オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: MACのユニークスポットベスト10

    (これはオーストラリアのユニークスポット・ベスト10です。観光スポットとしてベストと言う意味ではありませんのであしからず。不便なところも多いです。いや、むしろ不便なところベスト10に近いかも。また管理人MACの独断と偏見ですよ、くれぐれもあまり信用しないように!)

    さて勝手に自分で考える、思い出深い場所No.1は・・・・・・
    やはりなんと言ってもクーパーぺディーです。

    cp1

    cp2

    ここをなんと表現したらよいのやら・・・とにかく変わったところ。世界でもこんなところはホントに稀じゃないかと思います。
    まずはアクセス。比較的行きやすいのは、南オーストラリア州の州都アデレードから小さなセスナで約2時間(トイレもないので要注意!)。といっても、まずアデレードまで行くのが大変かもしれません。
    まあアデレードまで行くのなら、せっかくならワイン(オーストラリア一のワイン生産地バロッサバレー)と動物(オーストラリア一の動物の宝庫、カンガルー島 )も一緒に楽しんでしまうのがいいでしょう。
    あるいは,アデレード~ダーウィンの縦断ルートに入っていますから、このルートをチャレンジする際に寄るのもいいかもしれません。

    さてクーパーぺディーですが、まずはどんなところかをご説明しましょう。
    ものの案内によると、人口わずか3500人の小さな町、しかし住民は世界45カ国から来ているといわれています。そして世界のオパールの実に75%はここで採れるとのこと!
    そうです、オパールの大生産地なのです。

    しかしこの町の面白いところは色々。
    私の実感としてはまずは何といっても・・・暑い!
    冬場はまだしも、夏の暑さは半端ではありません。40度になるのはざら、50度を記録することもあるとか。
    鳥が焼き鳥になって落ちてくるという痛いジョークも・・・。

    そのため、真夏の数ヶ月は、町の人口はほぼ半分になり、多くは別な場所に疎開(笑)、「避暑」を兼ねて逃げてしまうんです。雨もほとんど降らない。事実、私が何回か訪れたときも、1週間ほどいても雲ひとつなかった日々が続きました。地元のコーディネーターに聞いたら、「雲ひとつない天気」が実に1ヶ月以上続いたこともあるそうな、恐るべき天気!!

    さて、そんな風土で暮らしていくために、人々は賢い生活スタイルを築き上げました。
    地下に穴を掘りそこを「家」としたのです。
    地上がいくら暑くても、また寒くても(事実、砂漠性の気候のため冬の夜間は逆にかなり冷える)、地下の温度は1年中17度(しかも朝も夜も一定している)にキープ、実に快適。
    そのため、一般の家に限らず、ホテル、お店、そして教会でさえも地下にあるのです。なぜ1年中同じ温度にキープされているのか???地元の人に聞いてもわかりません・・・自然の力ですね。

    車で町の周辺を走ってみると、穴ぼこだらけ(鉱山)の光景が!そう、まるで月面のよう・・・。
    こんなロケーションのせいか、「マッドマックス」をはじめ多くの映画のロケもたびたび行われているのです。
    また、すごい(というか怖い!)のは、鉱山の穴が多いので、その「穴に注意!」の看板があちこちにあること。

    cp6

    冗談ではなく、ここを訪れて行方不明になってしまった旅行者も少なからずいるのです。これは自分たちで行ってみるとよくわかるのですが、あまりの不思議な光景に思わず写真を撮りたくなってしまうのです、まるで魅入られたように!そしてカメラに集中しているあまり、無意識に後ずさりしたりして、意外なところに穴があったり(恐)・・・こんなことが十分ありうるのです。
    事実、町の交番(ポリス)の前には行方不明者の顔と写真が常時数名掲げられています。

    そういったことにも気をつけながら(!?)、観光で来たときは、ぜひ穴倉の地下ホテルで寝てみるといいでしょう。最初は何か違和感というか、圧迫感のようなものがあるかもしれませんが、いかに快適かよくわかります。

    また、時間があれば面白い(かもしれない)のはゴルフ。場所柄ほとんどがバンカーかラフだけのようなところ。サンドウエッジとパタ2本で足ります。しかし自分のクラブは使わないほうがいいかも・・多分すぐ使い物にならなくなります(笑)。夏は、日中は暑すぎるので、「光るボール」でナイターをするのがお勧め。ナイターができるゴルフ場はオーストラリアでもここぐらいしかありません。

    この周辺にも非常に面白いところ、見所がたくさんあります。
    確か人間が作ったものでは最長のフェンス(ディンゴフェンス、5300キロ)なんてものもあったな~!

    うぅん、ここの不思議さはうまく説明できません。やっぱり百聞は一見にしかずです、ぜひ行ってみて下さい。
    変な話、損はしないと思いますよ!
    ただし決して「快適」な旅ができるところではありません、十分な「カルチャーショック」を楽しめるところと表現したらいいでしょうか?
    その点はくれぐれも誤解のないよう、あとで文句を言われても私は責任はもてませんので・・笑。


    ↓バンカーだらけ?のゴルフ場
    cp3


    ↓ゲッコー
    cp4


    ↓地下ホテル
    cp5



    (これはオーストラリアのユニークスポット・ベスト10です。観光スポットとしてベストと言う意味ではありませんのであしからず。不便なところも多いです。いや、むしろ不便なところベスト10に近いかも。また管理人MACの独断と偏見ですよ、くれぐれもあまり信用しないように!)

    皆さん聞いたことあります、木曜島って?

    オーストラリアの地図を見てもほとんど見つけられない、まず載っていないような小さなところ。
    観光客に人気のスポット、ケアンズからさらに北上し、ケープヨーク(岬)の突端のまたさらに北にある小さな島、これが木曜島なのです。

    木曜島4


    実はこの島、我々日本人にとっては、とっても関わりの深いところです。

    時代をさかのぼること、明治から昭和にかけて・・・そして第二次世界大戦までと続きます。
    まだまだ日本の貧しい時代、そして「真珠貝」、「高瀬貝」がとても重宝がられた頃です。
    当時ここ木曜島がその採取地として脚光を浴びていました。

    そのために、世界中のダイバーたちが、一攫千金を求めここにやってきたと言われています。
    そして、この日本人ダイバーたちが、まさに「オーストラリアにやってきた日本人」としてはほぼ一番最初なのです。(厳密に言うと、その少し前に、日本人サーカス団一行が来ていて・・・これはこれでまたとても興味のある話しなのですが、それはさておき)

    ただその当時はまだまだお粗末な採取方法。潜水技術も遅れていたし、当時のヘルメットを見ても恐ろしく大きく、そして重たい。
    そのためか、潜水病になったりで、怪我人、死者が絶えない状態であったと聞きます。
    (事実この海で、日本人ダイバー約700人の貴重な命が喪われたのです。)

    木曜島1木曜島2














    各国から勇んできたダイバーたちも、そんな状況を目の当たりにし、「命あっての人生」、ホウホウのていで祖国に逃げ帰ったそうです。
    そんななか、日本人の大半はそのまま、ここ木曜島に居残りがんばった。
    どうも、「がんばる」精神は、日本人が根本的に持っている遺伝子、DNAのようなものかもしれません。
    いちおう日本人の「後輩」としてはこの「勇気」、ぜひ引き継いでいきたいものです。

    僕は、ここに1995年の戦後50周年企画で、某番組の取材でお邪魔して以来、ちょっとしたご縁で、何回か訪れる機会をえました。島では、「現役最後の日本人ダイバー」藤井さんも亡くなられ、当時のことを知る「生き証人」はいらっしゃらなくなってしまいましたが、でも、そのご子孫たちが元気に生活されています。

    「RAINBOW HOTEL]はそんな藤井さんの娘さんの経営。
    我々が訪れたときも非常に親切に対応いただきました。
    子孫の日本人の方たちは島でローカルの方たちとご結婚された方たちもおおく、しかしとても逞しく生きています。
    島では、まだなんと「なまこ」なんかが残っていて(言葉としても)、日本人として、ついつい、うれしくなったりします。

    そして、この島の隅っこにひっそりとあるのが、日本人墓地。
    僕も訪れるたびに、お参りさせていただいてます。
    無縁仏も多く、ちょっと寂しい。手入れも大変で随分荒れつつある。
    茂木ふみかさんという、もと読売新聞にお勤めの方が、ボランティアーでこの墓地の維持に専念されていました。お会いしたのは、もう10年以上前。今頃どうされているんだろう?
    当時は確かシドニーと神奈川の生活を半々にされていましたが・・・。
    素敵な方でした。

    また僕の尊敬する日本の「良心」司馬遼太郎さんの短編「木曜島の夜会」でも、ここの真珠ダイバーの物語が紹介されています。興味のある方はぜひご一読を。お勧めです。

    島自体は車で一周わずか30分程度。
    とにかく海が真っ青なのがとても印象的。
    そういえば、隣の金曜島で、真珠の養殖をしている日本人の方がいます、高見さんといったかな?
    取材のときにも大変お世話になりました。
    ここで、常時、アルバイトをやってくれる、若者を求めていたように記憶します。
    個人的には、ワーホリでオーストラリアに来ている若者には、つまらない(?)都会にいくより、ずうっと楽しい、貴重な経験ができると思う。ここでアルバイトをしていた若者も、眼が輝いていた!
    いいですよ、素朴で、野性っぽくって。

    僕たちのような永住者にとってはいわば彼らは先達。頭が下がります。

    日本人の「先輩」たちに、感謝です!


    木曜島3

    (これはオーストラリアのユニークスポット・ベスト10です。観光スポットとしてベストと言う意味ではありませんのであしからず。不便なところも多いです。いや、むしろ不便なところベスト10に近いかも。また管理人MACの独断と偏見ですよ、くれぐれもあまり信用しないように!)

    ご存知のように、ここは「オーストラリアのへそ」とも「地球のへそ」とも言われています。
    オーストラリアでは、オペラハウス、グレートバリアーリーフと並び、3大アイコンのひとつ。

    ↓カタジュタを望む夕日

    uluru1


    ↓ウルルの夕日
    uluru2


    やはり何回行っても感動ですね、ウルルは!

    エアーズロックは英語名、一般的にはまだまだこの名前のほうがなじみがあるかもしれません。
    でも、もともとは現地アボリジニーの土地だったところを、入植してきた白人が「勝手に」取り上げたもの。そして約20年前、元の所有者アボリジニーに返還され、彼らの呼び名である「ウルル」といわれるようになったのです。
    したがって、僕も個人的には、「ウルル」という名称をできるだけ使いたいと思っています。

    さてこの世界一大きな1枚岩、どうやってできたのだろう・・・?
    もちろん科学的な説明はできるでしょうが、いざ現物を目の前にしてしまうと、ホント、神が、何らかの恣意で、あるいはいたずらで?、作ったとしか思えない神秘性のようなものを感じてしまいます。

    体力に自信のある人はまずはこの山頂(岩頂?)に登ってみてください(片道約40分、かなり急な部分もあります)。何を感じるかはもちろん各人の自由。
    でも、僕はこの360度地平線の広がる大パノラマ、ただただしばし呆然、無言、なんと言うか、言葉が幼稚ですが、「地球に抱かれているような・・」そんな錯覚を持ってしまいます。

    ただ、実はアボリジニーの人たちはこの聖地ウルルには、登って欲しくないのです。看板にも書いてあります。これまでにも、「ついに登頂禁止か?」といった記事が、何度かマスコミで伝えられています。
    しかし、彼らから見ても「背に腹は変えられない」部分があるのでしょう。
    まだ禁止には至っていませんが、登るとしても彼らの聖地に対し、敬意を示してほしいと思います。
    そしてそのうえで、各人がご自分の”ウルル”を感じればいいわけですね。

    ↓いざ登頂!  
    uluru5


    ↓登らないでくださいの看板が!
    uluru6

     
    あっ、それからこの岩は、1日に七色にも色が変わると言われています。
    お勧めは、最低1泊2日で日没、星空、日の出、登頂、・・・がいいですね。
    隣のカタジュタ(英語名:マウントオルガ)もお勧めです。
    また、いらっしゃる前に、興味のある方はジブリの「ラピュタ」なんかを観てから来るとよりいっそう楽しめるかも。
    ウソかホントか、宮崎駿さんはここからヒントを得たとも言われています。

    それから、ついでといっては何ですが、ここまできたらぜひ足を伸ばしたいのがキングスキャニオン。
    ご存知、TBS「世界の中心で愛を叫ぶ」で有名になったところ。
    ウルルからは、日帰りでも可能(片道約300キロ、4時間ぐらい、長いですが日帰りのバスツアーもあります)。

    ここは、荒々しい断崖絶壁が続く山脈。
    じっくりと登山をすることができます。ただし、日中は恐ろしく暑くなるため、できるだけ早朝がいい。約4時間のハイキング。気持ちのいいのと、疲れと半々か・・・??
    ここで恋人の名を叫んでみたりして・・・(笑)
    新婚さんなんか、愛を確認できていいかもしれません(?)。
    いずれにしても、登った感というか、けっこうハードなので、その達成感は実に気持ちのいいものです。

    ただ、お年よりや、体力に自身のない方はちょっと控えたほうがいいかもしれません(そういった方向けにもうちょっとやさしいルートもあります、ご安心を)。それと、日焼け止め、もっと大切なものは、充分以上の水。これは必需品です。ここの、「乾燥」度はなめたらいけません、すぐ脱水状態になりますよ!

    (2008年1月にもカタジュタで、日本人の年配女性が、脱水症状で亡くなりました、お気をつけて)

    ↓キングスキャニオン
    uluru3


    ↓撮影も命がけ?(崖と暑さで・・・)
    uluru4









    (これはオーストラリアのユニークスポット・ベスト10です。観光スポットとしてベストと言う意味ではありませんのであしからず。不便なところも多いです。いや、むしろ不便なところベスト10に近いかも。また管理人MACの独断と偏見ですよ、くれぐれもあまり信用しないように!)

    これは番外編のようなものですが、そしてシドニーを第2にの故郷とするものとして、完全に単なる「お国自慢」なのですが、・・・やはりどうしても紹介したいのでついつい。
    皆さんも、ほとんど知ってる街、シドニー。
    でも、この街いちおう、人口400万人のそれなりの大都会なのですが、単なる都会ではありません(笑)

    syd1

    syd2


    僕の友人がうまいことを言ってました。
    シドニーは「リゾートシティー」だって。
    街中は世界中どこにでもあるような、いわゆる高層ビル群。ただこのすぐ前が雄大なるシドニー湾。
    その友人も毎日優雅にフェリーで通勤しています(もっとも、フェリー通勤はここでは非常にポピュラー)
    彼に言わせると、こんな400万の大都会なのに、30分程度行ったところにきれいなビーチが何十箇所もある。そしてこういったビーチ周辺に住んでも完全に通勤圏。
    ビーチで泳ぐもよし、サーフィンをするもよし。
    週末はヨットでシドニー湾は一杯になる。
    釣りも盛ん、その友人も毎週でかける完全な「釣りバカ」。

    僕の好きなゴルフも盛ん。街から1時間以内ぐらいにほぼ100箇所のゴルフ場がある。
    夏は夏時間が採用され、夜8時ごろまで明るい。
    したがって、仕事帰りにハーフぐらい楽しむのも充分可能。
    あるいは、出勤前、朝6時ごろからハーフほど練習している「ゴルフバカ」もたくさん。僕の周りの日本人のなかにも、ちらほら。

    こんなふうに都会ではあっても、すぐ近くに海と自然が一杯。
    この環境のおかげで、少々仕事が忙しくても、かなり「癒されます」!

    そして、シドニーのアイコンはなんと言ってもオペラハウスとハーバーブリッジ(オペラハウスは最近世界遺産になりました)。

    僕も時々、ハーバーブリッジを渡り、街に出かけるのですが、そのたびにオペラハウスとシドニー湾が一望できる。いつもいつも、「ここに住んでいて幸せ」と実感する一瞬。いたって単純ですが・・・・。

    しかし、ここシドニーもここのところ超バブル。
    不動産を中心として、諸物価がうなぎのぼり。
    この点だけはいただけません。

    日本のバブルの頃、司馬遼太郎さんも言っていました。
    「土地は国民の共有財産。これを投機の対象にしたり、異常な値段に高騰させたり、そんな国はろくなもんじゃない!」
    シドニーも早くなんとか、「正常」に戻ってほしいものです。

    でもでも、
    I LOVE SYDNEY!!!

    (今回は完全なお国自慢になってしまい、、、失礼しました)


    ↓ヨットハーバー
    syd3


    ↓街からわずか20分。ボンダイビーチ
    syd4


    ↓シドニー湾から高層ビル群
    syd5


    (これはオーストラリアのユニークスポット・ベスト10です。観光スポットとしてベストと言う意味ではありませんのであしからず。不便なところも多いです。いや、むしろ不便なところベスト10に近いかも。また管理人MACの独断と偏見ですよ、くれぐれもあまり信用しないように!)

    ここもあまり知られていないですが、本当にきれいな島です。
    しかし、かなり不便。オーストラリア本土からは遠く離れています。

    Lordhowe5

    シドニーや、ブリスベンから東の方向に約700キロ、飛行機で2時間ぐらい。
    長さ10キロ、幅が2キロと小さな島です。
    かなり緯度は、高い(低い?)というか、ようするに赤道から離れ、むしろ南極に近づいているのですが、ここにあるのがロードハウ島。

    なぜこの島が好きかというと、まあ、世界遺産でもあるのですが、すごく「やさしく」保護されているところです。僕も若い時は全然こんなことを考えてはいなかったのですが、今は、やはりそういう基準と言うかが妙に気にかかり始めています。
    以前ご紹介したタスマニア(第8位)も同様です。

    それはともかく。

    「世界最南端のさんご礁」と言うだけあって、本当に海はきれいです。時間があれば、潜ったり、釣りをするのも楽しいはず。島には、野鳥もたくさん(あまり詳しくないですが)、確か「WOOD HEN」と言う、ここの島だけにしかいない絶滅種の鳥もいます。見た目はニワトリみたいで、でも飛べないらしい。。。
    でも、ここにしかいないといわれると急に、いとおしい(見た目はなんでもない鳥だけど、くどい?)。
    位置的にもちょうど暖流と寒流が交錯するところということで、世界でもこの周辺にしかいない魚やサンゴも多いそうです。

    ↓ここにしかいない飛べない鳥ウッドヘン
    LordHowe2


    宿泊施設も限られ、1日に受け入れられる人数も完全にコントロールされているとか。あまり新たな開発も認められていないので、宿泊は1日400人まで、それ以上は実質的に入れない。
    早々、車はもちろんだめ。したがって普通は徒歩か、自転車を借りるのです。
    健康にもいい(笑)。

    でも実際このくらいやらなくては自然は守れませんね。
    先輩格のグレートバリアーリーフも、随分環境破壊が言われ始めています、つい最近の研究だとあと20年ぐらいでサンゴが死滅するかもしれないとも言われるご時世。
    我々のすばらしい「共有財産」はやはり今後かなり厳しく守っていかないと無理なんでしょうね。

    あとこの島は、ハイキングが気持ちいいです。
    標高が850メートル。

    そしてお隣にそびえたつのがボールズピラミッド。
    相当な上級者のロッククライマーにはかなりチャレンジングな岩らしいですよ。

    シドニーやブリスベンに来た方はついでに(といっても簡単ではありませんが)、足を延ばす感覚で検討してみてはどうでしょうか?

    ↓ボールズピラミッド
    Lordhowe1


    lordhowe3


    写真など下記からお借りしました。

    さらに興味のある方はここにどうぞ。

    このページのトップヘ