オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: イベント

    ただいま朝のモーニングショーを観ながらこの記事を書いています。
    しかし、盛り上がっていますね、メルボルンカップ。
    しかも今年は、チャールズ皇太子夫妻もきているようで。

    メルボルンのあるヴィクトリア州はお休み(祝日)。
    他の州もあまり仕事にならず。
    急ぎの仕事を抱えている身としては少々焦りますが、、(汗)
    まあ、オーストラリア最大のイベント、お祭り、素直に楽しみますかねえ。

    そんなメルボルンカップ、その背景も含め、Takechanのブログよりご紹介。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    メルボルンカップとチャールズ皇太子夫妻

    11月の第1火曜日は、”Stop the Nation”と言われる『メルボルンカップの日』です。オーストラリアでは春(9〜11月)と秋(3〜5月)に、メルボルンとシドニーを中心に競馬が開催されます。メルボルンはオーストラリアの文化の中心でしたから、連邦政府誕生(1901年)前から、いろんなスポーツや芸術などのイベントが開催されてきました。

    競馬はオーストラリアに於いても、社会的な地位を確立したスポーツであり文化でもあります。大きなレースが開催される時には、英国の貴族社会を真似して正装で出かける人が多いです。暑いのでタキシードは着用しませんが、男性ならスーツ、女性はドレスと言うのが一般的です。特に女性はドレスに合わたて帽子、靴、バッグにかなり費やす人も多いです。

    『メルボルンカップ』が他のレースとことなるのは、メルボルン市内では祭日と言うだけではありません。まず各州都の主な競馬場でも、この日はレースが開催されます。またホテル、レストラン、クラブなどでは、この日のために特別メニューのランチを提供されます。メルボルンにも幾つか競馬場がありますが、レースが開催されるのは『フレミングトン競馬場』です。
    レースは朝から行なわれますが、メルボルンカップレースは午後3時の出走です。この時間になると、全ての競馬場、各レストランやバーなどでは、大型スクリーンにこのレースの模様が写し出されます。さらに職場でもファンクションを開いて、職場内レースを楽しんでいる所もあります。まさにこの時間、オーストラリア国民の目は『このレースだけに』注がれるのです。

    特に今年のレース会場には、英国のチャールズ皇太子も列席します。今年はダイヤモンドジュブリーに因んで、英国王室の人達が女王の派遣として、世界中を訪問していますが、オセアニアにはチャール皇太子が訪問されました。彼は学生の時一時留学していたこともありますが、再婚してからは初めての来豪となります。英国王室のメンバーに人が列席するとなれば、例年よりも華やかなシーンが楽しめそうですね。

    melbournecup

    PRINCE CHARLES AND THE DUCHESS OF CORNWALL. PICTURE: AFP

    (Takechanのブログから直接読む)


    おう、、、あの内田真弓さんだ。
    多分日本人の中では、一番アボリジニーの世界を実体験で知り尽くしている人。
    (詳しくはこんなところで紹介させてもらってます)

    お時間のある方は是非足を運ばれたらいかがでしょう!

    オーストラリア専門の旅行会社「オズ・プロジェクト」代表、岡田さんのブログよりご紹介。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    アボリジニアート展のお知らせ

    内田真弓さんが代表のアート・スペース・ラウンド・オブ・ドリーム主催のアボリジニアート展が今年も代々木上原のギャラリー上原で開催されます。内田さんが選んだ素晴らしい作品が販売されます。アボリジニアートに興味のある方は、ぜひお出かけください!!!

    開催期間:11月3日(土)~11月25日(日)  12:00-19:00

    場所:ギャラリー上原  渋谷区上原1-21-11  ☎03-3467-3932

    千代田線、小田急線の代々木上原駅 南口1、南口2より徒歩3分

    uchidamayumi



    11月3日(土)の17:00-20:00 オープニングパーティーです。私も参加しますので、会場でお会いしましょう!!誰でも参加可能です。

    (本人のブログより直接読む)

    Actus Member、大竹さんからの情報です。
    8月18日のケアンズでのおみこしパレード、皆さんぜひ応援を!

    parade


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ボランティア活動で得る宝物

    初めまして! ケアンズ在住のメディア・ランゲージ・コンサルタント / ジャーナリストの大竹さな え(サニー)です。ソーシャル・メディアを通して世界に羽ばたきたい人、世界に知ってもらいた い商品やサービスをお持ちの方々に翻訳サービスを提供しています。

    オーストラリア在住歴 15 年。自然たっぷりのこの国のことを見たり聞いたりするだけでは物足り ず、キャンピングカーやヨットで旅し、スリルたっぷりな経験を 何度も味わった自称プチ冒険家 です。今は大好きな常夏のケアンズで暮らしながら、ビジネスと子育ての傍らケアンズ・ウクレ レ・フェスティバル、ケアンズ・フェスティバル“おみこしパレード”実行委員広報担当としてボ ランティア活動をしています。(明らかにお祭り好きの性格・・・)

    今日、ご紹介したいのはこの“おみこしパレード”についてです。今年 8 月に 51 周年目を迎える ケアンズ・フェスティバル。そのオープニングを飾るグランド・パレードは、ケアンズの海岸通り を練り歩く、1 年のうちで一番大きなイベントです。そしてそのパレードに、日本チーム”おみこ しパレード”が初参加することになりました。

    昨年 2011 年、クイーンズランド州の様々な地域で異常なほどの自然災害が頻繁に起こったことは 皆さんの記憶にも新しいことだと思います。川が氾濫し、家が流されたり、強風で屋根が吹き飛 ばされ、行き場を失った人たちが数多くいました。そしてその直後、日本で起こった衝撃的な東 北大地震。身近な地域で、こんなにもダメージを受けた災害があったばかりだというのに、さら に日本のためにも、大勢の地元の方々がチャリティーイベントに 参加したり、募金に協力してく れたのです。私自身もできる限り、ボランティアとして携わってきましたが、数ヶ月ほど前、イ ベントでご一緒させていただいた 方から「ケアンズの方々に、感謝の気持ちを伝えるため、パ レードに参加しません?」と話を持ちかけられました。

    祭り好きの私ですから(笑「もちろん喜ん で!」と即答。そして、現在このパレードの準備を着々と進めている真っ最中です。 ケアンズ・フェスティバルは、毎年8月後 半から9月初旬にかけて半月ほど開催される、ケアンズ 最大のお祭りです。その中でも目玉と呼ばれる出し物は、初日に行われるオープニング・グラン ド・パレードで、企業やクラブ、学校やコミュニティなどが、自分達の活動をアピールするために 出場します。そのパレードに、日本文化をテーマとした“おみこしパレード”として参加し、文 字通り神輿を担ぎ、さらに感謝のメッセージを大きく掲げながら 1 万人の観衆の前を練り歩く予 定です。

    なにせ、これは初めての試み。神輿作りから、参加者集め、お手伝いをしてくださるボランティ アさんやスポンサー探しなども、まっさらな状態からのスタートです。日本の夏祭り の雰囲気を 出すために、はっぴや浴衣での参加者を求めているのはもちろん、コスプレという現代風の日本 文化を、パレードでアピールできたらと思っています。

    参加者は日本人だけでなく、日本に興味 のある人ならだれでも歓迎。枠があって、ないような、賑やかで明るい、みんなを笑顔にできる ようなチームを目指しています。地元の人達への感謝の印として、折鶴しおりに“Thank you”と いうメッセージを添え、手渡していこうという計画も着々と進行中。本番、どうなるんだろう... と今からワクワクドキドキですが、“トライ&ネ バー・ギブアップ”精神で仲間と一緒に頑張っ てます。

    私にとって、イベントのボランティア活動を通して得る宝物はたくさんあります。「成功させよ う!」という目標に向かって、一緒に活動している仲間との団結力、自分の知らなかった分野で活 躍している人達との繋がり、そして何かを生み出し、それを成長させていこうと試行錯誤する学 びの過程です。“おみこしパレード”がデビューするまであと 2 ヶ月。 ブログ、フェイスブック、ツイッターでも情報発信を開始しましたので、応援よろしくお願いしま す!

    cosplay2cosplay









    ●おみこしパレード詳細 Facbook ページ
    https://www.facebook.com/Omikoshiparade.cairns
    Twitter
    https://twitter.com/#!/CairnsOmikoshi
    アメブロ
    http://ameblo.jp/omikoshiparade
    豪人ブログ(オーストラリアの口コミブログ)
    http://omikoshiparade.go-jin.com
    ●ケアンズ・フェスティバル・グランド・パレード詳細
    開催日時:8 月 18 日(土)午後 5:30~ 場所:ケアンズ・エスプラネード

    コスプレ2 コスプレ1

    サッカーの日豪決戦(12日)、結果は1−1のドローで”在豪日本人”としては、まあ良かったのかなと思っています(そんなことを言うと怒られるかな?)

    しかしこちらオーストラリアではあまり盛り上がっていませんでしたね、正直なところ。
    地上波での放送もないし(有料のフォックステルのみ)、スタジアムも満員とはいかなかったようですし。

    しかし昨夜(13日)のシドニーでのラグビーの試合「ステート・オブ・オリジン」、こちらは悪天候にも関わらず異様に盛り上がっていました。
    (僕はテレビ観戦でしたが)

    origin1



    このラグビー・マッチ、1年に1回開催されるもので、NSW州(チーム名:ブルーズ)とQLD州(チーム名:マロンズ)との対抗戦。
    普段は敵味方のプレーヤーも、このときは出身地によってチーム分けされるというもの。

    この盛り上がりは例年凄いです。
    日本でいうと野球の日本シリーズに近いですかねえ、、(あくまで僕の印象ですが)

    さて、ゲームは3戦。そして先に2勝したチームが勝ち。
    しかしここのところ、NSWはなんと6連敗。今回も初戦は敗戦。
    いわば崖っぷちにたたされていたわけです。

    そして昨晩の第2戦。
    場所はシドニーのオリンピック・スタジアム。

    結果はNSWの辛勝、16−12。

    なんとか生き延びた格好です。
    そして、第3戦まで持ち越されたわけで、NSWに住んでいる身としてはなんとか第3戦も勝利してほしいものです。


    (Source:SMH)

    ↓ ラスト10分の様子

    いよいよ今晩(12日)ですね。
    サッカーはあまり詳しくないのですが、ここまでオマーン戦、ヨルダン戦と日本は絶好調。
    かたやオーストラリア。
    先週末がアウェイでオマーン戦。結果は0−0のドロー。
    実は取材もかねてこの試合、シティーのスポーツバーで観たのですが、いくらアウェイと言っても何か消化試合のようで、盛り上がりは今ひとつ。
    オーストラリアに何か秘策はあるのか?

    いずれにしても今晩です!
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    本田、豪州戦で「新しい挑戦」

    soccer

    練習後、テレビのインタビューに答える本田(撮影・栗山尚久)

    ブリスベーン(オーストラリア)10日=盧載鎭、益子浩一、保坂恭子】日本代表のMF本田圭佑(25=CSKAモスクワ)が、3戦連発で14年W杯出場を手繰り寄せる。明日12日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦に向け、現地で初練習を行った。B組首位の日本は、宿敵に勝てば3連勝で独走態勢に入る。厳しい敵地戦でも本田は「相手の土俵でなく、自分たちの土俵で戦う」と宣言。97年の呂比須ワグナー以来となる最終予選3戦連発で、ブラジルへの道を開く。

     初練習を終えたばかりの火照った体に、冷たい雨が降り注いだ。初冬の現地は午後5時を過ぎると、周囲は真っ暗だ。いつものように情報漏れを防ぐため、非公開で行われた練習後、スタジアム横の通路で取材に応じた本田は既に戦闘モードに入っていた。

     「日本にとっては、いろんな面で挑戦しないといけない。臆することなく、日本らしい戦いをピッチで見せることができればいい。新しい挑戦-。アウェーのオーストラリア戦は、意味のある一戦になる」

     それは自分との「挑戦」でもある。3日オマーン戦で1点、8日ヨルダン戦で3点を決めており、次戦に3戦連発がかかる。最終予選の3戦連発は、97年に呂比須ワグナーが達成して以来。当時、加茂周監督が更迭された直後、日本国籍を取得したばかりの侍が、98年W杯フランス大会出場権獲得に大きく貢献した。日本の置かれた立場は、15年前と今とでは劇的に変わった。だが時代が変わっても、変わらないものもある。それは点を取ることへのこだわり-。それを一番知っているのは、本田自身だ。

     「あくまでも相手の土俵ではなく、自分たちの土俵でサッカーをしないといけない。満足できるいい形で日本に帰りたい。常にバランスを考えて、守りでもチームに貢献する」

     点を取る姿勢は不変でも、1つだけ変わったことがある。バランスを意識する「新しい本田」の姿-。3年前は、ゴールに固執するあまり、守備を嫌った。失点の要因になった09年9月のオランダ戦後には「俺の守備のことばかり言うのが日本らしい。それより俺がシュートを1本も打っていないことを指摘してほしい。結果を出すポジションなんやから」と言った。それが3年の歳月を経て「バランス」「守り」という言葉を口にするようになった。

     敵地で勝てば3連勝で、14年W杯ブラジル大会出場へ独走態勢に入る。W杯優勝を公言したことのある男が目指すのは、アジアではなく世界。本田のゴールが、遠く離れた日本を歓喜の渦に包み込む。【益子浩一】 [2012年6月11日6時53分 紙面から]

    (Source: Nikkan Sports)

    このページのトップヘ