オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: スポーツ


    連日30度を超える猛暑の中、オーストラリア女子オープンが開催。
    また、このロイヤルメルボルンGCがやたら難しい。選手達は口々にメジャー並みだと言ってました。

    そんな中、優勝したのは、ニュージーランド国籍のリリア・コ。
    いやあ、強い強い。
    わずか17歳なのに、全く「自然体」。
    タイガーウッズの記録も抜き、将来が恐ろしい。
    最近日本勢は残念な結果でしたが、宮崎美香さんが日本勢トップ。

    下記、wowwowからの紹介です。

    IMG_4198


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    【第3戦 ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン】最終Rレポート
    美香が2戦連続のトップ20入り 優勝L.コの他10代選手が躍動

     LPGAツアーのISPSハンダ・オーストラリア女子オープンは現地時間22日、オーストラリアのロイヤル・メルボルンGCを舞台に最終ラウンドの競技を終了。3人が予選を通過した日本勢は、宮里美香が通算イーブンパー12位タイに入った他、宮里藍&上原彩子が通算9オーバー44位タイで4日間の競技を終えている。優勝は通算9アンダーのリディア・コ(ニュージーランド)で今季初勝利。

     美香がトップ10にあと一歩と迫った。1番スタートのこの日は、4番までバーディとボギーが交互に来る展開が続いたが、6番&7番で連続バーディを奪い勢いに乗ると、9番もバーディで2アンダーで折り返し。後半は14番パー5でイーグル奪取に成功したものの、2ボギーを喫しスコアを伸ばすことが出来なかったが、今週初のアンダーパーとなる2アンダー71をマークして、日本勢トップで大会を終えた。

     残念ながら2013年アーカンソー選手権(単独3位)以来、2年ぶりとなるトップ10フィニッシュとはならなかったが、これで前戦のオーストラリア女子オープンに続き2戦連続のトップ20入り。徐々に好調時のプレーを取り戻してきており、タイに舞台を移して行われる次週参戦予定のホンダLPGAタイランド(2月26日~3月1日/サイアムCC、パタヤ・オールド・コース)での活躍も十分に期待出来そうだ。

     大会を制したのは17歳のコ。同じく10代のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ/19歳)と同組でスタートしたこの日は、1番でボギーを叩いたが、3番パー4でイーグルを引き寄せると、その後(2バーディ、1ボギー)は目立って崩れることなく、2アンダー71でホールアウト。追いすがるエイミー・ヤン(韓)を振り払い、初優勝の地オーストラリア(豪州女子ツアー)で米ツアー通算6勝目を達成した。

     通算7アンダー単独2位にヤン。ルーキーVが期待されたジュタヌガーンは、初優勝のプレッシャーからか3つスコアを落とし、通算4アンダー単独3位でフィニッシュ。通算2アンダー4位タイにはチェラ・チョイ(韓)ら3人が入った。また、コ、ジュタヌガーンの他にも10代が活躍した今大会では、18歳のチャーリー・ハル(英)&ミンジ・リー(豪)が通算1アンダー7位タイでトップ10入りを果たしている。


    先月1月は、メルボルンでの全豪オープンテニス(錦織選手参加)、そしてサッカーアジアカップ(日本代表は惜しくもベスト8で敗退でしたが)と大変盛り上がりました。

    そしてそれも一段落と思いきや、今月は僕みたいにゴルフが大好きなものにとってはまさに最高のイベント、「LPGA女子ゴルフツアー」があります。

    場所はメルボルンの超名門コース、ロイヤルメルボルンGC。
    期間は2月19−22日。
    賞金総額、$1,200,000。

    日本からもトップクラスの選手が7名ほど参加するそう。
    (ちなみに昨年の覇者は、最強のオージー、カリーウエブ選手でした!)

    そして、日本でもWOWOWで観戦できるそうですよ。

    詳しくはこちらからご覧ください。

    僕も、少々お手伝いします。
    頑張ります!

    17


    (↑ WOWOW番組ホームページより)


    サッカーは日本が予選リーグを1位進出。
    明日(23日)、いよいよシドニースタジアムで準々決勝。
    対戦相手はUAE(アラブ首長国連邦)。

    そして一方の錦織選手@全豪オープン。
    無事初戦を突破。


    さて、日本人としては、この両方に興味が集中。
    うまく、両方が見分けられないものか、、、。
    そしたら、この方のブログで、両方の大会スケジュールがうまく整理されていました。
    何と、ほとんどバッティングしないで両方のイベントが楽しめる(生でも、テレビ観戦でも、、、)

    以下、彼のブログから引用させていただきます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ところで、今後のニッポン関連豪州開催大会が、ある意味スゴいスケジュールになった。
    決勝まで重複のない、見事すぎる日程。

    22日(木)全豪オープン・錦織2回戦
    23日(金)アジア杯準々決勝・ニッポン対UAE(SYDNEY)
    24日(土)全豪オープン・錦織3回戦
    26日(月)全豪オープン・錦織4回戦
    27日(火)アジア杯準決勝・ニッポン対オーストラリアもしくは中国(NEWCASTLE)
    28日(水)全豪オープン・錦織準々決勝
    30日(金)全豪オープン・錦織準決勝
    31日(土)アジア杯決勝 ・ニッポン対どっか
    01日(日)全豪オープン・錦織決勝

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    皆さん、どうぞお楽しみください!!

    ↓先日20日メルボルンでの対ヨルダン戦の模様。満員でした。

    IMG_4151


    こちらオーストラリアの日系社会では、現在サッカーとテニスの話題で持ちきり(だと思います・・・笑)

    テニスの錦織選手は、全豪オープンの前哨戦とでも言うべき、ブリスベンインターナショナルに出場。
    早速ダブルスで、まずは勝利を挙げたようです。

    かたや、サッカー。
    日本代表の最初の試合は12日。対パレスティナ戦@ニューカッスル。
    そしてすでに、近くのセスノックでトレーニングを始めています。
    しかし、連日の暑さ。
    この暑さ対策も大きな課題のよう。

    つい先日はニュージーランドチーム(オークランドシティー、最近もクラブ選手権で、世界4位になった)に2−0で勝利。
    また翌日の地元チームとも7−0で完勝した。
    (地元チームは、日本代表と試合ができてみんな感激していたようですが、、、)

    練習試合と言えども、順調に仕上がっている様子がうかがえます。

    そのオークランドシティー戦(1月4日)、You Tubeに試合模様が上がっていました。
    是非ご覧ください。
    しかしこの日は、地元の日本語学校関連の父兄さんもたくさん来て、いやはや、大変盛り上がっていました!



    さて次は12日の本選、対パレスティナ戦に注目です。


    昨晩は、サッカー女子、日本(なでしこ)VS豪州。
    アジア大会の決勝戦。
    (前回はオーストラリアが優勝したらしい)

    こんなニュース。

    僕もオーストラリアに住む日本人としては、どっちを応援しようか、少々迷いながらの観戦。
    しかし、やっぱり日本、勝ってよかったたですね。
    単純に「日本人」とうれしい。

    しかし余談ながら、男子野球や女子ソフトボールもそうですが、オーストラリアの女子サッカーはなんでこんなに強いんだろう。普段あんまり噂も聞かないし。
    つうじょう、公園とかグラウンドで、女子がサッカーをやっているのもほとんど観たこともないし。

    第一、昨晩は日本のテレビで生中継観戦していたのですが(夜こちら時間11時スタート)、ふと気になりこっちのテレビをチェックしても、どこにも番組がない。
    少なくとも、「移民」を大事にしているSBSテレビさんぐらいはやっていると思いましたが、それもなし。非常に寂し。

    そして今朝、こちらのニュースをチェックしても、ほとんど紹介記事がない。
    いくらベトナムでやっていたとしても、豪州女子がこんなに頑張っているのにねえ、、、。
    少々複雑な気持ち。

    しかし、この強さ、やはり、オージーの潜在的なスポーツの強さは半端じゃないと実感しました。ウインタースポーツは残念ながら例外ですけど、、(まあ、灼熱大陸ですから)。

    とにもかくにも、男子だけではなく、女子もサッカーはもっと世界的に盛り上がるといいですね。

    このページのトップヘ