オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: オージートレンド


    少々古い話ではあるのですが、
    先日友人と話していてでてきた話題。

    「どうして、スターバックスは日本であんなに流行っているのに、ここオーストラリアでは完全撤退を決めてしまったのか?」

    皆さんはどうしてかと思いますか?

    やはり、オーストラリアは基本、多民族の国。
    そしてイタリア、ギリシャ系の移民も多い(特にメルボルン)。
    彼らが独自のコーヒー文化をここオーストラリアに持ち込んだ。
    そして今やオーストラリには、個人経営の小さなカフェが一杯!
    (*余談ですが確かメルボルンは、世界でもパリに続き、2番目にカフェが多いと聞いたこともあります)
    そんなところでは、やはりスターバックスは流行らなかったのでは、、、と。
    そういえば、オージー系の大手コーヒーチェーン、”グロリアジーンズ”も、かなり苦戦しているようだし、、、。

    さて、調べてみたら、かなりきっちり取材、分析した記事がありました。
    ↓こちらです。

    スターバックスがオーストラリアから撤退する理由

    よく見たら地元日豪プレスのベテラン記者守屋さんの記事でした。
    さすが。

    しかしこの中で僕が面白いと思ったのは、
    1)外国から進出しようとした大手外食チェーンはほとんど失敗している(吉野家を含め)
    2)現在の豪州の賃金が高すぎる
    ということ、、。

    そこの部分だけを、紹介させていただくとこんな感じ。。
    確かにねえ、、。
    かなり頷けます!

    さらに、経営戦略の甘さも指摘されている。マクドナルドやKFCといった世界的な大手ファストフード・チェーン(地元企業がフランチャイズ展開しているケースが多い)を除き、コーヒーに限らずオーストラリアの外食産業では海外チェーンが進出して成功した例はほとんどない。日本勢も同様で、例えば大手牛丼チェーン吉野家は多店舗展開を目指してシドニーに2店舗を出店したが、既に撤退している。

    その背景には、オーストラリアの事業コストが世界の主な国・地域と比較して非常に高いことがある。成人の全国最低賃金は現在、時給16.87豪ドルと日本や米国の約2倍。労働者の権利が手厚く保証されていて、企業側にとっては賃金以外の労務コスト負担も大きい。商業物件の家賃は日本の大都市と比較しても高い。こうした高コストがネックとなり、思うように利益を出せないことが多いのだ。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    さてさて、上記トピックスとは全く関係ありませんが、先日友人がこんな車を市内で見つけたと。ピンぼけ写真ですが、何と日本でタクシーとして使用していた(と思われる)車がなぜかシドニー市街を堂々と走っていたと(笑)

    IMG_0863


    先日のテレビ番組を見ていたら、大変面白かったのでご紹介します。

    番組は、テレビ東京の「ガイアの夜明け」。
    サブタイトルが「"和牛(WAGYU)"... その知られざる真相」

    オージービーフは少々固いが、とにかく安い。
    多少いい肉は、アンガス牛、、と言った程度しか知らなかったのですが、今やこちらでも和牛は大変人気。Wagyu自体、すでに半ば英語として認知されています。

    しかし、いつどうやって、オーストラリアに和牛がはいってきたかとか、
    「和牛」自体の定義が、日本とオーストラリアではかなり違うとか、、、
    そもそも、日本の何をもって和牛というのか(「国産牛」とどう違うのか)など、全く知りませんでした。

    その辺りの疑問を、この番組がすべて教えてくれました。
    いやあ、良い番組でした!

    見れなかった方は、ここから見られると思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    以下、番組ホームページからの抜粋です、参考まで。

    和牛


    「放送概要」
    香港などのアジア市場で、「WAGYU」(ワギュー)が大人気になっている。 しかし、その「WAGYU」は、よく見ると、オーストラリア産となっている。 一体、どうしてなのか?しかも、単なるニセモノなのかと思ったら、そうとは言えない意外な真実があった・・・。 なぜ、日本の宝ともいえる「和牛」が海外で生産されるようになってしまったのか? これまでに明らかにされてこなかった"和牛の真相"にガイア取材班が迫る! 一方、こうした事態に対し、日本政府は、「和牛」を、農産物輸出の目玉に位置づけ、 2020年には、輸出額を現在の5倍の250億円まで拡大したいとしている。 これまで、日本は、「宮崎牛」「佐賀牛」など、それぞれの産地が「産地ブランド」として、バラバラの売り込みをしていた。そこでEUという巨大市場への輸出が6月から解禁されるのとともに「オールジャパン体制」構築に向けて動き出した。その最前線を追う!



    先日までの約1週間のロケ。
    食事中日本からのスタッフの方たちと色々と話をしていたのですが、日本の「食」が海外に猛烈に進出している話題で盛り上がりました。
    寿司、ラーメンから、はたまた居酒屋、日本酒まで、、、。

    そこでちょっと思い出しました。

    先日少しお手伝いさせていただいたのが、伊藤園さんの仕事。
    今現在、オーストラリアで日本茶を栽培されているのですが(ビクトリア州)、こちら地元で大人気のマカロンのお店(adriano Zumbo)と交渉されて、マカロンの一つに、グリーンティーパウダーを試していると。

    オーナーのアドリアーノ氏自ら、作ってくれました。
    (なお、アドリアーノ氏個人も、地元の人気番組マスターシェフに登場するなど、とても有名な方です)

    そのビデオがこちら、、もう販売されているのかな?
    何れにしても、楽しみです。

    ITOEN Green tea Powder X Adriano Zumbo



    下記参考まで:

    オーストラリア産の緑茶も登場 日本企業の豪州戦略

    ♪パティシェ「アドリアーノ・ズンボ」~Adriano Zumbo~

    Adriano Zumboホームページ


    先日のロケ、シドニーの郊外。
    近くに何でもないバス停があった。

    よく見ると何やら不機嫌そうなおばさまの写真。

    IMG_2110


    さらに近づいて、よーく見ると、喉元に穴があいている!?

    IMG_2113


    そうです、この女性(51歳とか)タバコのすい過ぎでこんな症状になってしまったのです。
    これ禁煙 キャンペーンの広告の一環。

    最近よく見かけるたぐいの広告です。

    IMG_2120

    IMG_2121


    何せ、オーストラリアはとにもかくにもタバコにうるさい。
    今や、ほぼすべてのレストラン、メジャーなホテルはすべて禁煙。
    タバコは一箱、$20前後。

    スーパー、コンビニなどで売られているが、棚の中にしかおけない。
    そしてそのタバコのパッケージはこれまた凄まじいもの。

    僕も昔はひどいスモーカーでしたが、さすがにすべてのレストランが禁煙になると、レストランに行くことが楽しくない。というより、憂鬱。
    これだったらいっそ止めようということで止めました。

    もっとも、約半年の我慢を要しましたが、、。
    まあ、これも今や懐かしい思いでということで、、。

    それにしてもだいぶ喫煙者は減りましたね。
    喫煙者にとっては肩身の狭い、時代になったようです。




    オーストラリア大人気ブランドの最新情報を2つご紹介!


    ムートンブーツ「UGG」が国内最大店舗を渋谷にオープン 限定「ハチ公」ブーツも販売

    UGG


    今やオーストラリアのみならず世界中で有名なUGGが、日本国内では最大店舗の渋谷店をオープン。
    (日本では14店舗目とか、、)
    そしてこの渋谷店限定で「ハチ公」ブーツも販売するそう。

    より詳細なニュースはこちらからどうぞ。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    そしてもう一つ。

    「世界で一番履き心地が良い靴」、秋冬コレクション発表

    emuaustralia



    高品質のウールと最新の生産技術に基づいたオーストラリアのシューズブランド「emu AUSTRALIA」より発売された「EMU AMITY」が話題となっています。

    より詳細なニュースはこちらからどうぞ。

    このページのトップヘ