オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: オージートレンド


    この記事けっこう強烈で考えさせられます。
    どんどん海外進出する中国、各国どういった対応が必要なのか?

    以下、日経ビジネスより。
    なお、筆者は中国事情に詳しいジャーナリストの方。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    世界を買う中国人、各国で警戒感増す
    中国人移民への対策、日本には2つの選択肢


     先週はオーストラリア・シドニーに行く用事があった。オーストラリアもシドニーも初めて訪れる。セントラル駅近くに宿をとって、ダウンタウンに行くと、街を行く人は、チャイニーズあり、マレー系あり、ベトナム系あり、人種のるつぼといった様子だ。特に中国人が多い。

     道を歩いていると、ふつうにマンダリンで声をかけられ、客引きされ、私も店員が中国人だとみると、ふつうに中国語で買い物をする。店の看板も中国語、メニューも中国語、朝ごはんは粥と油条(揚げパン)を食べ、中国語の新聞や雑誌を読む。中国の海賊版DVDや衣料品などが、中国より高い値段で売られている。シドニーに来た目的は、とある亡命学者のインタビューなので、仕事も中国語で済まし、英語圏なのにほとんど苦手な英語を使わずに過ごした。

     世界中どこの国にも中国人がおり、チャイナタウンができており、そして中国語のみで、中国式に暮らせる空間がある。中国人は移民によってネットワークを拡大し、富を増やし守り、生き抜いてきた人々であり、中国経済の陰りや政治の不安定さが垣間見える昨今、中国人の移民ブームはますます盛り上がっている。しかし、そんな中国人移民に対し、移民先の国々は警戒感を示し始めた。

    高級マンションやワイナリー、農場を購入

     オーストラリアに関していえば、人口2150万人のうち、中国人は60万~70万人という。シドニーで普通語および広東語を使う家庭は17.2%で、すでにオーストラリアの第二言語となっている。昨年、オーストラリアに来た中国人移民は2万9547人で移民全体の17.5%を占め、初めて英国人を追い越して中国人移民の数がトップとなった。

     中国人移民の最近の傾向は、いわゆる就労目的だけでなく、投資移民の急増だ。カナダやオーストラリアの投資民申請の7割は中国人という。2010~11年度、外国人が購入したオーストラリアの不動産は415億豪ドルで前年度の倍となったが、うち中国人投資家が購入したのは40.9億豪ドルで、英国人投資家の46.1億豪ドルに次いで2位という。

     シドニーのとある高級住宅地を車で通ったとき、案内してくれた地元華人が「このあたりで、曽慶紅(元副国家主席)の親族が住宅を購入したという噂だ。このあたりは最低でも2000万豪ドル以上するよ」と耳打ちした。本当かどうかは知らないが、そういう噂が立つほど、中国高級官僚の親族がシドニーの高級不動産をよく買っているそうだ。

     ノースショアの不動産仲介業によれば、200万豪ドルを超える高級物件の購入者はほとんどが中国人。だいたいが、留学生の親が子供のために、といって買うのだが、以前なら、子供が留学期間に暮らすためだけであれば30万豪ドル程度の物件が一般的だった。高級物件を購入するのは明らかに、資産移動が目的だろう。比較的最近に竣工したジョージ・ストリートのインマーク・タワーの物件の購入者は90%が中国人とか。都市部の住宅、テナントだけでなく、ワイナリーや農場購入も最近のトレンドとか。

    (続きを日経ビジネスオンラインから読む)

    数字を見ると一目瞭然ですね。
    しかし、下記5位までには入っていませんが、韓国の方も増えているし。
    日本人はどうなんだろう、、
    過去と比べると圧倒的に減っているような気もしますが、、、

    下記、マミィさんのブログよりご紹介。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    オーストラリアのアジア化進行中!


    昨年2011年に行われたオーストラリアの国勢調査のよると、

    オーストラリア全体の人口 2172万158人 
    (前の2006年の調査時より8.3%増加)

    男女比は、男性49%、女性51%

    州別では、
    1位 ニューサウスウェルズ州(シドニー) 695万8812人 (前年より5.66%増加)
    2位 ビクトリア州(メルボルン) 535万1226人、(前年より8.87%増加)
    3位 クイーンズランド州(ブリスベン) 445万7909人 (前年より10.16%増加)
    4位 西オーストラリア州(パース) 227万8154人 (前年より14.7%増加)
    *昨年の4位は、南オーストラリア州でしたが、今般の鉱業バブルにより、
      パースの人口が一気に増加しました。

    国別出生地では
    1位 オーストラリア 1501万7845人
    2位 イギリス 101万82人
    3位 ニュージーランド 48万3397人
    4位 中国  31万8969人
    5位 インド 29万5362人

    となり、初めてイタリアやスペイン、アイルランドを抜いて
    トップ14ヶ国中アジア諸国が6ヶ国を占めているようです


    ユーロ圏の経済不安定もあり
    アジアからの移民が増加し
    オーストラリアのアジア化がより鮮明となっているようです

    ozmap


    [Posted by Japanese-in-Austrlia]

    (マミィさんのブログから直接読む)

    著名人ら、同性間結婚に「I Do」 

    女性ファッション誌「マリー・クレール」が同性間結婚の合法化推進キャンペーンを展開している。キャンペーンにはスーパーモデルや俳優、アスリートなど各方面から著名人が参加している。

    「アイドゥー」(I Do:http://ido.org.au/)と題されたこのキャンペーンは、マリー・クレールがセブン・ネットワークの番組「サンライズ」と「モーニングショー」の協力の下、展開している。先日、米国のオバマ大統領が同性間結婚を賛成すると発言したことが発端となった。ギラード連邦首相は、同性間結婚には反対の姿勢を明確にしている。

    キャンペーンでは、マリー・クレール7月号の中で、セレブ獣医のクリス・ブラウンや歌手のブライアン・マックファーデン、飛び込み競技金メダリストのマシュー・ミッチャムなどが、同性間結婚が合法化されるよう訴えている。また、7日にはシドニーやメルボルンで署名運動が行われる。

    キャンペーンに参加しているモデルのメーガン・ゲールは「オーストラリアのようにモダンな国で同性間結婚が合法化されていないことが信じられない」と述べ、元ミス・ユニバースのジェニファー・ホーキンズも「人を愛する方法は誰も同じ。同性愛者の友人はたくさんいるけど彼らに幸せになって欲しい」と話した。

              (以上、JAMS TV さんより引用させていただきました)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    個人的にはなかなか面白い記事でした。
    確かにこのような論議が活発にされるのも、オーストラリアらしい”多様性”を反映しているような気がします。

    政治の世界でも、僕の記憶が定かであれば、ギラード首相は同性間結婚には反対しているようですが、結婚せずにパートナーと幸せに住んでいる。
    トニーアボット野党党首も、本人は同性間結婚には反対だが、妹がゲイであることは認め、その生き方は尊重している。
    またつい最近電撃的に引退した、元グリーン党党首、ボブ・ブラウン氏は、確か政治家としては初で堂々とゲイであることを公言し、今回の引退も、これからはパートナーとの時間をもっと大切にしたい、、と言うことが一番の理由だとおっしゃった。
    多分一般世論は、この引退には非常に好意的だったと記憶していますが。

    bobbrown:skynews
    (Bob Brown 氏、引退時の写真。Sky News よりお借りしました)

    いずれにしても、面白い傾向だと思います。
    もっと多様化していい。
    (こんなこと言ったら不謹慎???)


    いやはや下記の記事を拝見して、個人的に最近の「婚活事情」妙に納得してしまいました。
    というのも、例えば、政治の世界。
    つい最近、オーストラリアの色々な政治家を取材する機会があったのですが、ギラード首相は結婚しないで内縁の関係をキープしているし、野党の大物、グリーン党の元党首(つい最近引退)、はもともとゲイを公表し、これからはパートナーとの時間をより充実させたいということで、あっさり政界引退しましたし、、、などなど。

    以下、Takechan のブログからのご紹介。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    『男性飢饉』オーストラリアの婚活事情

    オーストラリアにワーホリや留学で来て、あわよくばこちらで結婚したいなあと思っている人がいたら、今日はちょっとした話題を取り上げたいと思います。これはオーストラリアのカソリック教会が発表したものですが、オーストラリアでは適齢期の男性の数の方が女性より数より少ないので、適齢期の女性はあまり選びすぎずに早めに適当に結婚しないと言うものです。

    結婚適齢期25〜34歳の女性は、オーストラリアに約135万人住んでいます。ところが結婚の条件にかなう男性はわずか8.6万人しかいないでそうです。同世代の男性のうち、すでに48.5万人が概婚、18.5万人が内縁関係、7000人がゲイ、1.2万人がシングルファーザー、さらに56.8万人は収入が6万ドル以下(オーストラリアの平均給料、日本円で480万円ぐらい)と言うことで、残りが8.6万人になるそうです。

    海外では若い人達が友達同士でも一緒に住むのは当たり前ですが、恋人同士の80%近くが結婚前から同棲始めます。特に現在オーストラリアの住宅事情は厳しく、ひとりでアパートの家賃を払うことは無理です。また住んでみると結婚してやっていけるかどうか分かるので、一緒に住む人も多いようです。と言っても結婚して同じ相手と一生過ごすと言うカップルも、このオーストラリアでは数少なくなりましたが。

    女性が社会に出て働くのは当たり前の時代です。大きな会社のCEOにも女性が増えてきています。経済力がついて来ると、自分より稼が悪い人とか、条件の悪い人はだんだん選びたくなくなりますよね。女性が男性求める結婚希望条件がどんどん高くなっています。お陰でその条件に合う人がさらに少なくなっていると言う現実の厳しさがあります。さらにオーストラリアはゲイの人も多いですからね、ゲイの人に限って、ナイスガイだったり収入も多かったりするんですよね。

    最近は結婚しないで内縁関係で終わってしまう方も多いです。現在のオーストラリアのギラード首相もそうですからね。女性が仕事をして、安定した収入があれば『結婚』には拘らないのでしょうか?と言うことで、オーストラリアに来て結婚願望のある方いらっしゃいましたら、充分気をつけて下さい。『日本の女性は尽くすから〜。』と変な期待をしている男性もまだいますからね。

    これに関するオーストラリアの記事 Dated May7,2012

    takechan

    http://www.polkadotbride.com/

    (Takechan のブログから直接読む)


    オーストラリアの国民的な食品、ベジマイト
    サンドイッチに使うもよし、トーストに塗るもよし。


    これです↓

    vegemite1



    このベジマイト.とにかくオーストラリアでは大人気.オリンピック選手も必ずオーストラリアから持参するとか、、
    国民の9割は大好きとか、、
    しかし我々日本人には味がきつい.
    日本人にとっての納豆のような存在でしょうか?

    さて、このたび、1月26日のオーストラリアの建国記念日に引っ掛け、期間限定でその商品名を変えるということ。
    その名もズバリ、「AUSTRALIA」、期間限定なのでプレミアムがつくかも?


    vegemite-rebrand



    (sauce: News.com.au)



    余談:

    実は、以前にもこのベジマイト、名前を変更して大失敗したことがあったはず.
    調べてみるとこんな名前だった!
    詳細は、ここからどうぞ。

    vegimite3




    このページのトップヘ