくと、身全体に火が通り、それでいて硬くならないことが分かった」

     このように料理したマスに、美しく刻んだ昆布を乗せる。メディアは「フランスの料理テクニックと日本の味が調和した独創的なフュージョン料理だ」と賞賛した。和久田氏は「何と評されようと関係ない。お客さまが喜んで私の料理を楽しんでくれさえすれば、それでいい」と話し、さらに「料理よりもサービスの方が重要」とも話した。「料理が平凡でもウエーターなどのサービスが素晴らしければ、お客さんはまたそのレストランを訪れる。しかし料理が素晴らしくてもサービスがひどければ、二度と来ることはない」

     和久田氏は韓国滞在中、ソウル・鷺梁津水産市場や可楽市場、ハナロマートなど伝統市場から大型スーパーマーケットまでくまなく回った。和久田氏は「水産市場でイカ、タコ、各種魚介類がいけすで動いている姿に感嘆した。「オーストラリアでは見ることができない光景。ソウル・グルメ2012のイベント期間中、私が作るディナーに(韓国の水産物を)さまざまな形で使用するつもり。もちろん、大好きなコチュジャン(韓国の唐辛子みそ)も」

     和久田氏は「韓国料理が好きで、1週間に1回以上は食べる」と話した。「特に牛の胃袋や腸はとてもおいしい。韓国を離れる前にホルモン料理のおいしい店に必ず行くつもり。残念な点を挙げるなら、韓国料理は調味料が強すぎるということ。素材の味を隠してしまう」。和久田氏はさらに「韓国料理は韓国人が考える以上に外国で知られている」と話した。「今よりももっと世界で愛されるためには、外国のシェフたちに韓国料理を知ってもらうことが重要。韓国の材料、料理の技法を少しずつ用いながら、外国人たちが韓国料理に徐々に慣れるようにすればいいと思う」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    下記の写真は個人的に過去お世話になった時のスナップショットです。

    テツヤさんの記事はこちらもどうぞ。

    IMG_2090



    ビールがうまいと、その国も好きになる、うん?
    ビールが好きな方、そのウンチクを知っておくと、好きなビールがさらに大好きになるかも?

    Actus Membersでもあり,留学カウンセラー(ヨギーでもある)のKodai (宮坂幸大)さんが、シリーズでお送りするオーストラリアビールのご紹介。
    まず第2弾は、クーパーズ ペールエール
    (大げさなタイトルは管理人が勝手に付けています、悪しからず、、汗)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    第2回は、オーストラリアが誇る、ローカル&グレートなビール"クーパーズ ペールエール"です。

    coopers1


    オーストラリアのビールなんて!と軽く扱われがちになりやすいのですが、それはきっと日本のラガーとオーストラリアのラガーを比べているからかも!?しれません。

    そもそも、ビールの醸造の時点で、醗酵方法がラガーとエールビールでは大きく異なり、苦味やフルーティさなど、複雑であり、奥深さを楽しむ事のできるのが、エールビールの醍醐味です。

    喉越しを楽しみ、ごくっと飲みたい時の多い、暑いオーストラリアでは、水代わりに飲んでしまえ!という気分になりがちですが、味わって飲むビールが欲しくなるときもありますよね。

    そんな時に、やっぱり期待を裏切らないのが、このクーパーズシリーズの、ペールエールビールです。

    coopers2


    オーストラリアの“地球のへそ”と言えば、世界の中心で○○を叫ぶ的に有名になったことでも知られておりますが、そのエアーズロックへの入口ともなるのが、アデレードという街。そして、その常夏の街から生まれ、クーパーズファミリーの秘伝を6代に渡って伝えているのが、このクーパーズシリーズです。

    定番の緑が、ペールエールですが、この他にもアルコール度数たっぷりの赤ラベルの苦味マックス、スタウトや、オレンジラベルの、香り芳醇スパークリングエールも人気で、この3本柱でクーパーズといってもいいでしょう。

    coopers3


    中でもやっぱり一番飲みやすく、人気なのがペール・エールというわけです。

    他のビールとは一風違う、ボトルを開けたときに広がる、フルーティな香りを持つ、このクーパーズ・ペールエール。

    飲むなら、やっぱそれでしょ!と、オーストラリア人もうなる、ビール。そして、オーストラリアのビールの底力を見せてくれます。

    ちなみに、家でビール造りが気軽に出来るオーストラリアでは、このクーパーズのビールキットも大人気のようです。

    [Coopers pale Ale | クーパーズ・ペールエール]

    ◇ ラガーと違う、フルーティな香りのペールエール
    ◆ 味わう事の出来る、飲みがいのあるビールとはコレ
    ◇ オーストラリア内での流通度はバツグン!700MLボトルもナイス
    ◆ アルコール度数は、心地よいの4.6%
    ◇ パブで見かけたら、生ビールでも堪能して下さい!
    ◆ ビール好きオージーも納得で、間違いなし。
    ◇ 緑のデザインもお洒落なビール
    ◆ 見た目じゃない、広告じゃない、味で勝負!

    どこのビール会社も粋な、CMをやっていますが、CMでアピールする必要のないほどの、本格的な味わい深いビールのクーパーズですが、パブにあったり、ちらりと見るクーパーズのデザインは、かなりお洒落で、目を引きます。

    そして、こっそりと行われている、クーパーズビアガーデンは、オーストラリアらしさが良くでていますよね。



    ヨーロッパや、アメリカ大陸など、とは一風変わった土地柄のオーストラリアは、やっぱり暑くてビールが美味しい国。そりゃ、がぶがぶ飲みたくなってしまいますよね。

    でも、せっかく飲むなら、ラガーだけでなく、美味しいペールエールも恋しくなってしまうものです。

    coopers4



    いかがでしたか? コウダイのビール評留記!よろしければ、ご感想、ご意見、コメントお待ちしております!そろそろ、おなじみになってきてくれましたか??笑

    ■海外のビール事情やビール業界で仕事を探している人!ビール好きが高じて海外のビール巡りやビール会社へ就職もいいですよね。留学に関してのご質問、何でもご相談下さい。

    ( このシリーズはKodai氏のブログの「世界のビール評留記」の中からオーストラリアビールを選んで紹介しています。本人のブログから直接読みたい場合はこちらからどうぞ

    このページのトップヘ