オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 芸能・音楽・ファッション

    たびたび紹介させていただいている、ミランダ・カー。
    オージーのトップモデル。

    ミランダカー


    また来日とか、、
    またまた騒がれそうですね。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ミランダ来日!ファンから花に「ワォ」

     リプトン「リモーネ」のCMに出演しているオーストラリア出身のモデル、ミランダ・カー(29)が7日、成田空港に来日した。

     約100人のファンの歓迎を受けたカーは気軽にサインや写真撮影に応じるなどご機嫌。ファンから花をプレゼントされ「ワォ!サンキュー」と感激していた。

     8日には神戸市を訪れ、イメージキャラクターを務める「サマンサタバサ」の三宮OPA店に来店。さらに「神戸コレクション」に出演する。9日には東京スカイツリータウンでのプロモーションに登場するなど短期間で東西を奔走することになっている。

    (Source: Daily Sports)

    不勉強ですが、GROSSFAITHつてなかなかのバンドのようですね。
    来年、期待しています!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    CROSSFAITH、豪州フェスに日本人バンド初出演の快挙

    crossfaith


    2度目のUKツアーと初のヨーロッパツアーを控えているCROSSFAITHが、オーストラリアの大型野外イベント「Soundwave Festival 2013」に出演することが決定した。

    「Soundwave Festival」はオーストラリア最大の規模を誇るロックフェスティバル。2013年は2月23日、24日、3月1日、2日、4日の5日間にわたってオーストラリア各地で開催され、METALLICA、LINKIN PARK、SLAYER、BLINK-182といったビッグネームが登場する。なお日本のアーティストがこのイベントに出演するのは彼らが初となる。

    また現在オフィシャルサイトでは今年6月に行われたアジアツアーのドキュメンタリー映像を公開中。国境を超えて躍進を続ける彼らの熱いライブパフォーマンスを垣間見ることができる。

    (Source:Natalie)

    ジェシカ・トンプソン、凄い女のこですよね。
    2−3年前に彼女が快挙をなす前は、
    「こんな未成年の小さな女の子に単独で航海させていいのか?」
    などの議論が、世論を二分したことを覚えています。
    しかし彼女は果敢にチャレンジ、そして成功した!

    オーストラリアはスポーツ大陸、なかでもヨットはつとに有名。
    確か昔の記憶によると、人口比でのヨット所有率はニュージーランドに続き、世界でも2位。

    こんなお国柄で生まれた快挙だと思います。
    ぜひお楽しみに。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    16歳の時にヨットで単独世界一周を果たしたジェシカ・ワトソンのストーリーが映画化!

    jessica
    16歳の時にヨットで単独世界一周を果たしたジェシカ・ワトソン - Brendon Thorne / Getty Images(シネマトゥデイ)

     2010年、16歳の時にヨットで単独世界一周を果たしたジェシカ・ワトソンのストーリーが映画化されることが、Digitalspyや複数のメディアが伝えたことで明らかになった。

     これはオーストラリアン・インターナショナル・ムービー・コンベンションで発表され、パラマウント・ピクチャーズのもとで、映画『ソウル・サファー』の監督ショーン・マクナマラ監督とプロデューサー、デヴィッド・ブルックウェルの制作会社ブルックウェル・マクナマラ・エンターテインメントが製作することになっている作品。さらに、ジェシカ・ワトソンが執筆した自叙伝「トゥルー・スピリッツ(原題) / True Spirits」を基に映画化する予定だ。

     ジェシカ・ワトソンは、ヨットによる世界最年少の単独無寄港、無支援の世界一周を目指してオーストラリアのシドニー港を2009年の10月に出航し、翌年の5月に再びシドニー港のフィニッシュラインを超え、世界一周を果たした。

     撮影は、来年の初期にオーストラリアのシドニーやゴールドコーストで撮影に入り、来年の年末に公開する予定でいるようだ。『ソウル・サファー』のチームが手掛けることで、刺激的な作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

    (Source: MSM.com)

    ↓Youtubeで昔の彼女の映像もありました。彼女のヨットがピンクでかわいい!




    おっ、イソガワさんの紹介だ。
    彼の実力は、ファッション界ではすでに、つとに有名。

    「オーストラリアで有名な日本人」としてはおそらく、5本の指に入るだろう。
    そんな彼のウエディウングファッションの記事。
    おなじみマミィさんのブログより紹介させていただきます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    オーストラリアのカリスマファッションデザイナー

    オーストラリアを代表するファッションデザイナーに
    京都出身の五十川明さんがいますが、
    今、彼のウェディングドレスのデザインが、
    オーストラリア人女性に大人気です

    isogawa1
    【Mr Akira Isogawa、向かって右側のメガネをかけている方】

    isogawa2
    isogawa3
    【彼がデザインするドレスは、どことなく儚げな雰囲気があります】

    isogawa4
    【オーガンジーが美しいイブニングドレス】

    ちなみに、このモデルさんのヘアーメイクは、弊社所属のヘアーメイクアーティストです
    五十川氏より、アドバイスをいただきながら、ポイントカラーを選びました


    五十川明さんのプロフィール(Wikipediaより)

    五十川 明(いそがわ あきら、1964年 - )は、オーストラリア 在住の日本人 ファッションデザイナー 。
    京都市 出身。佛教大学 卒業。1986年 にワーキング・ホリデー にてオーストラリアに渡り、イースト・シドニーTAFEにて服飾を学んだ。1999年からパリ・コレ に出展するなど国際的に高い評価を得ている。同年、オーストラリアン・ファッション・ウィークでデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞する。2007年 、第一回オーストラリア・ファッション大賞を受賞する。現在世界11ヶ国でコレクションを販売している



    数年前のものですが、ある雑誌に掲載された五十川氏へのインタビュー記事がありました

    http://www.cheers.com.au/entertainment/interview/94/


    ファッションデザインも好きが講じたものかもしれませんが、
    生活力がないときでも、目標を掲げて
    ひたむきに、そして前向きに突き進むことが大事なんですね

    (マミィさんのブログから直接読む)

    地元でのオーディション人気番組「Australia's got talent」

    前回お伝えしたように、日本人デュオがががんばっています。

    その続報。
    更なる活躍を期待したいところ。
    みんなで応援しましょう!

    以下、Takechanのブログより。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    『George & のりこさん』@オーストラリアズゴットタレントファイナル

    オーストラリアズゴットタレント2012もいよいよファイナルへとなりました。先週はファイナルに残った16出場者のうち8組が演技を披露して、4組がグランドファイナルへと進みました。視聴者から投票でトップ5に残ったグループが、ステージに戻りましたが、トップ2組はそのままグランドファイナルへと進みます。

    オリジナルソングで審査員の評価の高かった  Joe Moore,、アクロバティックをすばらしい振り付けで、クラシックバレーを見ているかのように魅了してくれる Odyssey でした。残り2席を3組で争うことになりましたが、審査員にも決めるのが難しかったようです。最終的にビートボックスをさせたらピカ一の Genesis 、会場を沸かせてくれるストリップショーを見せてくれた Dylan Yeandle でした。

    もちろんグランドファイナルまで進みませんでしたが、ここまで進んだ人達は才能があります。オーストラリアズゴットタレントのホームページにある、ヴィデオの所から選んで、すばらしい演技を楽しんで下さい。オーストラリア以外からも見られると良いのですが。

    さて昨日はファイナル残り8組が演技を披露しました。もちろん私が応援するのは、『George &のりこさん』です。今回は趣向を変えて、のりこさんは三味線の演奏だけでなく、太鼓も披露して下さいました。演奏はこちらからご覧下さい。舞台裏でのインタビューはこちらから楽しめます。

    『George &のりこさん』がグランドファイナルに進めるかどうかは、皆さんからの応援にかかっています。投票は7月13日の12時まで(シドニー時間)です。ここに電話するか、1902 55 75 02  または  SMS で”GEORGE” と記入して 1977 8888. 190 に送って下さい。両方とも有料です。

    georgeandnoriko

    Audtralia’s Got Talent『 Geroge&のりこ』

    (takechanのブログから直接読む)

    このページのトップヘ