オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: オーストラリアニュース


    シドニー在住の絵本作家、森本順子さん。
    現在でもご健在で活躍中。

    彼女広島生まれで、被爆者でもあります。
    今回も、キャンベラで核兵器廃絶を訴えていました。(8月5日)
    下記、NHKニュースでの放映分。

    豪 原爆の日を前に平和の集い


    最近でも時々お会いするのですが、かなりお体が大変そう。
    「飛行機に乗るのも大変」とも言ってました。

    そんな中での訴えかけ、、、
    ホント、頭が下がります。

    ずいぶん前に、僕の個人ブログでも彼女のこと少々紹介させていただきました。
    ここからご覧になれます。

    HIROSHIMAの絵本もだされています。

    順子さん1


    順子さん、、、ますますのご活躍を!

    順子さん2



    今やオーストラリアの超有名ブランド「UGG Australia」(アグオーストラリア)が渋谷にオープンしたようです。
    しかし、すでに日本に14店舗もあるそうですね。
    (中でも今回の渋谷店が最大規模だとか、、、)
    知りませんでした。
    しかし、さすがに「消費大国」日本!

    個人的な興味ですが、こちらオーストラリアと、日本の店との価格差はどの程度なのだろう?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    シープスキンブーツが人気の「アグ オーストラリア」国内最大級店舗が渋谷にオープン

    「アグ オーストラリア(UGG Australia)」は、同ブランド日本国内店舗のうち、14店舗目となる直営店「アグオーストラリア シブヤ(UGG Australia SHIBUYA)」を2013年秋にオープンすることを発表した。

    UGG


    「アグ オーストラリア」は、1978年にオーストラリア出身のサーファー、ブライアン・スミスがシープスキンブーツをアメリカ に持ち込み、創業したブランド。グレードAと呼ばれる最高品質のツインフェイスシープスキンを使用し、足元を夏は涼しく冬は暖かく保つ素材を採用している。

    西海岸のサーファーやハリウッドセレブがプライベートで着用したことで話題となり、今では世界に70店舗以上の直営店を展開している。

    今秋オープンする「アグ オーストラリア シブヤ」は、ブランドコンセプトである「ラグジュリアス&コンフォート」を全面に打ち出しており、ウィメンズ・メンズ・キッズのフットウェアをはじめ、ハンドバッグやアクセサリー、スモールレザーグッズ、アパレルまで全てのラインナップが揃う国内最大級の店舗。マルイシティやマルイジャム前にある交差点で、西武渋谷店に隣接するビルの地下1階と1階にオープンする予定。


    【店舗概要】
    アグ オーストラリア シブヤ(UGGR Australia SHIBUYA)
    住所:東京都渋谷区宇田川町20-17 NOF渋谷公園通りビルB1F/1F
    オープン予定日:2013年秋

    (財経新聞サイトより引用させていただきました)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    参考:以前にこんな記事も書かせていただきました。

    有名人がシドニーでチェックしたものは???その2


    最近のニュースで(下記)、先月オーストラリアの人気音楽グループ「ヨスー・インディ」(Yothu Yindi)のユノピング氏が亡くなったと知りました。
    ニュースを読む限りでは、その名前で色々ともめたようです。
    個人的にはオーストラリアの先住民、アボリジニーに関しては非常に興味があり、時間があれば、半年ぐらい彼らのところに住んでみたい・・と思っているぐらい。
    彼らは彼ら独自の伝統、生活様式があります。
    そして今なおかたくなに守っている種族もたくさんいる。
    すべてを肯定するわけではありませんが(むしろ反対のことも多い)、彼らから学べることも多いと思うわけです。

    そういえば、彼らの取材をするときは、カメラを向けたときも、「カメラに撮られると魂が抜ける」ということで、断られたことも一度や二度ならず。

    しかし、一時代前の話ですが、このグループの出現は衝撃的でした。




    また、1990年代初頭、日本でもこんなコマーシャルが流れていましたね。
    これで「ユスー・インディ」を知った方も多いかもしれません。




    ご冥福をお祈りします。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    テイクオフ:豪州先住民の音を世界中…[社会]

    豪州先住民の音を世界中に広めた、音楽グループ「ヨスー・インディ」のユノピング氏が亡くなったのは先月。同氏は、北部準州出身アボリジニでは初の大学修了者で、アボリジニ初の学校長だった。

    ところで、豪州マスコミ界ではユノピング氏の名前の表記が問題になった。ユノピング氏の出身部族など、一部のアボリジニは、死者への敬意から死者の伝統的な名前を口にすることを避けるからだ。これが拡大され、死者の写真や動画を避ける集団もいる。マスコミでは報道の正確性を問うべきかで議論になったが、遺族の要望に従い、セカンド・ネームの「ユノピング氏」と報道されていた。

    名前を口にしないことが敬意を表すという感覚は、文化の違う日本人には難しい感覚だ。しかし、彼らからすれば「戒名」を付ける習慣がそうかもしれない。(頼徳)

    (NNA.Asiaニュースより引用させていただきました)



    シドニーで最も有名なビーチはボンダイビーチ。
    お天気のよい週末ともなれば、ローカル、観光客でいっぱいになる。
    またこの外洋に面しているビーチ、もちろんサーファーにも大人気!
    そんなビーチでの昨日の出来事(7月6日、日曜日)。

    Surfer knocked out by whale at Bondi Beach

    surfer2


    オーストラリアと言えば、サメやワニの事故は毎年多く報告されています。
    しかし、今回はあのクジラ!
    何とクジラに蹴られた被害者が、、、。

    被害にあったサーファーは地元の医師(緊急担当)、 Bishan Rajapakseさん、38歳。
    この時期、ミナミセミクジラが多くシドニーでも見られる。

    一般的には、この州(NSW)の条例でも、30メートル以内には近づかないこと、、とある。
    関係者いわく、
    「クジラ自体はそれほど攻撃的ではない、ただ他の動物同様、近くに人などがいると潜在的な敵(Predator)と見なす。しかもクジラは巨大。したがって近寄らないことが大事だ」

    この日は天気もよく、クジラも間近で見られた。
    サーファーもいたが、多くはクジラからは距離を置いていた。
    彼が近づきすぎていたときも、他のサーファーは注意を促していた。
    しかし彼はそのクジラの凄さにみとれていたという。

    そして次の瞬間。
    クジラがしっぽを旋回した途端、彼は蹴られノックアウト。そして気絶。
    体が3メートルも飛んだと言う。

    しかしラッキーなことに、すぐにライフセーバーに救助され、病院に搬送された。
    今のところ軽傷と、頭痛だけだとか。

    病院の関係者によると、彼は本当にラッキーで、重傷、あるいは死亡してもおかしくないケースだったと言う。

    ちなみに、手助けしたライフガードのCarrol氏の一言。

    he's probably the luckiest emergency doctor to end up in emergency," he said.
    (多分彼は、「緊急」時にもっともラッキーだった、「緊急」医師だろう)

    皆さん、クジラはウオッチングするだけで、決して近づきすぎないよう!

    (参考&写真も:News.com)

    *上記サイトには、ニュース(動画)映像もあり

    ↓被害者のお医者さん、事故直後とは思えない思いっきり明るい笑顔

    surfer1


    先週の突然の出来事。
    ここの所ずっと、支持率低下が目立っていた、与党労働党、そして首相のジュリアギラード女史。
    このままでは数ヶ月後の総選挙を戦えないとして、、内紛劇。
    党首(イコール首相)が交代。
    前首相のケビンラッド氏が返り咲いた。

    さて、これで来るべき総選挙はどうなるか?

    シドニーのTBS通信員、飯島氏のレポートです。

    こちらからどうぞ。


    47



    このページのトップヘ