オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: ワーホリ/留学関連ニュース

    働きながら旅を楽しめる!

    そんな趣旨でスタートしたワーキングホリデー制度。
    昨年(2014年)、オーストラリアへは1万人以上の若者がこの制度で来たとか。

    しかし僕の記憶だと、少々前までは例えば韓国と比較しても、日本からは2倍以上来ていたはず。
    それが現在は下記のように韓国からは2万6千人と!

    日本からも微増はしているようですが、果たして・・・

    日本の若者に元気がないのか、
    オーストラリアの魅力が乏しいのか(物価高など?)
    はたまた別な理由があるのか???

    下記、ワーホリニュースより:

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    2014年度は1万人超え、オーストラリアのワーキングホリデー

    オーストラリア政府の発表によりますと、2013/2014年度(2013年7月から2014年6月の1年間)の日本人へのワーキングホリデービザの発給数が10,579人となり、1万人を超えたことが明らかになりました。内訳はワーキングホリデービザが8,539人、特定の条件を満たした後に許可される2回目のワーキングホリデー(セカンドワーキングホリデー)ビザが2,040人。

    なお、ワーキングホリデー制度でオーストラリアを訪れる訪問者はイギリス人が最も多く45,208人、2位は台湾で29,366人、3位は韓国で26,893人となっておりドイツ、フランス、イタリアと続き、日本は9位になっています。

    オーストラリアのワーキングホリデーについては2010/2011年度の7,746人を底に近年は増加傾向が続いていますが、日本政府の積極的な留学事業支援もあり、今後もしばらく増加傾向が続くことが期待されます。

    (ワーホリニュースからのご紹介)


    オーストラリア政府観光局のメルマガから知りました。
    こんな企画が進行中のようです。

    さあ、今がチャンス。
    留学を考えている皆さん、是非チャンスをものにしてください。
    (あおってはいけないですね。。。)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【留学】WIN YOUR FUTURE UNLIMITED
    あなたの夢を叶えるオーストラリア
    1年間の留学が当たる!



    オーストラリアでは大きな夢と世界への憧れを抱くたくさんの留学生が学んでいます。

    イノベーティブな文化と教育レベルの高さで世界的に高く評価されるオーストラリアに留学し、あなたも将来の夢をかなえませんか?

    2013年10月1日~11月18日にわたり、オーストラリア政府は、グローバルに展開するオンライン・キャンペーンを実施します。最終選考を通過した受賞者には、1年間のオーストラリア留学(渡航費、学費、宿泊費、生活費等含む)が授与されます。受賞者は2013年12月17日に発表され、2014年から留学がスタートします。

    それだけではありません!

    最終選考に残ったファイナリスト7名を、2013年12月の2週間、オーストラリア各地の大学を訪問する見学旅行にご招待します。

    Win your Future Unlimitedキャンペーンへのエントリー方法は、とても簡単。 キャンペーンサイトにアクセスし、以下の4つのステップに沿ってデジタル・ポストカードを作成・送信するだけです。

    あなたの写真をアップロード
    サイト上にあるイラストデータと写真を組み合わせ、オリジナルのポストカードを作成
    「あなたの将来の夢をオーストラリア留学でどのようにかなえられるか」を50ワード以内で記入
    いくつかの質問に答えた後、ポストカードを送信
    ふるってご応募ください!

    Win your Future Unlimited キャンペーンサイトに今すぐアクセス!

    *応募者はキャンペーンサイトに記載されている諸条件をご一読ください。


    当キャンペーンはゴールドスポンサー(Educational Testing Services (ETS)、ナショナルオーストラリア銀行、カンタス航空、Telstra、ニューサウスウェールズ大学)および21校の高等教育・訓練機関により支援されています。

    (オーストラリア貿易促進庁のホームページより紹介)

    こんな現象が日本で起こっているのですね(笑)
    面白い考察。
    しかし、日本はワーキングホリデー制度を11カ国と結んでいるということですが、
    オーストラリア人気がダントツに高い。
    ビザ発給数では、他国を圧倒しています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「ワーホリ」ポスターなぜ「居酒屋のトイレに多い」? ネットで議論沸騰

    「なぜ居酒屋のトイレにはワーキング・ホリデーのポスターが張ってあることが多いのか?」――この疑問が今インターネット上でひそかに話題になっている。
    事の発端は、ウェブサービスなどを展開するpaperboy&co.(東京・渋谷区)創業者であり、ツイッターで約2万4000フォロワーを持つ家入一真さんのツイートだった。

    「全ての居酒屋トイレにある」に「間違いない」

    WH poster

    このポスターだ(家入一真(@hbkr)さん提供)

    ワーキング・ホリデー(ワーホリ)とは、協定を結んだ2国間が相手国・地域の青少年に対して文化や生活スタイルを理解する機会を提供するため、自国・地域で一定期間の休暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うために働くことを相互に認めるという制度だ。参加にはワーキング・ホリデー用のビザが必要となる。
    日本では、日本国籍で日本在住の18歳から30歳まで(一部の国は18歳から25歳まで)の人が対象で、2011年現在オーストラリア、韓国、イギリス、台湾など11の国・地域と協定を結んでいる。09年のビザ発給数(=定員)は一番人気のオーストラリアで8605人、ニュージーランドで1610人、イギリスで1083人だ。「一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会」をはじめ、多くのNPO団体や企業が海外に渡る人をサポートしている。
    このワーキング・ホリデーをPRするポスターを最近、居酒屋のトイレでよく見かけるという。前出の家入さんが11年12月8日に「全ての居酒屋のトイレにはワーホリのポスターが貼ってある」とツイッターでつぶやくと、フォロワーから「これはガチ!」「間違いないす」などというリプライがなされた。この会話とは別に「どうでもいいけどワーホリの広告ってなぜ居酒屋のトイレにばかりあるのだろう」とつぶやいている人もいる。
    さらにQ&Aサイト「教えて!goo」でも、11年11月6日に「都内の居酒屋でトイレに入ると高い確率でワーホリや海外ボランティアのポスターを見ます。あれってなぜですか?若者が集まるからでしょうか?」という質問が投稿された。これに対しては「若者が多いからだと思います。居酒屋のバイト学生が関わっている等の理由で貼られるケースが多いのでは」という回答が寄せられた。

    「居酒屋というよりトイレに張ることに意味がある」

    話題になっているポスターはワーホリをサポートしている組織の一つ、「特定非営利活動法人 国際イノベーションセンター 渋谷ワーホリプラザ」によるものだ。いったいなぜ、居酒屋のトイレという場所が選ばれているのか。同団体に話を聞いてみたところ、このポスターはいつ、どこに行けばいいのか、お金はいくらかかるかなど何も決まっていない、わからないけれど漠然と興味があるという人をターゲットとしている。
    「これを見て問い合わせてきた人にワーキング・ホリデーについて詳しくお知らせするのが私たちの仕事です。トイレという1人になれる空間で一息ついた時に、ふと興味を持った人が問い合わせられるようにしています。居酒屋というよりはむしろトイレに張っていることに意味があるのです」
    都内では居酒屋、ラーメン店などの飲食店中心に6000~6500か所に張っていて、9割以上がトイレの中だそうだ。店舗に直接持ち込んで無料で張ってもらっており、バイトの学生が関わっているわけではないという。

    (ソース:Jキャストニュース)

    CHURCH OFFERS SUPERNATURAL COURSE TO CURE CANCER


    こんな見出しの記事が!
    ちょっとびっくり。

    church110523getty257


    記事によると、
    クイーンズランド州Ipswich(ブリスベンの郊外)にあるWestlife Churchが、”Supernatural"courseとなうって、がんをも治すような奇跡を起こす、特別クラス(コース)を始めたそうだ。
    がん治療のみならず、女性の不妊問題の解決やら、果ては、死者をも蘇らす(ウウン?)といったことを祈りを通じて伝えていくものだという。
    コースは基本6ヶ月。

    この教会のマネージャー(というんだろうか?)の Yvonne Baker さんが地元Queensland Times紙に発表したところによると、
    すでにこういった好結果がいくつもでているとのこと。
    そして、更なる期待も膨らんでいると、、、。

    また既に、約70件の問い合わせも来ているということ。
    しかし、コースの具体的な中味、料金はウエブサイト上でもまだいっさい公表されていないようで。

    で、僕(管理人)はこちらの世界は全くわからないのですが、
    コース自体は、いろいろと物議をかもし出している人物のようですが、アメリカのカリフォルニアにベースをおくBethel ChurchのBill Johnson牧師のティーチングメソッドを取り入れているそうです。

    この辺がキモかな?


    (ソース:Yahoo7news)

    日本も原発が少し落ち着き始めたようで、我々も、海外に住んでいて少々安心しております。
    それでも、被災地の方々はまだまだ大変、深くお見舞い申し上げます。

    さて、ワーホリの方々に人気の、トラトラさんのブログで、こんな記事を発見。

    今日は、オーストラリアの俳優・女優について!

    ペーストしてごご紹介させていただきます。
    芸能情報にまったく疎い僕でも、何とかこのくらいのビッグな方たちのお名前だけはわかりました、ホッ・・・。
    みなさんはどのくらいわかりますか??

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    オーストラリアに留学・ワーホリする前に
    知ってると、話題にのれますよ!

    実際、映画を見ても、だれがオージかわからない~!
    え? 
    この人オーストラリア人だったの?

    読んだ後に思うこと間違いないです!

    【プラダを着た悪魔】
    actor1


    新聞記者・ジャーナリスト役のサイモン・ベイガー
    actor2


    【トロイ】
    actor3


    ブラットピットと戦った、王子
    エリック・バナ

    【ムーランルージュ】その他たくさん みなさん ご存じの!
    トムクルーズの元ワイフ。

    ニコールキッドマン
    actor4


    【ロビンフット】
    actor5


    ラッセルクロウのお家は、シドニーのダブルベイにありますよ!

    ケイト・ブランシェット
    actor6


    え!
    そうなんだ~。と思われた方は、
    ペタお願いします。
    そして、その他にもオーストラリア人の男優・女優をご存じでしたら
    ぜひ、教えてください!

    REI

    ソース:トラトラ留学ワーホリセンター

    このページのトップヘ