オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 芸能・音楽・ファッション


    現在レディ・ガガがオーストラリアに来ていますね。

    Takechanのブログからご紹介。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    レディ・ガガ(LADY GAGA)@シドニー

    一時期は有名アーチストがあまり来演しなかったオーストラリアですが、最近はコンサートの回数が増えています。今年はヤングディーンエージャーに人気のある『ワンダイレクション』も来ましたが、やっぱり今一番ホットなのは(私でもその曲まで知っている)のはLady Gagaですね。

    ブリスベンでコンサートを終えたLady Gagaは、現在シドニーのコンサートを控えて、オペラハウスが正面に見えるロックスの先端にある、Park Hyatt Hotelに滞在しているようです。ホテルの前の道路はとても狭いですが、ファンが一目見ようと押し掛けているようです。しかし彼女はファンサービスもたっぷりで、出かける前に挨拶をしてくれるようです。このホテルは三階建ての小さなホテルのために、隠れる所もありません。

    コンサート前はシドニー市内にあるトレンディーなレストランで食事をしています。昨日は昼はWoolloomoolooにある Manta でボーイフレンド、5人のボディーガードとともに食事をしていたようです。食後はレストランのスタッフと写真を撮ったり気さくな様子です。近くにあるレストランのスタッフも彼女の写真を撮りにきていたとか。

    友達からメールがあり、夜友達がバーで飲んでいたら、スタッフから『今Lady Gagaがレストランに食事に来ているよ』と言われたそうです。『見に行く』と誘われたけど、友達の連れが興味ないと言うので、残念ながら見れなかったそうです。バーは市内でも有名なクラブにありますが、レストランは最近できたらしく、意外とこじんまりしているそうです。

    シドニーのコンサートは20日(水)〜24日(日)まで、オリンピックパークにあるAllphones Arenaで行なわれます。去年コンサートを開きましたが、その後シドニーに戻って、抽選で選ばれた人達のために、プライベートコンサートを開いたりと、オーストラリアがお気に入りのようです。

    特に今回はタイやインドネシアのコンサートでトラブルが発生したり、ツアーがキャンセルになったりと、アーチストとしては残念でしょうから、このオーストラリアで燃焼して下さい。この後メルボルンとパースでコンサートしますが、合計すると一ヶ月近い滞在です。

    オーストラリアは冬、いくら日本程寒くないとは言いながら、空港で降りる時とかノースリーブのドレスだったり。『風邪引かないように』と声かけてしまいたくなるのは、私がおばさんだからかな。コンサート見に行くかと言われて、最低80ドルから(一番後ろの見え難い席)、決して高くないけど美味しいもの食べます。

    コンサートより市内に彼女が見たいです。素顔は分からないけど、ちょっとセンスの良い服で歩いている人(ひとりで歩くことはないでしょうが)がいたら、Lady Gagaですね。

    lady-gaga

    (写真はランチのあとのウールームールー・ワーフで、 Daily telegraphより。ここからもっと多くの写真が見られます)


    (Takechanのブログから直接読む)




    もう2日ほど前になってしまいましたが、こちらの超人気番組、「Australia’s Got Talent 」での出来事。
    有名なオーディション番組ですが、現在セミファイナルの段階まできて、4組がノミネートされていました。

    その一組に何と日本人のデュエットが、、。
    George とNoriko 。
    実は、番組直前に友人から、「三味線のNoriko さんがでてるよ」
    と連絡があり、急いでチャンネルを変えてみたところ、でているではありませんか!
    Noriko さんは現在メルボルンにお住まい、こちらでいろいろな活動をされているので日本人にも人気。僕もシドニーでコンサートをされたとき、友人を介して紹介していただきました。

    noriko tadano


    男性の George さん( 彼も日本人だと思いますが)は存じ上げないのですがホント、びっくりしました。
    ギターと三味線のコラボというか、審査員も、「和洋のコラボ」と絶賛していましたね。

    伝統的な津軽三味線が、このようなところでこのように形を超えて(まさに時空を超えて?)表現されている。
    なかなかオージーにも刺激的だったようです。

    さて、この後どんな展開になっていくのか、、見守りたいものです。
    Noriko さん、George さん、がんばってください!!!!

    ↓これがsemifinal の時の映像です。審査員の驚きの表情が面白い。



    なお、この番組時の詳細情報は、 Takechan のブログに詳しくありますので、ぜひご覧ください。

    また、津軽三味線の只野徳子さん(Noriko Tadano)さんの情報はこちらをどうぞ(ちょうどアップしたところでした)。


    オーストラリアの子供向けキャラクターとしてはダントツの人気を誇る、ウイグルズ。
    我が家の子供たちは一時は大変お世話になりました。
    ライブを2回も観に行ったし。

    しかし、このおっさんグループ(失礼!)、なぜにそんなに人気があるのか、昔からよくわかりません。しかも、アメリカでも一時は一世を風靡したとか、、、。

    なにはともあれ今回のメンバーの入れ替わりの理由が、
    「家族との時間をもっと大事にしたい」
    とのこと。

    オーストラリアらしい微笑ましい理由ですね。

    更なる活躍を期待!
    輝け中年の星!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ウィグルズ、メンバー4人のうち3人がグループを引退


    カラー・シャツ(地元の言葉で言うと“薄手のスウェット・シャツ”らしい)がトレード・マークのオーストラリアの人気グループ、ウィグルズの創始メンバーの3人が、5/17(木)に脱退することをアナウンスした。年末までに、世代交代のために新メンバーたちにその座を引き継ぐという。

    バンドの公式ウェブサイトに掲載されたアナウンスによると、彼らは今月末から“CLEBRATION TOUR”をスタートさせ、シンガポール、アメリカ、カナダ、ニュージランドと回り、そのあと本国のオーストラリアに戻って11月~12月にファイナル公演を行うそうだ。

    wiggles


    今回グループを去るのは、ジェフ・ファット(パープル・ウィグル)、マレー・クック(レッド・ウィグル)、グレッグ・ページ(イエロー・ウィグル)の3人で、それぞれ家族との時間をより多く持つために現役引退を決めたという。しかし3人とも引き続きグループとの関わりを持ち、“裏方としてクリエイティヴな役割を務める”とのことだ。

    そして残るアンソニー・フィールド(ブルー・ウィグル)は、新たに加わる新メンバー、エマ・ワトキンス、ラクラン・ギレスピー、サイモン・プライスと共にパフォーマンスを続行する。

    「ホット・ポテト」、「ビッグ・レッド・カー」などのヒット曲で知られるウィグルズは、これまでにアルバムとDVDを合計で3,000万ユニットも売り上げている人気グループで、世界中の子供たちとその親たちから絶大な支持がある。彼らのショーには、これまでにメタリカのジェームズ・ヘットフィールド、ロバート・デニーロ、クリス・ロック、ジェリー・サインフェルド、サラ・ジェシカ・パーカー、シャキール・オニールといった大物たちが観客席にいる姿を見られている。

    人気絶頂期には、オーストラリアのエンターテイナーの中で4年連続No.1の興行収入を稼ぎ出しており、毎年4,500万ドルの売り上げと、年間トータル520回ものショーを展開していた。現在では公演数は少なくなり、年間で350回ほどに抑えられている。

    (Source:Billboard)


    皆さん、若者3人によるユニット、"CARTOON CLUB"をご存知でしょうか?
    こんなグループ。

    cartoon club


    (Cartoon ClubのHPよりお借りました)



    実は彼らは、つい最近まで、バスカーとして街中でがんばっていたそうです。
    昔からの同級生とかで、全員が18歳。

    この真ん中の女の子、サツキちゃんと言うそうです。
    オーストラリア生まれですが、生粋の日本人。
    なかなかボーイッシュでかわいく、唄もなかなかのもの。

    実は僕にとって、サツキちゃんのお母さんとは、昔の職場の同僚だったのです。
    (20年以上前ですが、、、)

    ま、それはともかく、
    彼女たち、いつものように、シドニーの街中でストリートパーフォーマンスをしていたところ、地元チャンネル7のモーニングショー「サンライズ(Sunrise)」のスタッフの目にとまったそうで、ここから急展開!

    なんと、毎週末の「ウイークエンド・サンライズ」で2ヶ月間、リアルタイムで彼女たちの活動を追っかけていくことに。CDデビューまで行くような勢いです。

    とても面白い。
    リアルタイムで彼女たちがどれだけ変身していくか、
    注目と同時に、応援していきたいと思います。

    皆さまも是非、、、

    しかし、「いったいどんなグループ?」と思われる方は、まずは下記をご覧ください。
    これがサンライズで一番最初に紹介された、ひとこま。。

    すでにここからどんどん進化しています、その様子はこちらで多分毎週観られます。









    さて、最近流行のテレビ番組、第2弾は、「ザヴォイスオーストラリア」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    The Voice Australia (ザヴォイスオーストラリア)

    日本では4月からFOXbs238にて、『アメリカ版ヴォイス』が放送されているようですが、『オーストラリア版ヴォイス』が今週から放送になりました。これは音楽オーディション番組として、サイモン・コーウェルがプロデュースした『アメリカンアイドル』や『Xファクター』と並ぶ人気に迫っているようです。

    『ザヴォイス』は2010年にオランダで『The Voice Holland』としてスタートしました。オランダから始まったフランチャイズテレビ番組としては、1999年に放送された『ビッグブラザー』が有名です。アメリカやオーストラリアなど20カ国以上で放送されました。『ザヴォイス』も『アイドル』や『Xファクター』のように、翌年からアメリカでシリーズが始まりました。ヨーロッパを中心に、去年又は今年からシリーズが始まる所が多いですが、アジアでは韓国やインドで放送開始になるようです。

    オーストラリアでは今週からシリーズ1が始まりました。『オーストラリアズゴットタレント』がチャンネル7で放送開始になりました。この番組も今では人気番組のひとつですが、それに対抗するかのようにチャンネル9で同時間帯に放送されています。放送日が異なる日もありますが、同時間帯に好きな番組が重なると辛いですね。

    この番組の特徴としては、今人気のある有名な歌手を、審査員兼コーチとして採用していることです。アメリカではクリスティーナ・アギレラなどが審査員をしていますが、オーストラリアでは、デルタ・グッドレム、キース・アーバン、シール(英国)、ジョエル・マッデン(アメリカ)が審査員です。普段コンサートなどでしか見ることのできない大物歌手を、もっと間近に見ることができるだけでなく、違う姿を見ることができるようです。

    オーストラリア版『Xファクター』にも、4人の審査員兼コーチがいます。ガイ・セバスチャン、ローナン・キーティング(英国)、メルB(英国、元スパイスガール)、ナタリー・バッシングスウェイトが去年の審査員をつとめています。メルBなんて最近は『ダンシングウィズスター』の司会にも採用され、すっかりオーストラリアに定着しつつあります。

    『オーストラリアズゴットタレント』はいろんな才能の持ち主が出場しますので、歌希望の方のレベルはあまり高くありませんが、『ザヴォイス』にオーディションに来る人は、皆さん歌がうまいですよ。しかし審査員が降り向かないと、次のステージにはすすめませんが。この番組にガイセバスチャンの弟が出場し、シールのコーチを受けることになりました。お兄さんはこの審査員達とも知り合いですが、これからどうなるか楽しみです。

    The Voice Australia こちらでは出場した人のビデオをみることができますが、私のお薦めはガイの弟Chris Sebastianと、盲目ですがステキな歌声を聞かせてくれた Rachel Leacher です。彼女の歌を聴いていて涙が溢れました。盲目と言っても病気が原因のようで、とてもすてきな瞳の持ち主です。私は彼女を応援します。もしビデオが見れなかった人はtweeterでフォローして下さい。


    ヴォイスの番組のコンセプトなどについては、米で大人気の新オーディション番組「ザ・ヴォイス」4月よりFOXbs238にて放送決定の記事をお読み下さい。

    thevoice

    The Voice Australia

    ( Takechanのブログから読む)

    このページのトップヘ