オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 世界のニュース

    とりあえず、まずは下記の写真をご覧ください。

    invisibleman1


    invisibleman2


    invisibleman3


    ARTIST 'DISAPPEARS' AROUND THE WORLD

    誰かがいるような、いないような。
    完全に周りと同化している。

    実はこの方、中国人のアーティストLiu Bolin さん。
    人間カメレオン(The human chameleon)とも言えそうな彼、自分の体をキャンバスの一部と考え、周囲と完全に一体となっている。

    その故にか、彼のまたの名をINVISIBLE MANというそうな。
    日本語にすると、やっぱり透明人間ですかねえ。

    このスーパーの陳列棚に限らず、万里の長城やら、アメリカ国旗やら、劇場やら、、至る所に出没しているそうです。
    彼のアシスタント曰く、通常はこの作業(アート)をするのに数時間かかるとか。
    ううん、本人よリむしろアシスタントの方が大変だったりして。

    彼の作品をもっと多く見たい方、下記You Tube 映像をどうぞ。
    かなり面白いと思います。
    やっぱり偉大なるアートかも。。。






    (ソース:Yahoo7 news)



    無用な説明はいらないと思いますが、日本同様地震、火山の多い国、ニュージーランド。

    TBSシドニー通信員飯島さんのレポートです。
    考えさせられます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    日本のお隣の中国、今や飛ぶ鳥を落とす勢いですね。
    海に架ける橋もついにこんなのを作ってしまったとか。

    China opens longest bridge


    chinabridge1


    chinabridge2



    橋の名前は Jiaozhou Bay bridge(なんて読むのかな?)。
    長さ42キロ。幅35メートル。総工費AU$1.41billionということは、1200億円位?

    ともかくもう一つ驚くことは、この工事2006年からはじめ、両端から同時に始めたようですが、わずかたったの4年間で仕上げてしまったとのこと。
    これって、すごいスピードのような気がします。
    特にわがオーストラリアから見ると、、、

    これは世界最長。ギネス事務局によるとそれまではアメリカのルイジアナ州にある橋が最長だったそうですが、それを4キロほど上回っているとか。

    しかしこれで驚くのはまだ早い?

    あと数年で、中国南部の方、どうも香港、マカオを結ぶ橋ができるそうですが(どうもあまりこのあたりの地理を知らないのですいません)、それが完成するとまたまたダントツの世界一になるようです。そしてその距離なんと164キロだそうです。

    ちなみに、その橋のお名前は、Danyang-Kunshan Grand Bridge
    というそうです。

    いやはや、中国パワー健在なり。

    (ソース:Yahoo7)


    僕も嫌いなほうではないのですが、多くの皆さんもこのたぐいの話は好きですよね。
    ついに明日(5月21日)がJUDGEMENT DAYになるようです?!

    judgementyhumb_16x9-408x264


    コトの発端はキリスト系のかると集団の教祖である、Harold Camping氏(アメリカ在住、89歳)が、自分たちのFMkラジオ局を通じて世に送り出したメッセージ。

    5月21日はなんとあのノアの箱舟の大洪水から7000年が経過。

    今年すでに起こっているような地震や天災が世界中で起こり、5月21日から5ヶ月間人類が苦しむ。
    そして5ヵ月後の10月21についに地球が滅びる。

    ・・・・・

    まあ、ノストラダムスではないのですが、こういった話(世紀末もの??)はいつもあるもの。

    今朝こちらのテレビで観ていたら、なにやら信者さんがインタビューに答えていて、
    「日曜(明後日)朝になっても何も起こらなかったらどうなるの?」
    の質問に、、
    「こういった啓蒙活動で、人類がみんな目を覚ましてくたら、回避することができるかもしれない」
    なんて言ってました。

    まあ、MCさんは明らかに呆れてましたが(笑)


    さて、明日は、皆さんどうします??

    僕は街中にロケに行きます。
    オーストラリアでも何か起こるのでしょうか?

    何も起きなかったときの当事者のコメントが今から待ち遠しい、、、

    (ソース:SMH)




    さて、この写真は?

    hk_airlines_main


    以前、ジョントラボルタを起用したカンタス航空の機内ビデオとか、エアロビを使いながらのニュージーランド航空の機内ビデオとか、幾つか面白いトピックスをご紹介いたしましたが(→その記事はここから)今回は、香港エアーライン。

    何と、あつかいにくいお客様などがいた場合の対策として、客室乗務員にマーシャルアーツを教えているようです(まあ、強制ではないようですが)。
    しかしながら、なかなかユニークですね。

    興味のある方は、こちらで動画も見られます。

    (ソース:SMHより)



    このページのトップヘ