オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: びっくりネタ

    世の中色々なアーティストさんがいるものですね。

    こんなアートが。
    これすべて、文房具で作ったもの。
    総製作時間(?)190時間。
    使用材料:
    スティキーノート(メモ用紙)x344、ホッチキスの箱x84、ブルドッグクリップ(でかいやつ)x361、ペーパークリップx169、輪ゴムx107、カラー鉛筆x132

    ソース:Daily telegraph


    sydney-harbour-made-from-stationary 2


    sydney-harbour-made-from-stationary 


    sydney-harbour-made-from-stationary







    やってくれましたね、イアンソープ。まだ28歳ですからねえ。
    しかし、さすがに話題の人物。
    すぐ、「時事」が配信していました。下記がその記事。
    しかし、おめでたい話ではありますが、こちらの水泳界の大御所マレー・ローズ(1956年のメルボルンオリンピック時、17歳で金メダル3個を取った)なんかはその復帰にはかなり疑問を呈している。また、本日の世論調査の経過も、3割程度しか、ソープの復帰に期待していないようだ。現実は厳しそうですね。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    【シドニー時事】五輪の競泳男子で5個の金メダルを獲得したイアン・ソープ氏(28)=オーストラリア=は2日、当地で記者会見し、「ロンドン五輪出場を目指して現役復帰する」と発表した。来年3月の同国の五輪代表選考会に臨む予定。
    ソープ氏は現役復帰を決意した理由について、昨年9月にロンドン五輪の会場を訪れた際、「トップレベルで戦いたいと思った」と説明した。これまでの3カ月かけて練習を重ね、結論を出したという。五輪には100メートル、200メートル自由形での出場を目指す。
    ソープ氏は2000年のシドニー、04年のアテネ両五輪で金メダル5個を獲得。故障などを理由に06年に現役を引退したが、再三にわたり復帰説が持ち上がっていた。

    イアンソープ



    このページのトップヘ