オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: おもしろネタ

    あまり家ではテレビを見ないのですが、今日ちょっと見ていたら面白いコマーシャルをやっていました。
    スニッカーズのCM。そういえば数年前に、シドニーでミニ日本人街をまちなかにドカーンと作ってCMを撮っていました。僕も頼まれて日本人のエキストラを5人ほど派遣したっけ(そんな仕事も一時は、やっていたのです)。

    さてこれが最近のバージョン。しかしいつ見ても、面白いし、少々過激ですね。
    (よいこの皆さんはまねをしないようにみたいなキャプションを入れないといけないくらいに・・・笑)



    ご老人は大切に扱わないといけないですよね・・・(笑)。

    で、このなかに出てくる、ベッティー・ホワイトさん(Betty White)、大変な女優さんなんですね。
    すでに88歳とか。コミック本にもなるようで・・・

    bettywhite_comicbook

    (↑ Your TVより

    **確かオーストラリアのスニッカーがそのまま日本に入っていたと思い少し調べてみたのですが、もともとオーストラリア産が日本に輸入されていたのですね(一時的には中国産)。で、昨年から日本へはロシア産が入るようになったようです。

    まずはこの写真を見てください。

    face-of-tomorrow










    どこかの犯人の写真のようですが、これ、オージーの平均的な男女の「顔」なのです。

    こんなことを考えたのは、南アフリカ生まれのカメラマン、MIKEさん46歳。
    現在はイスタンブールをベースとしているようですが、シドニー大学に留学していた時期もあるという。

    作り方は、まずシドニーの若者約100人を口説き、写真を撮らせてもらう。
    その際、さすが移民の国、マルチカルチャーの文化ということで、特定の人種に偏らないように心がけたそうです。そして、あとは地味なコンピューター作業。
    しかしこの作業がまたとてもエキサイティングだそうで・・・。

    「だって、そうだろう。この人は過去にはいなかったわけだし、もちろん現在にもいない。しかし近い将来には間違いなく出現してくる可能性が高いわけじゃない!」

    なるほど、、、

    実は、これ彼の大きなプロジェクト「Face of Tomorrow」の一環だそうな。
    このプロジェクトですでに世界中の41カ国で同様なことをしている。

    もともとは、ロンドンで電車に乗っていたときこのアイデアがひらめいたそう。

    「そうなんだ。こんなに多くの人種がいるロンドン。将来どんな顔の人たちがあらわれてくるかということを想像したらおもしろくて・・・」

    ご興味のある方は、「Face of Tomorrow」 のプロジェクトはここ
    (*僕もチェックしてみましたが、残念ながらまだ日本版はできてなかったですね)

    世の中、色々なカメラマンがいるものです。

    face-of-tomorrow2













    (実際にシドニーで写真を撮られた人たち)


    ソース:News Co


    面白い記事を発見。

     氷点下の世界から絵葉書を送りたいと願う観光客の要望に応えるため、オーストラリアの郵便局は今月、南極に出張所をオープンした。

     オーストラリアの探検家ダグラス・モーソンは1911年末から14年にかけ探検隊を率いて南極を訪問。その際に数棟の小屋を建てており、現在ではそこを訪れる観光客も多いという。

     南極東部に開設されたこの出張所は、南半球で夏を迎える時期に数週間営業するのみ。投函した郵便物は1つにまとめられた後、夏の終わりにオーストラリア本国に送られ、ほかの郵便物と一緒に郵送される。

     今シーズンは、南極をクルーズ船で訪れた観光客約150人が出張所のサービスを利用したほか、世界の切手収集家からも記念切手の注文が寄せられた。出張所での業務担当者によると、気温が低すぎて消印が付かないなどの問題もあったという。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



    そういえば、地球儀でみてもらうとよくわかると思うのですが、オーストラリアのすぐ下(南)が南極。

    オーストラリアから南極旅行なんていかがでしょうかね?

    シドニーをベースにした、Aurora Expeditionという会社。南極旅行の老舗です。

    出発はオーソドックスな、南米発、ニュージーランド発、そしてもちろんオーストラリア発もあり。

    僕も、一度ある日本の番組で、この会社にお願いし、南極ロケをやったことがありました。残念ながら南米発だったので僕自身は行けなかったのですが、後でスタッフに聞いてみると、とにかくその大自然はすばらしかったとのこと。

    ただ、行き帰りの船上はスタッフ全員ゲボゲボだったそうな(笑)

    そうそう、他にもオーストラリアが夏の期間限定で、カンタス航空で、日帰りで(!)南極旅行が楽しめる遊覧ツアーがあったはず。まだ、あるのかな?


    南極



    このページのトップヘ