オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: オーストラリアニュース


    先日のユニクロ情報(シドニー飯島通信員のニュース)。
    そしてそのあと、このユニクロ、どんな展開をしていくのかかなり興味のある記事がありました。
    下記、引用させていただきます。

    個人的には、特に柳井社長の下記コメント、ぐさりときますね。いずれにしても、うまく展開してほしいものです。

    →同紙が伝える柳井氏の発言によると「関税が30%もかかる上に、人件費は日本の2倍で、店鋪家賃は世界一高い。そのためどうしても日本と同じ値段をつけることができなかった。それでもなんとか”ほんの少し高いだけ”にとどまるよう尽力している。できれば同じ値段にしたいが、正直非常に難しい」とのことである。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ユニクロ豪進出 日本より高い価格帯 “海外と日本ではブランドイメージ異なる”とネットで議論

     ファーストリテイリングは16日、オーストラリア第1号店となる「ユニクロ」をメルボルンに開店した。

     オープンを前に、柳内正会長は「オーストラリアには2000万人の市場がある。20万人あたり1店として、100店鋪は出せると考えている。そのうち50店を今後3年以内に出したい。実現すれば非常に嬉しい」と語った。

     またユニクロのほかにも、同社が展開するGU、セオリー、コントワー・デ・コトニエ、プリンセスタム・タム、J Brandについてもオーストラリア出店への意欲を見せた。

    【世界に羽ばたく”ユニクロ式”】
     現地メルボルンの新聞『ジ・エイジ』によると、オーストラリアはここ3年ほど、ZARA、Topshop、H&Mなど巨大アパレルメーカーの新たな開拓地として出店が相次いでいるという。そんな中、柳井氏は他との差別化について「他のファストファッションブランドは消費の早い流行物を扱っているので、つねに商品ラインが変わる。うちは逆に、安定したベーシックなラインナップ。かつ仕入れを大口にすることで高品質な資材を望ましい値段で入手できるよう努めている」と語っていると同紙は伝える。

     また同紙は「ユニクロの流儀」についても報じている。ユニクロではジーンズのたたみかたから会計時のスピード(1回につき60秒以内)まですべてが厳重にチェックされる、と同紙は伝える。

     また理念として掲げる顧客満足主義についても徹底した姿勢を貫いているという。「まず顧客サービスがあって、さらに”日本式の”顧客サービスがある。1年前に現地スタッフを採用して、我々が求めるレベルになるまで、まる1年かけて教育した」と柳井氏は語っている。

    【日本より高価格帯に】
     オーストラリアの新聞『オーストラリアン』によると、こちらのユニクロでは日本より価格が高くなるという。

     同紙が伝える柳井氏の発言によると「関税が30%もかかる上に、人件費は日本の2倍で、店鋪家賃は世界一高い。そのためどうしても日本と同じ値段をつけることができなかった。それでもなんとか”ほんの少し高いだけ”にとどまるよう尽力している。できれば同じ値段にしたいが、正直非常に難しい」とのことである。

     また日本とオーストラリアの間で今月結ばれた貿易協定についても、同様の協定がユニクロの生産拠点であるアジア各国とも結ばれない限り価格に反映することはほぼできないだろうと柳井氏は語っているとのことである。

    【日本でユニクロの立ち位置って?】
     大手ソーシャルニュースサイト『レディット」では「日本でユニクロはどういうポジションのブランドなのか」について意見が交わされている。

     多数派の意見をまとめると、日本のユニクロは「高品質の普段着を手頃な価格で買える」反面「おしゃれ着ではなく、デートや職場には向かない」という見方が強いようだ。

     またユニクロを他ブランドに例えるとどのあたりに相当するかという議論では「GAPよりは安い。GAPはなぜか日本では高級品」、「オールドネイビーが同等だと思う」、「来日時マーク&スペンサーと同等の店はどこかって友達に聞いたらユニクロって教わった」、「イギリス人ならプライマークの日本版と思ってもらえばいいかな」等の意見が見られた。

     同時に、ブランドは海外に出店すると母国とは扱われ方が変わる、という興味深い議論も交わされている。ある者は「アメリカではユニクロを着ていると褒められたのに、日本では誰も何とも思ってくれない」と言い、またある者は逆に「日本のGAPでは当地限定の良い服が売っていたのに、アメリカに帰ったら高校生が着るようなものしか扱っていない」と述べている。

     この新天地で柳井氏は、オーストラリアのゴルフ選手アダム・スコットを広告に起用しているインナーウエアの「エアリズム」シリーズがヒットすると見込んでいるようだが、日本より価格が高くなるというだけに、もしかするとこれも比較的「高級な下着」と見なされるのだろうか。

    (Newsphereより引用させていただきました)


    ついにユニクロのメルボルン店が正式にオープン。
    3フロアーとでかいようですね。

    下記、TBS飯島通信員のレポート。
    しかし、柳内社長いわく、将来的には豪州で100店舗を目指すそうですよ。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ユニクロ、メルボルンに豪州1号店オープン

     世界各地に出店を続けているファッションブランドの「ユニクロ」ですが、16日、今度は南半球のオーストラリアに1号店をオープンさせました。

     日本と季節が逆の南半球オーストラリアで、初の店舗となるユニクロメルボルン店のオープン前には、およそ1000人が列をつくり、日本から駆けつけた柳井社長がテープカットを行いました。

     新店舗は、およそ2200平方メートルの売り場面積に4つのフロアを持つ大規模なものです。商品の値段は、税率や為替などの関係から日本よりやや高めですが、訪れた買い物客は、満足そうに日本でもおなじみのダウンジャケットなどを手にとっていました。

     「ジーンズにジャケット、カシミア・・・。ユニクロの大ファンよ」(買い物客)
     「この店は広くていいね」(買い物客)

     オープン前日の15日、インタビューに答えた柳井社長は、先日大筋で合意した日本とオーストラリアのEPA=経済連携協定などにより、ますますビジネスチャンスが広がるだろうと述べました。

     「日豪もそうですけど、環太平洋地域でEPAみたいなものが、自由貿易圏や自由経済圏ができるということは、我々ビジネスをするものにとっては素晴らしいことだと思います」(ファーストリテイリング 柳井正取締役兼社長)

     将来的にはオーストラリア国内に100店舗をオープンさせたいと語った柳井社長。ユニクロのほかにも、日本の小売チェーン店などが続々と進出しているオーストラリアを起点として、今後、中南米やアフリカなどにも積極的に進出していきたいとしています。

    こちらからニュース映像が見られます。


    前回に続き、宮崎駿ワールド@オーストラリアの第2弾。

    場所は、ケアンズの南にある「パロネラパーク」。

    1990年代の初期、しばしケアンズに住んでいたのですがこの場所、聞いたこともなかった。
    しかしここのところ、あの「天空の城ラピュタ」のお城のモデルとされたのがここだと聞いて、一度行ってみたいと思っていたのですが、なかなか夢が叶わず、やっと先月行けるチャンスに恵まれたのです。

    行ってみてびっくり。
    確かに、古いけど、すばらしいお城(というより城跡、、、)

    ここの詳細はこちらに詳しいです。ご覧ください。

    ケアンズから南に車で約90分。
    決して近くはないのですが、田舎道のドライブものどかで楽しい。

    僕たちがロケで行った時は雨でしたが、これはこれでなかなか風情がありました。
    あと、ここにある滝がこれまたすごい水量。
    惜しむらくは時間があれば、夜までいて、ライトアップをしたお城を見てみたかった。

    現地には日本人スタッフが常時2名いるとかで、日本人旅行者にとってもかなりの人気のスポットになっているようです。是非一度お越しあれ!

    IMG_2245
    IMG_2253
    IMG_2250
    IMG_2270
    IMG_2269
    IMG_2262
    IMG_2271






    宮崎駿ワールドがオーストラリアにいくつかあります。
    そしてこれを目当てに旅行する方も多いようで。
    (なおこれらすべて噂になっている場所は、実際にホントにモデルとなったところかどうか、宮崎氏の回答はイエスでもノーでもないようです。まあ、夢を壊したくない・・と言ったことでのコメントかもしれませんね)

    先日のロケで、たまたまそのうちの2カ所に行ってきました。
    それを簡単にご紹介。

    IMG_2192


    まずはその1。「風の谷のナウシカ」

    オーストラリアのど真ん中、地球のへそとも言われるウルル(英語名はエアーズロック)。ここはあまりにも有名ですが、ここからわずか50キロほど行ったところにあるのがカタジュタ(英語名:マウントオルガ)。現地アボリジニ語で「たくさんの頭」という意味だそう。
    そしてここの一角にある谷間が、「Valley of the winds」、まさに「風の谷」なのです。

    たまたま、一緒に行ったカメラマンが宮崎ワールドが大好きだとかで、ここについた時の第一印象。
    「ホント、そのままじゃん」(笑)
    しかし、ウルル同様、ここの周辺には全く何もない。360度、赤茶けた砂漠が拡がっているのみ。

    そしてここ、日中は温度がぐんぐん上がるため、11時までに回るのがお勧めだとか。
    (37度になると自動的にクローズになります)

    ウルルに行く機会があれば、是非この隣のカタジュタにも行くことをお勧めします。

    なお宮崎ワールド@オーストラリアをもっと知りたい方、平野美紀さんの記事がお勧めです。
    ここからどうぞ。

    ↓これはウルル

    IMG_2147


    ↓そしてここからがカタジュタ

    IMG_2187
    IMG_2221
    IMG_2212
    IMG_2207

    なお次回は、「天空の城ラピュタ」のヒントになったとされる場所をご紹介。



    メルボルン在住のおばあちゃんSharonさんは、約2メートルのパイソン(ニシキヘビ)をペットとして飼っている。ちなみにこの蛇は愛称Scoot君だとか。

    Vic grandmother attacked by python 'seconds from death'

    snake1


    ある日のこと。
    Sharonさん、お子さんとランドラインで電話をしていた。
    そこにいつものようにこのScoot君がいきなり抱きついてきた。
    しかしこの日は普段と少々違う。
    彼女のクビに巻き付いてきたのだ。
    しかもその力も凄まじく、まさに羽交い締め状態。

    これにはSharonさんも、びっくり。
    クビがどんどんしめられていく。
    たまらず、電話の向こうの娘さんに
    「Help me ! Help me!」

    娘さんもびっくり、しかし家までは遠い。

    Sharonさん、ついに最後は渾身の力で、なんとか自力で切り抜けた。

    snake2


    そして即、救急病院へ。

    お医者さんいわく、
    「あと数秒遅かったら死んでいたろう」
    約90秒も格闘していたようだ。。


    さて後日、彼女、もう懲りただろうか??

    どうも、彼女いわく
    「Scootは悪気はなかった。たまたまいつも通り、ちょっと力が入りすぎただけ。」
    「もちろん今後とも続けて一緒に住むわよ」
    ・・とのことでした。

    snake3


    個人的に蛇は世の中で一番嫌いなので、信じられないニュースでした!

    (Yahoo7より、写真もお借りしました。なおこのサイトでニュース映像も見られます)

    このページのトップヘ