まさにすごいの一言、、
しかし灼熱のナラバー平原横断などは本当に大変だったんだろうと、
想像します。

以下、TBSシドニー通信員、飯島氏のリポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




オーストラリア大陸を走って横断することに挑戦していた日本人男性が10日、ゴールのシドニーに到着しました。
日本からの支援者や現地在住の日本人らに迎えられてゴールしたのは、冒険家の高繁勝彦さん(53)です。
高繁さんは去年9月、オーストラリア大陸西部のパースを出発。水や食料などを積んだ三輪車を押しながら、途中1200キロ続く砂漠地帯を通過するなど、5000キロ以上の距離をおよそ5か月間かけて走りました。
「まず食べ物が手に入らない。途中でおなかが減って泣きそうになった経験がありました」(高繁勝彦さん)
「(高繁さんとは)途中で出会ったわ。彼は本当にすごいわ。とても真似できないわね」(自転車旅行中のドイツ人観光客)
 高繁さんは、すでにアメリカ大陸横断も達成。大陸を走破することで東日本大震災の被災地への義援金を集める支援も行っています。最終目標は、世界5大陸4万キロを走り抜くことだということです。

(TBSサイトより)