オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: びっくりネタ


    ううんん、何とも言えないニュースが飛び込んできました。
    あのウルルに、なんとゴルフ場を作る計画が、、、

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Golf course proposed for Uluru

    uluru


    ウルルは、オーストラリアでもオペラハウス、グレートバリアーリーフと並び、代表的な観光地。
    そんなウルルに隣接するのが、エアーズロックリゾート。観光客のための多くのホテル、レストランがある。
    そしてここを管理、運営するのが Voyage。
    今回の提案はここからなされた。

    ウルルの現在、旅行者は多いが、とにかく滞在日数が短い(大半は1泊2日)。
    確かに、一般的な旅行者は、ここにきても、ウルルとカタジュタを観れば充分。
    それ以上はいてもやることがないということだ。
    しかも最近また再燃しつつある、「ウルルへの登頂禁止か?」という論議.
    遠くない将来、この可能性は強い。
    そうなるとさらに観光客の足が遠のくかも。

    そんな中で、少しでも滞在日数を伸ばしてもらいたいということで、この案が浮上。
    しかも、これにより現地での特にアボリジニー(先住民)の雇用が増えるというメリットがある。
    (今現在このリゾートでのアボリジニーの雇用は約170名。2018年までに350名までもっていきたいとのこと)

    しかし、砂漠はもともと水不足。ここにゴルフ場を作るとなると、その環境への負荷も懸念される。


    プロジェクト自体は、ウルルから10キロほど離れたところ。
    約28ヘクタールに18ホールのゴルフ場を作る。
    この建設総予算は$15−$20ミリオン(約15億円か?)。

    なお、ここ自体は現地アボリジニーの聖地の外ということですが。

    (Source:SMH)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    個人的にはゴルフは大好きですが、ここウルルでゴルフというのがどうにも想像できません。
    たとえすばらしいゴルフ場ができあっとしても、この暑さと、ハエ地獄(いつもではありませんが)を想像すると、どうなんだろう。

    そして砂漠地域ではただでさえ貴重な水。
    これをゴルフ場のメンテナンスのために、相当使わないといけない、、
    そこまでして作る意味がどこまであるのか、、
    かなり疑問ではあります。

    まあ、できたらできたで大きな話題になることは間違いないでしょうが。

    オーストラリアと言えばカンガルー(?)と言えるくらい、ポピュラーな動物。
    一説には人口の10倍、いやもっといるんだとか。

    しかし、彼ら夜行性のために、普段我々が遭遇することは動物園以外めったにない。
    田舎の夜間のドライブ中に、時々巡り会うぐらいか。
    しかし、その時は逆に、とても危ないですけど、、、。

    さてこの写真↓

    KANGAROO FILMED DODGING TRAFFIC

    kangaroo



    数日前の、アデレード郊外の話。

    通勤途中の地元ジェイムス君(James Williams)。
    何かが車の前で当たった。

    「サイクリストかあるいは人間か?」
    彼、顔が青ざめた。

    次の瞬間、それがカンガルーとわかる。
    「えっ」
    すぐに携帯電話で、ビデオを撮る。

    それがこれです(ここから観れます)!

    なにせ朝の車が多い時間。
    危ない危ない。
    警察にもすぐ届けたそう。

    彼にとって一つ、良かったこと。

    「僕時々、会社に遅れるんだけど、その理由を言っても、いつもボスは信じてくれない。
    しかし、今日は証拠ビデオも撮ったから、遅れちゃったけど、これでボスも納得してくれた」

    また、
    「このビデオ、是非アメリカにいる友人に観てほしいんだ。いつも言っているオーストラリアのこと、これで一目瞭然だからね」

    しかし、面白いけど危ない!

    しかし、しかし、とっても貴重な映像であることは間違いなし。


    (Source: Yahoo news)

    皆様、お久しぶりです。
    しばし、ニュースを発信できず大変失礼いたしました。
    たまたまオリンピックの時期と重なり、別な長期取材をしており、このためオリンピック観戦もほとんどできず。

    しかし、日本もサッカーから始まり盛り上がりましたね。
    オーストラリアも水泳が今一でどうなるかと思いましたが、終わってみれば、なかなか。
    金メダルの総数は日豪とも同数の7。
    結果日本が11位、オーストラリアが10位。

    似たような成績でしたが、やはり人口を考えると(オーストラリア約2000万人、日本約1億2千万人)オーストラリアは「超スポーツ大陸」と言えるのでしょうね。

    それはともかく、こちらでちょっと話題になっているこぼれ話。
    あの「世界最速」のボルト選手。

    bolt


    先日は、「サッカーに転身してもいいなあ、、、」となんとも楽しいコメントをしていたのですが、今度はオーストラリアのチャンネル9のインタビューで、、

    Bolt to consider Twenty20 cricket in Aust


    「オーストラリアはクリケットが盛んだよね」
    「この夏のTwenty20 crickeに出場するかもしれないよ!」

    オーストラリアのクリケット界の重鎮シェーン・ウオーン(Shane Warne)は親友だとか。

    shane

    (Shane warne,Herald Sunより借用)

    「この前彼から連絡があって、もし僕が本気なら、事務局の方に口添えしてみるよ」
    と言ってくれたとか。

    ボルトさん、かなりまじめらしい。

    「クリケットは小さい頃からやっていて大好き。まあ今の実力はわからないけど、真剣に練習すればまあまあのところまで行くんじゃないかな」
    「この競技に参加をすることは、考えただけでとっても楽しいことだよ」

    なぜか(?)、かなり前向きなことを言っています。
    ボルト節炸裂か???
    実現しちゃうと本当に面白いんだけど、、まあ、、どうなんでしょう、、

    さてインタビューの最後には、ドーピング疑惑があるとかで、カール・ルイスがコメントしたことに触れ、尊敬している先輩だけに、大変残念だったと、付け加えています。

    (Source: Yahoo7 sports)

    オーストラリアの内陸の小さな街、ブロークン・ヒル(BROKEN HILL)。
    古くは、大ヒットした映画「マッドマックス」のロケ地としても有名なところ。

    ここにいきなり緑の森が出現?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Lego forest flourishes in Broken Hill, outback New South Wales

    outback-lego2

    outback-lego1


    実はこれ、すべて「レゴ」で作られたもの。
    レゴがオーストラリアに上陸して今年が50年、それを記念して考えられたイベント!

    すべての家庭(お子さんたち)にとって、レゴは今や欠かせないもの。
    平均して一家庭に70個ほどあるそうで。
    昨年だけでも、オーストラリアで700万セットを売り上げているらしい。
    これって、まっすぐに伸ばすとどうやら地球10周分だとか、凄いですね。

    実は今年の4月にシドニーのど真ん中、マーチンプレースで同種のイベントが行われたそうですが、
    「赤茶けた砂漠」に持ち出してやるのは全くの初めてだとか。

    高さなんと4メートルの木が15本、花も同15セット。

    なかなか、赤と、緑が鮮やかにマッチングしていると思いませんか?

    7月2日から12日まで飾られている。
    ブロークンヒルの市長さんも大喜びで、ぜひこの機会に観光客の方にもたくさんきてほしいそうです。

    outback-lego3


    20


    (Source: The Telegraph)

    私事ですが、5月に日本で買ってきたMACのパソコンが、わずか1ヶ月で故障。
    早速アップルセンターに行ってみたのですが、重症なのか、その場では解決できず、4-5日かかるとのこと。
    古いウインドウズを使って最低限の作業(仕事)をしているのですが、これが遅い、、、
    コンピューターが壊れただけで、何もかもがスタックしてしまう、、、
    それで悩む我々は、これ現代病ですかね。

    さて、またまたオーストラリアの話題ではないのですが、なんとも痛快な記事がありました。
    相当有名な方のようなので、ご存知の人も多いかもしれませんね。

    下記、News.comより。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    IT'S a bird, it's a plane, it's a... jetman!
    (鳥か?飛行機か?いやジェットマンだ!)


    命知らずのスイス人、ジェットマンことYves Rossyさん、現在53歳。
    もともとは空軍に所属していた、バリバリのパイロット。
    現在でもスタントマンをしながら、現役の民間パイロットとして働いている。

    さて、まずは写真を見ていただきたい。

    jetman1


    (こちらから動画もみられます。また過去の飛行風景もYouTubeで探せばいくつか観られます、興味のある方はどうぞ)

    背中にウイングを装着して、本当に大空を飛んでいます。まるで映画のワンシーンのように。
    (ちなみに、ウイングは約2メートル、総重量55キロだそう)

    過去にはこのような装着で、スイスアルプス、ドーバー海峡、アメリカのグランドキャニオンを飛んだそうですが、今回民間の飛行機と一緒に(?)飛ぶのは初めてだったそう。
    しかし、飛行機のお客さんは窓から彼を見てぶったまげたことでしょう。

    場所はスイスの上空。
    ヘリで6000フィートまで上昇し、そこから落下。
    そして時速200キロの高速で飛ぶこと約7分、燃料切れになると落下傘でで無事降下。

    しかしお騒がせというより、まあ、痛快なはなしですね。
    こんな人がいるんだ、世の中広い!

    jetman2


    jetman3


    (source:News com)


    このページのトップヘ