オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

がんばる日本人

番組のお知らせ:グッと!地球便 ブリスベン在住西堀孝子さん

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いよいよ今週の日曜日(7月31日)、特に関西で人気の「グッと!地球便」で
ブリスベン在住の西堀孝子さんが紹介されます.
琴奏者として有名。
ただ、海外で日本とは違う様々な文化の違いなどを経験。
そして海外ならではの独自の道を模索中。
ぜひご覧ください.
(僕も現場でお手伝いさせていただきました)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ 以下、番組ホームページより引用させていただきました。


#386オーストラリア・ブリスベン 7月31日(日)10:25~

  オーストラリア・ブリスベンで、箏奏者として奮闘する西堀孝子さん(42)と、日本の家族をつなぐ。オーストラリア人男性との結婚を機に日本を離れて15年。現在は自宅で箏教室を開く傍ら、この国でまだ知名度の低い箏の魅力を少しでも多くの人に伝えようと、世界で活躍するギタリストのフィル・ウィルソンさんとユニットを結成し、プロとしても活動。伝統の枠にとらわれない、さまざまな挑戦を行っている。6歳の時に母の勧めで箏を習い始め、25歳のとき名門「生田流宮城界」で師範に次ぐ教師の資格を取得。オーストラリア留学中に出会った夫と結婚を決めた時は、両親に猛反対され、勘当同然で日本を飛び出した。その直後に母が脳卒中で倒れ、一度は日本に戻ったものの、結局、病気の母を日本に残し、愛する人とこの国で生きることを選んだ。その後、母の病状はよくなったが、孝子さんは「母が倒れたのは自分が苦労をかけたからだ」と今も申し訳なく思っている。遠く離れたオーストラリアに嫁いでからも、多くの人とつながりを持ち、人生が豊かになったのは、箏があったおかげだという孝子さん。そのきっかけを作ってくれた母から、あるモノが届けられる。


IMG_6575


IMG_6618


「グッと地球便」人気バスカー、ジョージカミカワさん

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨年末のメルボルンロケ。
現地で活躍中の人気バスカー、ジョージカミカワさんを追っかけるロケでした。
(こんな記事で以前紹介させていただきました

その後僕の怠慢で、フォローアップを忘れていたのですが、日本の「グッと地球便」という番組で紹介されました。

その番組が下記でご覧になれます。



ストリートパーフォーマー志望とか、
現在ワーキングホリデーで訪豪してみたいとか、そんな方達に是非お勧めです。
(事実カミカワさんも、もともとはワーキングホリデーからスタートしています)

また、カミカワさんの基本情報はこちらからどうぞ!

george



日本人冒険家が豪州大陸横断、5千キロ走り抜く

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まさにすごいの一言、、
しかし灼熱のナラバー平原横断などは本当に大変だったんだろうと、
想像します。

以下、TBSシドニー通信員、飯島氏のリポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




オーストラリア大陸を走って横断することに挑戦していた日本人男性が10日、ゴールのシドニーに到着しました。
日本からの支援者や現地在住の日本人らに迎えられてゴールしたのは、冒険家の高繁勝彦さん(53)です。
高繁さんは去年9月、オーストラリア大陸西部のパースを出発。水や食料などを積んだ三輪車を押しながら、途中1200キロ続く砂漠地帯を通過するなど、5000キロ以上の距離をおよそ5か月間かけて走りました。
「まず食べ物が手に入らない。途中でおなかが減って泣きそうになった経験がありました」(高繁勝彦さん)
「(高繁さんとは)途中で出会ったわ。彼は本当にすごいわ。とても真似できないわね」(自転車旅行中のドイツ人観光客)
 高繁さんは、すでにアメリカ大陸横断も達成。大陸を走破することで東日本大震災の被災地への義援金を集める支援も行っています。最終目標は、世界5大陸4万キロを走り抜くことだということです。

(TBSサイトより)


1月12日の読売テレビ系『グッと!地球便』は必見ですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近僕も裏方で協力させていただいた番組「グッと!地球便」

今回の主人公はメルボルン在住ののバスカー、ジョージ・カミカワさん。
過去にアクタスでも何回か紹介させていただきましたが、カミカワさん、こちらの人気オーディション番組に出場、決勝ま進出したりと、非常に精力的に活動しています。
(過去の紹介記事はこちらから

みなさんお見逃しなく、、、

IMG_1489


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記、番組告知からコピーさせていただきました。


#270オーストラリア/メルボルン 1月12日(日)午前10:25~

 オーストラリア・メルボルンで路上パフォーマー「バスカー」として奮闘するミュージシャンのジョージ・カミカワさん(39)と、日本の家族をつなぐ。街の名物となっている「バスカー」を管理するのはメルボルン市。市が行うオーディションに合格しないと、路上でパフォーマンスを行うことができない。カミカワさんはギターや、足で操作するシンバル、ドラム、タンバリン、そしてハーモニカをすべて一人で演奏するユニークなスタイルで、メルボルンのバスカーの中でもトップレベルの集客率を誇る。仕事は週に3日。1回30分の演奏を1日5回行い、生活費のすべてをその収入だけでまかなっている。ギターが得意だった兄の影響で、中学時代にギターを始めたカミカワさん。プロのギタリストを夢見たこともあったが、断念して一般企業に就職した。だがサラリーマン生活にまったくなじめず、1年で辞めて24歳のときにニュージーランドへ。その時に出会ったのが路上で演奏するバスカーたちだった。メルボルンで演奏して14年。カミカワさんがずっと気がかりなのは、亡き父親の工場を継ぎ、母の面倒を見てくれている兄のこと。「自分だけ好き勝手なことをして、兄には申し訳ない」と語るカミカワさんに、日本の兄からあるモノが届けられる。

シドニー在住カメラマン島崎氏のショートフィルムをご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

シドニー在住の日本人カメラマン、島崎誉主也氏。
(彼の詳細はこちらをどうぞ)

仕事でご一緒することも多いのですが、彼もオーストラリアにはすでに20年以上滞在。
基本、日本の各種番組に現地カメラマンとして協力、参加することが多いのですが、最近は芸風(?)も少々変わりつつあるようで。。。(笑)

ローカルマーケットへの浸透をめざしてか、こういったショートフィルムも積極的に制作している。
なかなか、ユニークな、、そして映像もきれいな作品。どうぞご覧ください。




また、同様のショートフィルムで、彼が以前撮った作品がこちら。
ユーモアのあるこの作品が、個人的には大好きです!
(タイトルも、ズバリ、Who am I )




(島崎氏のFacebookはこちらです)


記事検索
お知らせ
ACTUSでは、このたび日豪間で活躍中の日系人の人名事典とでも言うべき、「Actus Who's who」をスタートいたしました。いろいろなジャンルで活躍中の日系人のご紹介です。ぜひご覧ください。 http://www.actusaustralia.com/actus-who-s-who/ また下記では、その方達の関連記事が紹介されています。 併せてどうぞ!
TWITTER
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ