オーストラリアはシドニーから、日々のニュースや情報をかなりの独断でお送りしています。 一般的なオーストラリア情報は、サイト右側の「オーストラリア情報サイト」リストからかなり拾えます.ご参考にどうぞ。 また「旬」の情報を早くお伝えすることを優先と考えていますので、翻訳やら細かなミスはどうぞおおめにみていただければ、これ幸いです。オーストラリア同様、ゆるーい、サイトです。 ご意見、ご批判大歓迎。actusaustralia@gmail.com

    カテゴリ: びっくりネタ


    オーストラリアで人気の動物はカンガルー、コアラだけじゃない。
    ウオンバットもその一つ。
    独特の愛嬌があり、コアラ以上に好きな人も少なくない。
    (実は僕もその一人、、)

    まずはとにかくこの写真をご覧ください。

    wombat1



    いかがですか?
    この子、名前はパトリック、体重38キロ
    そしてつい数日前に、29歳になったというのだ。
    この年齢、そしてこの体重、どうも世界一のようです。

    パトリック君、もともと親が交通事故でなくなり、孤児になり人に育てられた。
    現在は、ビクトリア州の Ballarat Wildlife Parkにいるんだとか。

    ちょっと前までは、入り口で、一般の入場者にあいさつをするような形で愛嬌を振りまいていた人気者だったようですが、現在では一線をしりぞき?(歳のせいか?)、悠々自適のリタイアー生活だとか、、。

    実はこのパトリック君、今年の誕生日に、たまたまTourism Australia(オーストラリア政府観光局)がそのFacebookでお祝いしたところ、あっという間に大人気に。↓

    wombat2


    何と24時間以内に258,000の「いいね」マークを獲得。
    そして、次々に反響。30,000のシェアーと8000のコメントが!!!

    何ともスゴいですね。

    しかし、個人的な疑問。
    ウオンバットの平均寿命はどのくらいなんでしょうかね?
    コアラは、確か野生が10歳ぐらい、動物園で育てられたコアラは15歳ぐらいと聞いたことがあります(はっきりはしませんが)
    何れにしても29歳というのはスゴいんでしょうね!
    パトリック君万歳。



    (情報源: News.comより)




    メルボルン在住のおばあちゃんSharonさんは、約2メートルのパイソン(ニシキヘビ)をペットとして飼っている。ちなみにこの蛇は愛称Scoot君だとか。

    Vic grandmother attacked by python 'seconds from death'

    snake1


    ある日のこと。
    Sharonさん、お子さんとランドラインで電話をしていた。
    そこにいつものようにこのScoot君がいきなり抱きついてきた。
    しかしこの日は普段と少々違う。
    彼女のクビに巻き付いてきたのだ。
    しかもその力も凄まじく、まさに羽交い締め状態。

    これにはSharonさんも、びっくり。
    クビがどんどんしめられていく。
    たまらず、電話の向こうの娘さんに
    「Help me ! Help me!」

    娘さんもびっくり、しかし家までは遠い。

    Sharonさん、ついに最後は渾身の力で、なんとか自力で切り抜けた。

    snake2


    そして即、救急病院へ。

    お医者さんいわく、
    「あと数秒遅かったら死んでいたろう」
    約90秒も格闘していたようだ。。


    さて後日、彼女、もう懲りただろうか??

    どうも、彼女いわく
    「Scootは悪気はなかった。たまたまいつも通り、ちょっと力が入りすぎただけ。」
    「もちろん今後とも続けて一緒に住むわよ」
    ・・とのことでした。

    snake3


    個人的に蛇は世の中で一番嫌いなので、信じられないニュースでした!

    (Yahoo7より、写真もお借りしました。なおこのサイトでニュース映像も見られます)


    とんでもないニュースが、、、。
    しかしホントでしょうか?
    まあ、ホントなんでしょうが、しかし、凄まじい生命力ですね。
    脱帽!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【海外:オーストラリア】砂漠地帯で遭難した旅行者、ハエを食べて10日間生き延びる

    オーストラリアの砂漠地帯でドイツ人旅行者が、洪水により遭難してしまい、10日間ハエを食べて生き延びた

    outback

    (画像:Mirror)

    ダニエル・ドゥジィスズさん(26)が、先週木曜日に、クイーンズランド州ウィンドラ近くを通りかかった車により発見され、救出されたと、オーストラリア警察が発表した。

    ダニエルさんはインスリン投与が必要な糖尿病を患っており、2月17日にウィンドラの町を出て、約77㎞北にあるジャンダーの町へ歩いて向かったのを最後に、消息が分からなくなっていた。
    ウィンドラからジェンダーへの道のりは、険しいことでよく知られている。

    警察によると、ダニエルさんは洪水より道路が分からなくなり、10日間遭難してしまった。この間、ハエを始めとする昆虫を食べて生き延びていた。

    救出されたダニエルさんはウィンドラへと戻ったが、特に体に不調はないようで、病院で検査や手当を受けることは拒否し、トレッキングを続行している。

    去年からは国連でも昆虫料理が推奨されるなど、昆虫料理ブームの昨今だからか、ハエを食べることには、意外と抵抗がなかったのかもしれない。

    ハエをどうやって捕まえて調理したのか気になるところだが、緊急事態にも動じずに順応できるとは、正に真のサバイバーだ。

    【記事:りょーこ】
    参照元:Mirror

    友人がシドニーの郊外(約300キロ)に取材に行った帰り道、こんな車に遭遇したと。
    あまりにもでかいタイアを積んでいたので、つい吹き出してしまい、、ご紹介(?)

    写真は1点しか取れなかったそうですが、このサイズのタイアが3本(?)乗っかかっていたそう。
    しかし何に使うんでしょう?

    イメージ



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    さて、これとは全く関係ないのですが、オージーはけっこうでかいものが好きですね。
    この写真を見ていて思い出してしまいました。
    そういえば過去にもこんなものをいくつかご紹介しました。
    ところかわれば、、。。。でしょうかね。

    で3
    で4
    で5
    で6
    で7
    で1
    で8
    で2

    このページのトップヘ