働きながら旅を楽しめる!

そんな趣旨でスタートしたワーキングホリデー制度。
昨年(2014年)、オーストラリアへは1万人以上の若者がこの制度で来たとか。

しかし僕の記憶だと、少々前までは例えば韓国と比較しても、日本からは2倍以上来ていたはず。
それが現在は下記のように韓国からは2万6千人と!

日本からも微増はしているようですが、果たして・・・

日本の若者に元気がないのか、
オーストラリアの魅力が乏しいのか(物価高など?)
はたまた別な理由があるのか???

下記、ワーホリニュースより:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2014年度は1万人超え、オーストラリアのワーキングホリデー

オーストラリア政府の発表によりますと、2013/2014年度(2013年7月から2014年6月の1年間)の日本人へのワーキングホリデービザの発給数が10,579人となり、1万人を超えたことが明らかになりました。内訳はワーキングホリデービザが8,539人、特定の条件を満たした後に許可される2回目のワーキングホリデー(セカンドワーキングホリデー)ビザが2,040人。

なお、ワーキングホリデー制度でオーストラリアを訪れる訪問者はイギリス人が最も多く45,208人、2位は台湾で29,366人、3位は韓国で26,893人となっておりドイツ、フランス、イタリアと続き、日本は9位になっています。

オーストラリアのワーキングホリデーについては2010/2011年度の7,746人を底に近年は増加傾向が続いていますが、日本政府の積極的な留学事業支援もあり、今後もしばらく増加傾向が続くことが期待されます。

(ワーホリニュースからのご紹介)