オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: オージートレンド

    フジテレビの人気番組、「めざましどようび」(めざましテレビの土曜日版)。
    ここの人気コーナー「Top of the World」で今月3回にわたり、オーストラリアの魅力がたっぷり紹介されます。

    まずは、今週末2月9日(土曜日)。
    シドニーの魅力。
    内容は、、、番組を観てのお楽しみです。
    (ブリッジクライムや水上飛行機など盛りだくさん、、、)

    しかし、実は僕も少々お手伝いさせていただきましたが、このコーナーのレポーター役、鈴木ちなみさん、凄く素直でいい子でした。今時珍しい・・・かも。
    早速彼女のブログもチェック。

    まあ、そんなことより、どうぞ番組を楽しんでください。
    シドニーの次は、ケアンズ、メルボルンと続くようです。
    詳細は番組ホームページから確認を!

    下記、メルボルンのスナップショット。

    IMG_3272

    (フリンダース駅前で)

    IMG_3276

    (メルボルンはアートの都でもあり、こんなアートがあちこちにさりげなくあるんです)

    IMG_3287

    (何やらおっかない光景)

    IMG_3314

    (メルボルンで一番のっぽのビルから、、、ツーリストも行けますよ)



    クリスマス時期は、寒い日本とは違いオーストラリアは「真夏」。
    昔から「サンタがサーフィンに乗ってやってくる」というイメージが強くありました。

    事実クリスマスカードには、よくそんなアニメ・デザインがあります。

    santa



    で、このたび、やってくれました。

    オーストラリアのディスカウントスーパーマーケットチェーン、「ALDI」のテレビ向けコマーシャル。

    説明は不要ですね。
    どうぞご覧あれ、、

    しかし、この撮影は大変だっただろうなあ!




    (Source: Mumbrella)


    一昨日の朝、たまたま市内中心地に行ったところ凄い人並みが!
    人気モーニングショーの生放送で、PSY(サイと読むそうですね、、)のコンサートをやっていたのです。
    PSY?個人的には全く知らず、娘から、「今凄い人気だよ」と教えてもらった次第。

    そして、そのニュースを調べていると、あのヒュー・ジャックマンとも気があっているようで。
    お二人ともなかなか楽しそう。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    PSY、オーストラリアでヒュー・ジャックマンと馬ダンスを披露!

    PSY1

    写真=PSYのTwitterより


    歌手PSY(サイ)が、オーストラリア出身の俳優ヒュー・ジャックマンと共に「江南スタイル」の“馬ダンス”を披露した。

    PSYは17日午前、自身のTwitterに「ヒュー・ジャックマンと素敵な時間を過ごした(Had a great time with @RealHughJackman)」との書き込みと共に、写真を掲載した。

    公開された写真の中でPSYとヒュー・ジャックマンは、鉤爪のアクセサリーを着用し、笑顔を浮かべながら馬ダンスを踊っている。

    これに対してヒュー・ジャックマンも自身のTwitterに「スライシング『江南スタイル』!昨日セットに訪れたPSYと出会えて素晴らしい。(Slicing gangnam style!!!! Great to meet@psy_oppa who visited set yesterday)」というメンションを残した。

    15日午後、オーストラリアに出国したPSYは、オーストラリアの人気オーディション番組である「The X-Factor Australia」で世界的な人気を呼んだ英女性グループのスパイス・ガールズのメラニー・ブラウンとともに馬ダンスを踊った。続いて18日にはダーリングハーバー付近にあるThe Starで公演を行う予定である。

    PSY2

    写真=ヒュー・ジャックマンのTwitterより


    (Source:K Style)

    不勉強ですが、GROSSFAITHつてなかなかのバンドのようですね。
    来年、期待しています!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    CROSSFAITH、豪州フェスに日本人バンド初出演の快挙

    crossfaith


    2度目のUKツアーと初のヨーロッパツアーを控えているCROSSFAITHが、オーストラリアの大型野外イベント「Soundwave Festival 2013」に出演することが決定した。

    「Soundwave Festival」はオーストラリア最大の規模を誇るロックフェスティバル。2013年は2月23日、24日、3月1日、2日、4日の5日間にわたってオーストラリア各地で開催され、METALLICA、LINKIN PARK、SLAYER、BLINK-182といったビッグネームが登場する。なお日本のアーティストがこのイベントに出演するのは彼らが初となる。

    また現在オフィシャルサイトでは今年6月に行われたアジアツアーのドキュメンタリー映像を公開中。国境を超えて躍進を続ける彼らの熱いライブパフォーマンスを垣間見ることができる。

    (Source:Natalie)


    少し前のニュース(8月9日)ですが、あまりにもなんというかオーストラリアらしいというか、考えさせられる記事でしたのでご紹介。
    単に面白いだけ?
    皆様のご意見は?
    娼婦派?モーテル派?
    僕は思考がぐるっと一巡して、やっぱりモーテル派かなあ?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【海外:オーストラリア】性産業従事者の勝利!ホテルでの娼婦差別は違法

    prostitute


    (画像:The Huffington postより)



    「さすがはオージー気質の裁判所!」と言いたくなるような決定がオーストラリア、クイーンズランド州の裁判所で下された。

    「いかなる宿泊施設も、娼婦等の性産業従事者に対して宿泊拒否等の差別をしてはならない」と改めて強調。宿泊施設オーナーの娼婦への差別は明らかに違法と明言したという。

    事件の発端はとある娼婦がクイーンズ州、モランバの街のモーテルで客を取るために宿泊していたことから始まる。
    この娼婦がモーテルの部屋で客をとっていたことがわかると、オーナーは激怒。「出て行け!」とこれ以上の宿泊を拒否したという。

    実はオーストラリアは売春が合法の国。売春、というビジネス自体が合法なので、その合法の職業従事者を差別してはならない、ということが裁判所の決定の理由だ。
    更に「宿泊した人がその部屋で何をするかは、各個人の自由」との意見を出している。

    オーストラリアの性産業従事者連合会はこの決定を大歓迎!
    「宿泊施設での差別待遇は私たちにとって大きな問題でしたから」と満足げだ。

    しかし黙っちゃいられないのは当の宿泊施設のオーナーたちだ。

    「そんな・・・泊まっている部屋で何してもいいなんて、おかしいでしょ。じゃあ、もし娼婦たちがショッピングモールで客引きをやっててごらんよ。モールのオーナーは文句言うでしょ。我々宿泊施設のオーナーだって権利はあるよ」

    と納得できない。

    さらに

    「もし娼婦目当ての客が、他の宿泊客の部屋のドアをノックしちゃったらどうするの・・・」と他の客とのトラブルを心配するのは当然といえば当然だ。

    今後も性産業界と他産業界とのビジネス闘争はいたるところで勃発しそうな予感だ。

    (ソース:日刊テラフォー)

    このページのトップヘ