オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: 動画


    個人的なことですが、、、
    シドニーに来て、しばらくした後、関西出身の有名デザイナーKさんの事務所に間借りさせていただいた。K氏はすでに長老で、セミリタイアーのお身分。
    実は彼、熱狂的たかじんファン(それも夫婦そろって)、よくお話をしてくれた。
    ある年末には、恒例のクリスマスイベントで(シドニー日本人会主催)たかじんさんが日本から招待され、彼らはそのコンサートを堪能されたようだ。

    その後、K氏、僕にたかじんさんの本も「読むように」と半ば強制的に勧められ(笑)、以来、僕自身たかじんさんの大ファンになってしまった。

    日本の彼の番組もほとんど見た。
    あのハチャメチャ、しかし鋭い洞察力、男気、、本当に惜しい人を亡くしたもんだ。

    そんなおり(?)、偶然こんな動画を見つけました。


    何と、なんと(くどい?)たかじんさん、シドニーに来ているではありませんか、
    しかも、
    中森明菜さんと一緒に!
    (ずいぶん前の映像ですが、、、)

    これは見ないてはない、、。

    皆さんもどうぞご覧ください。




    同業者(撮影コーディネーター)の友人が紹介してくれた情報です。


    『1分間のグレート・ジャーニー。オーストラリア大陸走破篇 One minute Drive in Australia』





    この動画、実はSUBARUの「フォレスター」のプロモーションの一環。
    なんと世界5大陸、10万キロ走破を目指して企画された「FORESTER LIVE」で公開された映像。
    現在はすでに3大陸を「制覇」、4大陸目の南米大陸を走行中だとか。
    (僕の友人は、このオーストラリア大陸走破の際、裏でお仕事を手伝っていたわけです、逐次「今どこどこにいます、、」と報告があり、その時は僕も一緒に旅をした気分でした)


    1分間で雄大なオーストラリアをお楽しみください。

    なお、この詳しい情報は下記をご参照。

    忙しい人必見! 1分でヨーロッパ大陸やオーストラリア大陸を回れる動画が公開


    ちなみにオーストラリアでは相変わらず日本車が大人気。
    トヨタは安定した人気(おおざっぱには全体の半分が日本車、そのうちの半分がトヨタ車というかんじ)ですが、このスバルとマツダは、特定のマーケットには断然人気があります!



    いやはや我らがプロフェッショナルカメラマン、クール島さんが、やってくれましたね。
    こんな動画を、、どうぞご覧あれ。



    何でも、本当に簡単に出来ちゃったサンプルだそうで、、、

    まねして作りたい方は(笑)、彼のブログに詳しい作り方の説明があります。

    ここからどうぞ。

    それにしても便利になったもんですね。

    ↓これが秘密のアプリらしい。

    apri




    オーストラリアでの日本車のシェアーは50%ぐらい(裏付けはありません、僕の感覚ですが、、)なかでもダントツはやはりトヨタ。

    しかしそれとは別に、スバルとマツダのファンが非常に多い気がします。

    そんなスバルのコマーシャル。
    なかなかです。
    そしてそのメイキング映像も必見!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【動画】スバリスト必見!オーストラリアのXVのCMにスバルの名車が続々登場!

    subaru


    ティザーサイトが公開され、国内仕様の発売もカウントダウンに入っているインプレッサXVですが、既に海外では販売が開始されており、道を選ばずタフな走りをするXVはラフロードの多いオーストラリアでも注目を集めているようです。

    アウトバックやフォレスターを初めとしたクロスオーバーSUVの人気が高いオーストラリアで、スバルの名車が続々登場するCMを発見しました。



    ガレージに埋もれたスバルブラット(レオーネをベースとした輸出専用のピックアップトラック)を初め、スバルの起源とも言うべきスバル360、発売開始後、即完売のインプレッサ22B、今でも時代を感じさせないジウジアーロデザインのアルシオーネSVX等の名車達のほか、インプレッサ Gr.Nラリーカーも登場。

    最近のモデルも、現行型レガシィ(オーストラリア名リバティ)、インプレッサ、フォレスター、トライベッカも登場。

    先代、先々代レガシィ、先々代フォレスター、レオーネまでも登場します。

    これらの名車達が”走る洗車機”に入ると、XVになって出てくると言うCMで、これまでのスバルの技術の結集と、インプレッサWRXのような高いオンロード性能、フォレスターのようなオフロードの走行性能を兼ね備えたクルマですと言った事を伝えているような気がします。

    海外のCMはこのように、ナレーションや字幕を入れずに映像だけで訴える所に好感が持てます。

    それだけに映像のクオリティやストーリーの出来栄えが悪いと、何を伝えたいのか解らなくなってしまいますが・・・・

    このCMは4日間かけ、50人のスタッフと26台のスバル車、15人のプロドライバーによって撮影されました、



    メイキング映像ではヘリコプターや本物のラリードライバーが登場し、撮影の壮大さを実感できます。日本車でありながら、スバルの日本版CMでもここまで名車が沢山出てくるものは、記憶にありません。

    日本版のXVのCMはどのようになるのでしょうか?実車と共に日本仕様が気になりますね。

    (井元 貴幸)

    (Source : Clicccar.com)


    メルボルンの新婚さんカップルのダンスが、話題になっています。
    その映像がこれ。

    Melbourne couple's wedding dance best ever?




    メルボルンの新婚さんカップル、ライン・ヴァン・ホーンさんとフレンキさん、つい先頃の結婚式でこんなダンスをご披露。

    そして、それを撮ったカメラマンがYou Tubeにアップしたところ大人気になっているという。
    再生回数もすでに70000回を超えているようです。
    現在オーストラリアではTV番組でのダンス人気もあってさらに盛り上がっているのかもしれませんね。

    報道によると、すでにイギリスの新聞”Daily Mail”紙はworld’s best wedding video(世界ナンバーワン結婚ビデオ?)に推奨したそうです。

    また今回このダンスの相談にのった振り付け師によると、このカップルはなんとダンス未経験。ご主人はもともとラガーマン。

    結婚式の前、わずか2ヶ月の練習でここまでのレベルになったとのこと。

    結構、アクロバティックなダンス、なかなかの腕前。
    恐れ入りました。


    (Source: The west)

    このページのトップヘ